FC2ブログ

バンコク再び その2

2009/12/10 木

今日もタイの祝日。
何となく予想はしてたのだが、のんびりしようと昼前に図書館に行ってみると、やはり休みだった。

仕方なくプラ・スメン砦のベンチで読書しながら半日のんびり過ごした。
プラ・スメン砦も、カオサン近辺では寺以外に唯一静かでのんびりできるお気に入りの場所だ。
近所の人の憩いの場といった感じで、夕暮れ時になるとけっこう人が集まる。

カオサン近辺こそ祝日も関係なくどの店も屋台も営業しているが、少し離れると閉まっている店も多い。
ところで、カオサン近辺は屋台の競争がよほど激しいと見え、たった一ヶ月ぶりなのに、今回来てみると宿の周りの様子がけっこう変わっていた。
いつも朝、晩食べてる屋台がともになくなっていなくてホッとした。

フルーツシェイクやアイスコーヒーを飲みながら木陰のベンチに座り、チャオ・プラヤ川からの心地いい風に当たりながら本を読んだり、川を行き来する船を眺めたり、時々ハトや犬をかまったり・・・贅沢だ。
日向は未だに倒れそうなくらい暑く、毎日フルーツシェイク一杯とアイスコーヒー二杯は必ず飲んでいる。パイナップルシェイクが特にお気に入りだ。

タイは人口にしろ、住んでる人の給料に対する物価にしろ、あらゆる意味でバランスがとれているのだと思う。
野良(かどうか微妙だが)犬がこれほどたくさん飢えることなく人と一緒に生活できているのだから豊かな国だ。
間違いなく住みやすい。
穏やかなこの国の人たちを見ていると、この国に凶悪犯罪などあり得ないのではないかと思えてくる。

18:00近くになるとプラ・スメン砦のちょっとした広場にタイ国歌(おそらく)が流れ、周りの人が急に立ち上がって、聞いたり一緒に歌ったりする。
で、国歌が終わるとテンポのいい曲がスピーカーから大ボリュームで流れ出し、突如としてエアロビクスが始まる。
近くの婦人会か何かが中心になってやっているのだろうか、参加は自由みたいだが踊っているのは全て女性だ。
踊らずにはいられないのか、欧米人のおばちゃんもチラホラ見え、ノリノリで踊っている。
健康的で、見ていて微笑ましい。ちなみに毎日やっている。

今日、空港行きバスのチケットを取った。明日というか明後日の夜中の便でインドに発つ。


プラ・スメン砦の夕日2_サイズ変更
プラ・スメン砦の夕日


18時を過ぎるとエアロビが始まる_サイズ変更
18時を過ぎるとエアロビが始まる


ラマ8世橋をバックにエアロビ_サイズ変更
暗くなってもエアロビは続く・・・ラマ8世橋をバックに


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment