FC2ブログ

レオン

2011/3/16 水
もう一日レオンで刻む。
いったんホンジュラスをかすめてエルサルバドルに入るためだ。

ニカラグアの町もあちこちにバス・ターミナルが散らばっている。
一気にレオンまで行くことはできず、まずはマナグアまで。
マナグアへは通常のバスの他にミニバスでも行くことができ、ミニバス乗り場の方が宿から圧倒的に近い。運賃は大差ないのでミニバスで行くことにする。
乗り場へ行くとタイミングよくマナグア行きが出るところだったので駆け込む。マナグアまで1時間ちょっと、運賃は20Cr。
治安が悪いと噂のマナグア。特にそんな空気は感じなかったけどなぁ・・・中米の中では治安が悪いのだろう、きっと。
ニカラグアの首都で人口は100万を超えるらしいが、これといって特に何もなさそう。何もないというのは、世界遺産がどうとか見どころがどうとかいうことではなく、触手に触れるようなものが何もないという意味だ。
バスの乗り継ぎだけでスルー。

マナグアからレオンも通常のバスでもミニバスでも行ける。
乗ってきたバスがミニバス乗り場に着いたのでそのままミニバスに乗り継ぐ。運ちゃんが親切な人で、他の乗客が降りた後に自分らがレオンまで行くとわかると、レオン行きのミニバスの前まで乗せてってくれた。ま、たいした距離じゃないけど・・・人の親切というのは単純にうれしいものである。
今度のはハイエースのミクロバス。どちらかと言うと乗り合いタクシーに近い。運賃は40Crだからちょっと割高なのかも。
1時間40分ほどでレオンに到着。
グラナダよりはグッと庶民的だけれど、まぁ相変らず何もないなぁ(先ほどと同じ意味で)。
バスの写真を撮っていたら地元のおっちゃんたちに囲まれて、「チノか?ハポンか?」「俺たちも一緒に撮ってくれよ~」ってことになり、暫し撮影会になった。こういう雰囲気ってなんかいいよね。
カテドラルのあるセントロまでだらだら歩いたら意外と距離があった。30分ほどかかっただろうか。
宿はカテドラルの周りに何軒かある。グラナダと違って供給過剰ということはないだろう。ま、観光客もグッと少ないのだけれど。
暑くて宿探しも面倒で、一軒目のオスタル・クリニカに即決。シャワー、トイレ付きのWが一泊$11(242Cr)。またまた米ドルベースで、コルドバで払うとやたらと半端。奇跡的にWiFiが使えた。
宿名のクリニカというのは、オーナーが歯科医をやっているかららしい。
中米に入ってからやたらと歯科医院を目にするような気がする。ニカラグアもどの町に行ってもクリニカだらけ。あと薬局もやたらとある。食堂はまったくないのに・・・。
それだけクリニカの需要があるってことなんだよなぁ。歯科医になるのも意外と簡単なのか???でも絶対行きたくないなぁ、ニカラグアのクリニカ。

レオンの観光も1時間もせずに終了。コロニアルってほどコロニアルでもないけど、もういいわぁ・・・。
保守的なグラナダ、革新的なレオンと言われているようであるが、一見しただけでは違いはまったくわからない。
長く続いた内戦の中で両都市は対立した歴史がある。
レオンはサンディニスタ民族解放戦線の本拠地である(今でも事務所がある)。

はぁ~それにしてもパッとせんなぁ、ニカラグア。想像していた通りと言えばそうなんだけど、飯食うとこもろくにないとは・・・。
今思えばオメテペ島が一番良かったのかなぁ。
ちょっと厳しいよね、ニカラグア。観光資源に乏しく、食べものが旨いわけでもなけりゃ特別人がいいというわけでもない。
今後も観光客がどっと押し寄せるような日は来ないだろうな。
明日でニカラグアとはバイバイだ。でも、エルサルバドルとホンジュラスもおそらく似たような感じだろうな・・・。

16mar2011 レオンのターミナルで陽気なおっちゃんと 16mar2011 中米最大らしいレオンのカテドラル
バスから降りるなりおっちゃんらと撮影会      中米最大らしいレオンのカテドラル
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment