FC2ブログ

カンクン停滞 その3

2011/4/22 金
カンクンにはウォルマートもあるし大きなモールもある。スーパーやコンビニはそれこそ掃いて捨てるほどある。
何から何までたいていのものは簡単に手に入り便利と言えば便利なのであるが、やはりちょっと尋常じゃないよなぁ、この状況は。ホントにこんなに物が必要なのか???
別にカンクンに限った話ではなく、物質文明、大量消費社会の行き着く先はだいたいどこもこんな感じだ。個人的には便利さをありがたがるより先に、その異常さにちょっとした不安感を覚える。
絶対にこんな状態がいつまでも続くはずないよなぁ・・・と言うか続けるべきではないのではなかろうか・・・。
まぁそのうちここにも疑問に思う人が出てくるであろう。出てこないかな???

カンクンはもう完全にアメリカだ。町中の道路も車優先にできているから渡りにくいし・・・。
アメリカ人好みのアメリカ人のためのリゾート地、そんな印象が強い。
もっともオクヤさんの話だと、ここ最近アメリカ人観光客は激減しているらしいけど。アメリカ人のメキシコに対するイメージ(治安など)は相当悪いようである。

そんなカンクンのセントロを、ガス・カートリッジを求めてぶらぶらした。
およそ何でも売ってるカンクンだけれど、どこに行ってもガス・カートリッジは売ってない。ようやく見つけても口の形が違っていたりする。
これまでガス・カートリッジは世界中どの地域に行ってもだいたい手に入った。これが中米以降パタと手に入らなくなった。不思議だ。どうやらこの地域ではまったく需要がないらしい。炭火のバーベキュー台ならどこにでも売ってるんだけどねぇ・・・。

2011/4/23 土
世界屈指のリゾート地、カンクン。
せっかくだから今日は海に行ってきた。
セントロから白砂のビーチの広がるホテル・ゾーンまではバスで40分ほど。運賃は8.5N$。

スゲェーなここは。セントロとはまた別の世界が広がっている。このゾーンだけで完全に一つの町だな、こりゃ。
ビーチ沿いにズラリと並ぶホテルの数と大きさに圧倒される。自分の感覚で言えば尋常じゃない、完全にイッてしまっている異次元の世界が広がっている。
よくわからずボーっと終点までバスに乗っていたらKm25地点まで来てしまった。海沿いをちょっと歩いてみたものの、所謂ビーチが遥か彼方であることに気付いて逆方向のバスでヒルトンの近くまで戻ってきた・・・。

海はさすがにキレイだ。砂粒も比較的粗いから水も澄んでいる。ただし(一年中そうであるかは知らないが)風が強くて波が高い。波が高いというより白く波立っている、ビーチからけっこう離れたところで波が崩壊している、そんな感じ。
確かにキレイだけれど絶叫するほどってことはないのかなぁ・・・これはたぶん海の絶対的なキレイさがどうこういうことではなく、ズラリと並ぶリゾート・ホテルとかそんなことが関係しているのだと思う。もしかしたら単なる貧乏人のやっかみなのかもしれない。
でもまぁやっぱダメなんだなぁ、自分らの感覚では。海に限った話ではなく例えば遺跡なんかもそうなんだけれど、あまりに人工的に整備されていたり人でごった返していたりすると、それだけでげんなりしてしまう。
物事の良し悪しというのは、それを見て受け取る人の感覚次第だから難しい。
これまでも、人にすごく良かったと言われて行ってみたら「???」だったり、逆にあまりよく言われていないところが自分らにはグッときたりすることが多々あった。
当たり前だけど、ガイドブックや人の噂を鵜呑みにするだけじゃグッとくるモノには出会えないということだね。自分の感性を大切にするのがいいのだと思う、もちろん誰しもそうやって旅をしているわけだけれど。
人の価値観なんてものは十人十色。近い価値観の人もいれば、真逆の価値観を持った人だっている。
だから世の中は面白いのかも。

23apr2011 カンクンのビーチ 23apr2011 宣伝の垂れ幕を引いて飛ぶプロペラ機
カンクンのビーチ                     宣伝の垂れ幕を引いて飛ぶプロペラ機

2011/4/24 日
昨日、日焼け止めやサン・オイルを塗らずに長時間ビーチにいたため顔と首の後ろが真っ赤チン。
でも、以前にベトナムのニャチャンで懲りて胸と背中は焼かなかったから一大事にはなっていない。

いよいよ明日は重い腰を上げてカンクンを発つ。
とりあえずの行き先はプエブラ。3等バスだと基本的にビジャエルモッサでバスを乗り継ぐことになる。
念のため今日のうちにビジャエルモッサまでのチケットを買っておいた。3等のエアコンなしで200N$也。

結局キューバから帰って何もせずカンクンに11連泊。こりゃ自分らの中では記録だ。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment