FC2ブログ

アムステルダム ~ アーネム ~ ユトレヒト

2011/6/27 月
甘かった。アムスで腰を据えて自転車を探そうと思っていたのだが、完全に甘かった。
宿代が高過ぎるってのもさることながら、アムスの中心部には自転車屋ってものがほとんどなかった。
宿の人とか商店の人なんかに聞きまくったが、ほとんど自転車屋がない。場所を聞いて行ってみた自転車屋はどこもあまりに小さく、どこも閉まっていた(月曜定休のところが多いらしい・・・)。
市場には中古自転車を扱う店もあるのだが、そこにも目ぼしい品はなし。
はい、アムス終了!

アムスでは中国人がやたらと目についた。定住している人も多いし、団体の観光客もたくさんいる。駅近くの一等地に中華街と言っていいほどのエリアもある。
住むのに高そうなこんなところで商売してるって・・・スゲーな、中国人は。

10:00過ぎの電車でアーネムに移動。ユトレヒト経由でアムスから1時間ほど(15.2E)。
電車は混んでいて、ユトレヒトを過ぎるまで座れなかった。今日も晴れて暑い!

アーネムは映画「遠すぎた橋」の舞台となった町。そんなこともあるけど、ここへ来たのはひとえに自転車屋を求めて。大きな町はかえってダメだろ、ってのをアムスで悟ってちょっと小さめの町に来てみたわけだ。
駅が工事中だったため右往左往して線路の反対側へ。まずはインフォメーションで情報をもらう。安宿と言えばYHが一軒、それもアムスで泊まったのと同じStayOkay(大手のYHグループでオランダ中に何軒かある)。しかも駅から歩いては行けないほど遠い。
そもそも自転車屋がないのなら滞在する意味もないので、ひとまず自転車屋の場所を聞き、ザックを背負ったまま行ってみた。
途中ショッピングエリアを通るのだが、そこには1軒の自転車屋もなかった。教えてくれた自転車屋はショッピングエリアを抜けた先にあるのだが、インフォメーションの人が言っていた通り月曜は定休日だった。
外からのぞいてみたが、この店も小さく目ぼしい自転車がありそうにない。
はぁ・・・いったい何やってんだろ・・・。
何もしてないのに宿泊費と移動費だけでお金が飛んでいく・・・。
次はどうする・・・マユミと相談してユトレヒトへ戻ることに。ここならもしダメであってもドイツに抜けることができるし、デルフトに戻ることもできる。ユトレヒトがダメならドイツに抜けちゃうか、さもなくばデルフトに戻ってこの前見た自転車屋でちょっと高くても買っちゃうか。とにかく移動と宿泊をしているだけでどんどんお金が嵩んでいくから、早いところ見通しを立てないと・・・。

アーネムからユトレヒトまで30分ちょっと(9.9E)。
げっそりと疲れた目にも車窓から見るオランダの風景は美しかった。緑の中に縦横無尽に走る水路、水路、水路・・・。これだけ水の流れている国(実際には流れはないけど)ってのも他にないだろうな。

ユトレヒトはオランダ第4の都市。そこが引っ掛かった。第4って言うと、日本だと福岡あたりになるのだろうか・・・。
先ほどアーネムに行くときもチラッと見たけど、駅前にはビルが建っている。駅はショッピング・モールのようなものに接続していて、重荷を背負って駅から出るのも一苦労だ。
またまたダメかも・・・ダメでも時間は既に16:00過ぎ、どちらにしても今日はユトレヒトに泊まろう。そう話しながらどうにかこうにかインフォメーションに辿り着く。
早速安宿について尋ねると、近くに2軒あった。そのうちの一軒に電話してもらうと、ラッキーなことに泊まれる。しかも一人一泊16E(もちろんドミ)。安い!
人間の感覚というのは単純だ。ヨーロッパに来て1週間ほど。既にドミの一泊16Eを安いと感じている。この前までカンクンの一泊100N$(700円ほど)を高い!高い!と言ってたのが嘘みたいだ。
いずれにしてもアムスの半額で泊まれる。これはデカイ。

場所を教わって行ってみた宿は自分らにとって5☆だった。もちろん豪華なわけではなく居心地が5☆。ドミなのに5☆。ドミの中ではこれまでで一番かも。
テーブルのある広い共用スペース(と言うか自由に使えるカフェ)、感じのいい中庭、キッチンは使えるし(午前中は除く)、トイレとシャワーも十分な数があるし、近所にはスーパーもある。何より宿の人が皆親切だし、(これがけっこう重要なのだが)うるさい客がいない。大騒ぎをしたり大声で話をするような人がまったくいない。何と言うか大人の客(年齢ではなく)しかいない感じ。とにかく奇跡的に居心地のいい宿だ。キッチンが昼からしか使えないのだけがちょっと残念。
宿の名はStrowis。

近くの自転車屋を教えてもらって早速行ってみた。
レンタルもやっている店で(オランダはレンタルバイクも多い)売り物はそんなになかったけど、「最悪これでもいいか」ってやつは見つかった。アルミのクロスバイクで520E。
店の人の感じもいいし、キャリアとかフェンダーを着けりゃこれでもなんとかなるだろ。
ユトレヒト・・・期待大。
駅に降り立ったときはどうなることかと思ったけど、駅からちょっと離れたら落ち着きのある素敵な町だった。
宿代は安いし連泊もできそうだし、自炊もできるし、ユトレヒトに腰を据えて自転車を探すことにしよう。

27jun2011 落ち着きのあるユトレヒトの町並み 27jun2011 ドーム教会の塔
落ち着きのあるユトレヒトの町並み           ドーム教会の塔

27jun2011 自転車道を疾走する人たち 27jun2011 和風フランってのはどんなんだ?
自転車道を疾走する人たち               和風フランってのはどんなんだ?

27jun2011 ヨーロッパではけっこうポピュラーなウサギの肉・・・背を伸ばすと驚くほど胴が長い
ヨーロッパではけっこうポピュラーなウサギの肉・・・背を伸ばすと驚くほど胴が長い
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment