FC2ブログ

サン・ヘラルド ~ サン・イシドロ

2011/3/6 日
今日も快晴。
11:30のバスでサン・イシドロへ下る。宿のレストランがバス停になっているのでとても便利。
特に何があるわけでもないけれど、のんびりしていていいところだったなぁ、サン・ヘラルド村は。
ちなみに、サン・ヘラルドとサン・イシドロ間のバスは一日3便、毎日運行している。
時間通りにバスが現れて乗り込むと、山小屋で一緒だったカナダ人カップルが乗っていた。
日曜のためかバスは普段より混んでいて、遠足バスのように何やら楽しげな雰囲気。途中で乗り降りする人もけっこういる。
やっぱローカル・バスは楽しいねぇ・・・車窓を眺めたり乗り降りする人たちを見ているだけで何故か幸せな気分になれる。これぞ旅の原点!のような気がする。
途中の村では、馬でどこかへ遠乗りするイベントでもやっているのか、大勢の人たちで賑わっていた。ゼッケンをつけて馬にまたがっている人たち、老若男女を問わずキマリ過ぎてる。
皆さん実に楽しそうで、見ている方も自然と笑顔になる。

1時間15分ほどで到着したサン・イシドロの町は、店が軒並み閉まっていてひっそりとしていた。
ターミナルの周りにもっと安い宿はないか、うろちょろしてみたが見当たらず、前回と同じホテル・エル・バジェにチェックイン。
サン・イシドロの町中ではネット屋をほとんど見かけない。唯一開いてたところも今日は15:30に閉まると言うので、昼食後に駆け込んだ。
ネット屋の兄ちゃんが「コスタリカは高いだろう、日本より高いんじゃないの?」と申し訳なさそうに言っていたが、いえいえとてもとても・・・日本じゃ1時間350C($1がおよそ550C)じゃできないですから・・・。
コスタリカは一見物価が高そうに思えるが、そんなことはない。決して安くはないけど高くはない。バスとか食べものといった、観光客向けではない庶民生活に直結した物の値段はけっこう安いと思う。

コーヒーが旨くて安いというのもポイントが高い。
中南米はコーヒーが旨い国が多くていいねぇ。コーヒーを作っている国、もしくはその近傍は実にコーヒーが旨い。その際、安くて気軽に飲めるってとこもポイントだ。日本のように一杯400円も500円もしたんじゃ気軽に飲めないから・・・。
南米ならブラジル、コロンビア、ベネズエラ。(逆に最低なのは、コーヒーと言えばネスカフェのチリ)
中米は今のところパナマもコスタリカも旨い。
この先の国も旨そうだから期待大である。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment