FC2ブログ

オメテペ島

2011/3/13 日
CNNは今日も朝から東日本大震災のニュース一色。
地震の規模もM8.8からM9.0に修正された。
まだまだ予断を許さぬ状況が続いている。一刻も早く収束しますように・・・。

中米最大のニカラグア湖。そのニカラグア湖にある、淡水湖の島としては世界最大であるらしいオメテペ島へ行くことにした。
リバスにほど近いサン・ホルヘから、オメテペ島のヨモガルパへフェリーで渡ることができる。
サン・ホルヘにはバスでは行けず、タクシーかコレクティーボで行くことになる。メルカドのタクシー乗り場付近で拾えるのだが・・・。
タクシーの運ちゃんらは嘘ばかり言うなぁ・・・誰も本当のことを教えてくれん。
「コレクティーボはない」の一点張りなので、タクシー乗り場からちょっと離れたところで道行く人に聞く。
やっぱあるじゃねーか・・・嘘ばっか言いやがってからに・・・。
タクシーもコレクティーボも見た目は同じなので見分けがつかない。ま、運ちゃんの気分次第なのだろうなぁ・・・。
サン・ホルヘまで15分弱。運賃は一人20Cr。

モヨガルパへのフェリーは日に10便くらい運航している。
窓口でチケット(60Cr)を買うと、タイミングよく30分も待たずに次のフェリーが出るという話。
で、そのまま乗り場へ向かおうとすると、またまた集金係が現れた。今度はオメテペ島の入島税らしい。一人10Cr。ニカラグアは何かと金を取られるなぁ・・・。
便数が多いからかフェリーは空いている。
ニカラグア湖は、アマゾン川のような色をしていて水はキレイじゃない。天気はいいのだが、風が強くて湖面が激しく波立っている。
オメテペ島はコンセプシオン火山(1,610m)とマデラス火山(1,394m)という二つの火山から成る島で、ひょっこりひょうたん島のような形をしている。
北側のコンセプシオン火山の方は美しい円錐形で、コスタリカのアレナル火山にそっくり。昨日タクシーから見たとき一瞬我が目を疑ってしまった。
オメテペ島のモヨガルパまで1時間半ほど。
ここも宿が供給過剰気味。果たして宿が満室になるようなことがあるのだろうか?
宿の相場は、トイレ、シャワー共同で一人$6程度。ドミなら$3.5。
探せばもっと安い宿がいくらでもあるだろうが、日本の地震のニュースが気になるので、今回はちょっと高めのWiFiフリーの宿にした。ホテル・ALY、一人一泊$7也。
レストランなどで観光客はそれなりに見かけるのだが、宿はどこもガラガラっぽい。宿が供給過剰なのもあるけど、日帰りで訪れる人も多いみたい。
観光地であるからして物価は高め。ニカラグアに入ったら物価がガーンと下がると思ってたんだけど、今のところそれほど物価が安いという実感はないなぁ・・・。
明日バイクを借りて島の中を回ることにし、今日は何もせずのんびり。

13mar2011 モヨガルパのカテドラル
モヨガルパのカテドラル

オメテペ島一周ツーリング
2011/3/14 月
昨日のぞいた宿近くの店でバイクをレンタルし、ニケツで島を一周してきた。
今回の足は125ccのオフ車、おそらく中国製のJIALING JH125L。
レンタル料は、一日というか8:00-18:00のレンタルで$20。スクーター(150ccだったけど)よりレンタル料が安くて願ったりかなったりだ。
と言うより、今日回ってきたところはスクーターじゃ無理だ・・・ほとんどがダートで場所によってかなり荒れているからオフ車じゃないと話にならんだろ。スクーターのレンタルなんてするなよ・・・。
借りるのはいたって簡単で、免許証も何もいらなかった。パスポートやらを預けたりするのもナシ。ガソリンも満タン返しなので楽チン。

さて、自分は元オフ車乗りであるけれども、バイクに乗るのはかれこれ10年ぶりになろうか・・・。
驚異的にパワーがなく恐ろしくブレーキの利かない、なかなかいかしたバイクだった。
タイヤは丸坊主、ウインカーの類は点かないし(これはたいした問題じゃないけど)、キック・スターターは足に当たるし、特筆すべきはリア・サスで、ひょっとしてバネがついてるだけなんじゃないの?っていうくらいの利き味。まったく減衰しねぇ・・・ちょっとしたギャップを越えるだけで「ビヨヨ~ン、ビヨヨ~ン」と振動しっぱなし。

宿のあるモヨガルパから反時計回りに島を一周する。
前回書いたとおり島には二つの火山があって、ひょっこりひょうたん島のような形をしている。メガネのような形に道がつけられていて、二つの火山をそれぞれぐるりと回る形になる。
El Quinoまでは舗装された道。舗装といってもアスファルトではなく、20cm四方くらいのブロックを手作業で丁寧に敷き詰めてある。
El Quinoから右に折れて、ひょうたんのもう一つの膨らみの方に入る。ここから道は延々と岩っぽいダートが続く。
サンタ・クルスのY字路を右に入り、マデラス火山をぐるりと一周。だんだん道が悪くなる。アップ・ダウンが激しく、ゴツゴツした路面のギャップも大きくなる。
何もしてないのに、途端にリア・サスはフル・ボトム。ガツン、ガツンと底づきまくる。
でも、こんなバイクでもやっぱダートを走るのは楽しいなぁ・・・10年ぶりでも体がちゃんと覚えてる。
嬉しくなってちょっとアクセルをオン・オフしだした刹那、いきなりギアが抜けた???いや、感覚的にギアは入ってる。入ってるのに後輪に動力が伝わらん。エンジンだけが虚しく唸る。
うぅぅん・・・ひょっとしてクラッチ壊れたか???そう思って下を見たら、チェーンが外れてた・・・。
エぇぇ~チェーンが外れたぁ???そんなことあるの???これまでバイクに乗っててチェーンが外れたというのは初めてだ。
簡単に直せるのか???
半信半疑のままスプロケの下半分にだけチェーンをかけてクラッチをつなぐと・・・嵌った!嵌ったけど、よく見りゃチェーンがダルダルだ。こりゃ外れるわな・・・。
なんちゅう整備不良のバイクだ・・・。
暫らく騙し騙し乗る。チェーンが急に張ると外れるので、じわぁ~っとアクセルを開けて騙し騙し走る。急な上りはマユミに降りてもらって騙し騙し走る。
その後暫らくはアップ・ダウンがなかったので騙し騙し走法で無事走れた。
二回目、たいして急な上りじゃないところでチェーンが外れた。また同じ方法で直す。
三回目、四回目・・・だんだんすぐに外れるようになってきた。
六回目には平坦なところを走っていて外れ、七回目に直したときには何の苦もなく手の力だけでスカッとチェーンが嵌った。ダメだこりゃ・・・。
車軸がさらに動いてしまったらしい。アクスル・ナットをいじってみると、簡単に回った・・・。
うぅぅん・・・。
ちゃんと直さんとこれ以上走れん。車載工具なんてものは当然ない。ケースはついてるんだけど中は空っぽ。
幸いオメテペ島は湖沿いに満遍なく人が住んでいる。
ちらっと横を見ると、何とそこは自転車屋?おっちゃんが自転車を整備していた。おぉぉ・・・何とラッキーな。
そこの子が呼んでくれて、すぐにおっちゃんの元へバイクを押していく。
自転車屋なので話が早い。「これ、これ」とチェーンを指差すと、「あぁ・・・こりゃダメだな」って感じですぐにスパナでアクスル・ナットを緩め、チェーンを引いてくれた。
完璧だ!これでようやく普通に走れる。
おっちゃんは特に金を取る様子もなかったが、感謝の気持ちで10Crだけ手渡した。
その後のバイクは順調だった。と言っても、急に性能がよくなるわけじゃないんだけど・・・。
路面は悪く激しいアップ・ダウンが続くんだけど、もはやチェーンは外れん。
暫らくして長い下りに差し掛かった。なんとかなるか?とそのまま突っ込んだのだが、バイクが止まらねぇ~。マユミに降りてもらうべきだったと思っても後の祭り。
ブレーキを握り締めながら下っているところでズルーッとフロントがスリップ・ダウン・・・「ズザーッ」。立ちゴケに近い状態だけど、バイクでコケたのなんて何年ぶりだ?
二人とも右腕を激しく擦りむいた・・・。

ハンドルがちょっと曲がったバイクでツーリングを続ける。
マデラス火山を一周し、メガネのつるの部分を戻ってひょうたんの大きい方の膨らみへ。
コンセプシオン火山をぐるりと一周する。こちらはフラット・ダートが続く。
火山はこっちの方が見栄えがするんだけど、湖もほとんど見えないし、走っていてあまり楽しくはない。

オメテペ島の道は町中以外、車より牛や馬の方が多い。犬やブタ、サルなどが道を横切ったり、時々ホエザルに威嚇されたり。
島の人たちの足は、主に徒歩か馬か自転車、もしくはバイク。島のあちこちに学校があって子供たちがたくさんいる。
島の人もフレンドリーだし、のんびりしていてなかなかいいところだ。特にこれといって何があるわけじゃないけどね~。
島一周およそ100km。意外と距離があった。島の大きさは西表島くらいらしい。
ガソリンが意外に高かった。32Cr/リッター以上する。日本と同じかむしろちょっと高いくらいか?使ったガソリンは3L。

宿に帰って夕方湖畔にに夕日を見に行った。
ニカラグアの夕焼けはとてもキレイだ。つまりは空気があまりキレイじゃないってことか???

14mar2011 オメテペ島一周ツーリングに出発 14mar2011 今回の足JIALING JH125L
オメテペ島一周ツーリングに出発           今回の足・・・JIALING JH125L

14mar2011 気持ちのいい天気 正面はコンセプシオン火山 14mar2011 ニカラグア湖沿いに島を一周
気持ちのいい天気 正面はコンセプシオン火山   ニカラグア湖沿いに島を一周

14mar2011 いろんな鳥がいる 14mar2011 道を渡るサル
随所にいろんな鳥がいる                サルも道を渡る

14mar2011 三回目にチェーンが外れたところ 14mar2011 スプロケの下半分にチェーンをかけてクラッチをつなぐ
三回目にチェーンが外れたところ・・・         修復中の図

14mar2011 自転車屋のおっちゃんに救助要請 14mar2011 すぐにチェーンを張ってくれた
七回目の修復後おっちゃんに救援要請       すぐにチェーンを張ってくれた  さすが自転車屋!

14mar2011 ツーリング再開 湖沿いには満遍なく人が住んでいる 14mar2011 マユミも元オンロード・ライダー
ツーリング再開!湖沿いは満遍なく人が住んでる  マユミも元オンロード・ライダー

14mar2011 この直後にコケた 14mar2011 そして右腕を擦りむく
この直後にコケた・・・                  そして右腕を激しく擦りむく

14mar2011 二人揃って 14mar2011 牛の群れの通過を待つ
二人揃って同じところを・・・               たびたび牛の群れの通過を待つ

14mar2011 いつも帽子を被ったようなコンセプシオン火山 14mar2011 ニカラグア湖の夕焼け
いつも帽子を被ったようなコンセプシオン火山    ニカラグア湖の夕焼け
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment