FC2ブログ

ルクセンブルク

2011/6/21 火
今日も雨交じりのどんより曇った天気。
毎年こんな感じなのか、今年がおかしいだけなのか。ヨーロッパの人たちが日光浴大好きなのも理解できなくもない。こりゃ太陽が恋しくなるわなぁ・・・。

ビュッフェ式の朝食は素晴らしかった。
パンもチーズもヨーグルトもコーヒーも何もかもが美味しい。バターやジャムに至るまで何もかもが・・・。特にパンは別物だね。中南米で食べてたパンはいったいなんだったのか???

同室の二人を見送った後、10:00のチェックアウト時間ギリギリにYHを後にする。
YHからちょっと歩いた運河沿いのところに自転車屋があるのを昨日見つけた。駅までの道すがら、途中でちょっとのぞいてみた。
さすがベルギーの自転車屋(キレイで大きな専門店だった)。ヨーロッパ有力ブランドの最新モデルがズラリと並んでいる。エディ・メルクス、ルック、ピナレロ、カレラ、etc・・・。
驚いたのはその価格。安い!ハッキリ言ってこりゃ安い!日本の半額以下ではなかろうか。まぁ日本は輸送費がかかるからなぁ・・・。
こんなのがこんな値段で買えるの?と唸ることしきり。(断っておくが、それでも知らない人から見たら高価だろう)
日本並み、物によっては日本以上に物価の高いベルギーで、はじめて物が安いと思った。
ベルギーやオランダは自転車先進国ヨーロッパの中でも冠たる自転車王国。有力な選手を何人も輩出している。
そんなお国柄だから自転車を見つけるのは容易だろうと思っていた。が、物価の高い国だから、同時にそこで買うのも非現実的だろうと思っていた。でも蓋を開けたら考えていたほど高くはなかった。
ベルギーでこれだから、他の国へ行けばもっと安く買えるに違いない。急に自転車の旅に希望がわいてきた。

ナミュールからルクセンブルクまでは電車で2時間。運賃が31.2E。ブリュッセル~ナミュールに比べてずいぶん高いのは国境を越えるからか?
宿といい、電車といい、早く自転車を見つけないと大変なことになる・・・。
隣のボックス席に中年の中国人夫婦がいた。いや、正確には最初席がなくてその二人の対面に座ったのだが、あまりにうるさくて横のボックス席が空いたときに席を移った。
おそらく現地に住んでる中国人だと思うのだが、郷に入ってもやっぱうるせぇなぁ・・・。その吐き捨てるような口調、隣に座ってる二人だけで話してるのに、なんでそんなデカイ声で話す必要があるんだ???
他に車内にはそんな馬鹿デカイ声で話をしている人は誰もいない。似たような顔をした者として恥ずかしいったらありゃしない。

ルクセンブルク駅に着くと、駅前が大変な騒ぎになっていた。道路も車両通行止めになっていて、とにかくすごい騒ぎ。
途中から同じ電車に赤や緑の軍団が大勢乗り込んできて何かと思っていたのだが、そういうことだったのか。ここに集結するために来たらしい。
何事なのかと宿の人に聞いたら、何かの政策に関する集会なのだとか。なんでもヨーロッパ中から人が集まっているらしい。
後で古そうな石造りの大きな建物の残るエリアに行ってみたら、さらにすごいことになっていた。
赤や緑のシャツやジャケット、帽子に身を包んだ人たちが、音楽やラッパを鳴らしながら旗を掲げ、道幅いっぱいに広がって行進していた。広い道路はもちろん車両通行止め。
いったい何人いるのか?何を訴えているのかまったくわからなかったが、そんな人たちを眺めながら流れに逆らって歩き続けた。

国立銀行周辺の石造りの巨大な建物群は荘厳だった。遠目に見るとまるでカリオストロの城。
ルクセンブルクも他のミニ国家同様、いかにも裕福そうに見えた。何故にそこまで金持ちなのかはわからない。
税金が安いのか?その恩恵にあずかるためか?ルクセンブルクには中国人が多い。中華品のスーパーや中華料理のレストランもいくつもある。ベルギーでまったく見かけなかったのとは対照的だ。

ルクセンブルクの正式名称はルクセンブルク大公国。ベルギー同様王室を持つ立憲君主国だ。
人口は48万人ばかり。
公用語はルクセンブルク語、ドイツ語、フランス語。首都のルクセンブルクでは多くの人がフランス語を話しているように思える。

そうそう、泊まった宿はホテル・デ・レイミス。W一泊45E。トイレ、シャワー共同。
昨日のYHのこともあり、45Eと聞いて意外と安いと即決してしまった。早くも金銭感覚が麻痺し始めている・・・。
でも、他のホテルは聞いてないけど、おそらく見た目からして付近ではここが一番安いと思われる。それでもこのクオリティ・・・自分らにはちょっともったいないくらいだが、ヨーロッパにはこれより質の低いホテルはほとんど存在しない。

21jun2011 赤い軍団 21jun2011 緑の軍団
赤い軍団や・・・                      緑の軍団に通りが埋め尽くされる

21jun2011 広い通りが歩行者天国に
広い道路は歩行者天国に・・・
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment