FC2ブログ

ビジャエルモッサ ~ プエブラ

2011/4/26 火
ちょうど明るくなった6:50にビジャエルモッサに到着。ビジャエルモッサはタバスコ州の州都である。
着いたのは町中のガソリンスタンド・・・で、ここはどこ?3等バスはターミナルに着かないからちょっとわかりにくい。
まずはビジャエルモッサから先の足を当たる。
これからピコ・デ・オリサバに向かう予定。果たして雪山のギアを借りられるようなところがあるのか?かなり期待薄ではあるのだが、ひとまず向かってみることにする。
「ベラクルスまで行ってそこからアプローチした方がいいよ~」と昨日オクヤさん(←前に住んでいたプエブラが大嫌いっぽい)がアドバイスしてくれたのだけれど、あちこち聞きまわった結果、どうやらベラクルスへは1等バスでしかダイレクトに行けないらしい。
そんなわけで、プエブラに目的地変更。

ビジャエルモッサの3等バスのオフィスは、あちこちに散らばっていて非常にわかりにくい。かつ、ここは風がまったくなくて死ぬほど暑い。
日陰に入っても暑いから不快指数が高く、気力をすべて吸い取られる・・・。
さんざん苦労してようやく3等バスのチケットをゲット。トイレ、エアコン付きで300N$。距離を考えるとちょっと割高な気もするが、それでもこれが最安。
後で気付いたのであるが、メキシコ・シティに近いエリアではハイウェイを走るため運賃が割高になるようである。

バスは21:00発なので、オフィスにザックを預けてラベンタ遺跡公園へ。
距離は1kmちょっとなのであるが、あまりに暑くて途中のウォルマートで暫らく涼んでしまった。
ウォルマートもあるし、道路も広くて車がバンバン走っている。相変らず道路は車優先にできているので渡りにくいったらありゃしない。ここも完全にアメリカだ。アメリカのちょっとした郊外の町って感じ。よって道路を歩いていても何の面白味もない。

対照的にラベンタ遺跡公園はとても面白かった。丸一日遊べる。
オルメカ文明の中心地だったラベンタ遺跡から出土した巨石人頭像などが、広い敷地内のトレールに沿って配置されている。そして動物園もある。
あまりの暑さに動物たちもちょっと気の毒なほどグタ~っとしているが、それでも十分楽しめる。
ハナグマはここでも自由で、柵の中にいるのではなく敷地内の森の中を勝手気ままに歩き回っている。
ちなみに入場料の40N$は、ダメ元で学生証を出してみたら一気に10N$になった・・・学生証効き過ぎ。
公園は17:00に閉まる。隣接した池の畔で暫し涼んでからのんびり歩いて帰った。

バスは時間通りと言うか予定の5分前に出発した。シートも壊れてないし昨日のバスよりリクライニングするし、エアコンも付いているのでいたって快適。
バスはメキシコ・シティ行きでプエブラには5:00の到着予定。ソッコー寝に入るが、夜中に二度ほどポリスのパスポート・チェックで起こされた。

26apr2011 ラベンタ遺跡公園のサル 26apr2011 あまりの暑さにこの通り
ラベンタ遺跡公園のサル                あまりの暑さにこの通り・・・

26apr2011 ここのサルも普通に二足歩行していた・・・メキシコ人もビックリ 26apr2011 ハナグマは勝手気ままにやっている
普通に二足歩行する・・・メキシコ人もビックリ    ハナグマは勝手気ままにやっている

26apr2011 かなりマイペースなやつらだ 26apr2011 公園内のトレールに沿ってたくさんの石像がある
かなりマイペースなやつら                公園内のトレールに沿ってたくさんの石像がある
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment