FC2ブログ

サンクリストバル・デ・ラスカサス ~ シェラ

2011/6/3 金
今日は意地でもシェラへ発つ。4時間ほど眠り、気合で7:00過ぎに起きた。
サイトー君とミハルさんに見送られ、同じくシェラへ南下するユースケ君、スーちゃんと連れ立って8:00にカサ・カサを後にした。

サンクリストバル・デ・ラスカサス ~ コミタン:コレクティーボ 1時間半、40N$
コレクティーボ乗り場まで歩き、コミタン行きの車に乗る。車も道路もキレイで快適な移動。
車はコミタンの事務所に着き、そのままクアウテモック行きのコレクティーボに乗り継げる。

コミタン ~ シウダ・クアウテモック:コレクティーボ 1時間20分、35N$
やはり車も道路もキレイで快適な移動。
シウダ・クアウテモックはメキシコ側の国境の町。久々に暑くて倒れそう。クアウテモックの標高は800mほどしかない。
グアテマラから再びメキシコに戻ってくる場合、メキシコのツーリスト・カードはいくらか手数料を払って手元に残しておけるという話も聞くのだが、今回は無条件に回収されてしまった。
お願いをしてみたものの、再入国する際に新しいカードを取得しろってことでつけ入る隙なし。国境によるのか係官によるのか、このシステムについては実際のところよくわからない。

シウダ・クアウテモック ~ ラ・メシヤ:乗り合いタクシー 10分、一人10N$
メキシコのイミグレとグアテマラのイミグレはちょっと離れたところにある。
イミグレの外に待機していた乗り合いタクシーでラ・メシヤに移動。

ラ・メシヤ ~ ウエウエテナンゴ:ローカルバス 2時間、20Q(ケツァール)
ラ・メシヤのイミグレでグアテマラの入国手続き。賄賂を取られると当たり前のように言われているが、対応してくれた二人の係官はどう見ても賄賂を要求してきそうな人には見えない。で、その印象通りそんな素振りは微塵もなく、スタンプを押すとあっさりパスポートを返してくれた。
イミグレの外にいた両替屋と必要分だけケツァールに両替え。当然レートはよくないが、ケツァールの手持ちが足りないので致し方なし。
メキシコ・ペソよりUSドルのレートの方がマシだったので、$20だけ両替え。レートは$1=7Q。

グアテマラに入るとガラリと雰囲気が変わった。久々の雑然とした雰囲気がたまらない。やっぱこうでなくちゃ・・・メキシコはどこも整然としすぎていた。
イミグレからバス乗り場までもちょっと距離がある。歩けない距離じゃないけど、自分ら二人だけじゃないのでリクシャーを拾う。一人2Q。
イミグレの外に待機しているリクシャーは5Qとか言ってくるから、ちょっと歩いて客を乗せてきたリクシャーを拾うなりした方がよい。僅か30円でもケチりたくなるのが貧乏旅行者の性だ。

バス乗り場に着くとウエウエテナンゴ行きのチキンバスが客引きしており、そのまま乗り込む(20Q)。
グアテマラのローカルバスはチキンバスと呼ばれる。他の中米諸国と変わらないボンネットバスなのだけれど、グアテマラではそう呼ばれる。鶏を持ったおばちゃんが乗り込んでくるのが由来だとか・・・。
乗り込むとすぐにバスは出発。
町中のこの雑踏、活気、エネルギー・・・メキシコが妙に整然としていただけに、なんだか知らないが意味もなくうれしくなったりする。
国境付近の緑に覆われた山々はかなり急峻な山容をしている。かつてマヤ文明の栄えたグアテマラは山深い国だ。
山間のワインディングロードをバスはかっ飛ぶ。かなりのスピードでかっ飛ぶ。道路はキレイなのだけれど、その分横転しそうでちょっと怖いときがある。

ウエウエテナンゴ ~ シェラ:ローカルバス 2時間弱、20Q
ウエウエテナンゴに入る手前のパンナムとの分岐のところでシェラ行きのバスに乗り継ぐ。分岐のところにシェラ行きのバスが止まっていて、バスの運ちゃんがそこに横付けしてくれた。
途中から乗り込んできた乗客の中に金を持ってない人がいて、乗務員につまみ出されそうになっていた。金のない見てくれでもなかったのだけれど、何故にバス賃すら持ってなかったのか???
結局その人のアミーゴと思しき人が間に入ってその人の分を立て替え、その人はバスに乗り続けることができた。
変わらぬワインディングロードを2時間弱ほど走るとシェラに到着。途中、雨が降ったりやんだり。シェラのメルカドも雨上がりといった様相だった。
歩いてメルカドを突っ切り、タカ・ハウスの近くまでさらにコレクティーボに乗った(1.25Q)。

シェラの日本人宿、タカ・ハウスにチェックイン。
オーナーのタカさんは噂にたがわぬいい人だった。サンクリからシャトルバスでシェラに来ると一泊分無料になるらしいのだが(知らなかった・・・)、チキンバスを乗り継いでやって来た自分らの宿代もいきなり一泊分無料にしてくれた。ちなみに、一泊35Q。
タカ・ハウスで見かける人たちは、ホームステイしながらスペイン語の学校に行っているか行っていた人がほとんど。
話を聞いているととても面白そうで、一度海外でみっちり言葉の勉強をするのもいいもんだな、と思えてくる。残念ながら今回はできないけれど・・・もうじきスペイン語圏ともオサラバだし。
シェラのスペイン語学校は何と言っても安いのが魅力だろう。一週間のホームステイで900Qほどというのが今の相場。機会があれば次回試してみたいもんだ。

今の管理人のユカリさんは、ペルーのクスコで会ってブラジルのジェリコあたりの情報をいろいろくれた人だった。ばったり会ってお互いビックリ。
カンクンで会ったツルちゃんもスペイン語学校に行きつつタカ・ハウスに滞在中。
シェア飯の後、何のだか知らない飲み会にそのまま合流。猛者ぞろいで、あれこれ話をするのがとても面白い。

3jun2011 メシヤのグアテマラ国境 3jun2011 ウエウエテナンゴ行きのバス
ラ・メシヤのグアテマラ国境               ウエウエテナンゴ行きのチキンバス
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment