FC2ブログ

カルタヘナ その1

2011/1/29 土
外は灼熱だがホテルの中は快適。ありがたいことにチェックアウトも15:00なので昼過ぎまでのんびり。
午後からセントロへ引越し。あちこちへ行く路線バスがホテルの前にあるガソリン・スタンドから発着していて、人に聞くとセントロ行きのバスを教えてくれる。
セントロまで狭い脇道に入ってあちこち回っていくのでやたらと時間がかかる。40~50分かかっただろうか、ようやくセントロに到着。運賃は1,400COP。
降りるところをちょっと行き過ぎてしまい、バスを降りてから安宿のあるエリアまでけっこう歩いた。
安宿はCalle del Guerrero沿いに集まっている。この辺りは完全なツーリストエリアとなっていて、欧米人のツーリストがやたらといる。コロンビアにこんなにツーリストがいようとは思ってもみなかったのでちょっと面喰った。いるとこにはいるんだねぇ・・・。
レストランなども完全にツーリスト向けで、バス・ターミナルの周りと比べて明らかに高い。
最初の宿は情報ノートを見るためだけにホテル・ファミリアールに決め打ち。トイレ、シャワー共同のWが40,000COP、もちろんエアコンはなし。WiFiは飛んでいるのだが、何故か自分のPCでは接続できず。
宿の設備を考えると明らかに高い。にも関わらずけっこう客はいる。Calle del Guerrero沿いの宿はどこも混んでいて、道を一本入るともっと安くて快適な宿がいくつかある。
宿に荷物を置いてから早速引越し先を探しに。明日からはホテル・ラ・エスパニョーラへ移ることにした。こちらはトイレ、シャワー付きで35,000COP。宿の夫婦の感じもよく、WiFiも快適に使える。20,000COP先払いして窓のある明るい部屋を予約。

さて、何はともあれどうやってパナマへ渡るか、まずは検討。
と言うのも、パナマの入国は楽ではないのだ。コロンビアとパナマは陸続きだというのに厄介な話だ。
まず陸路での越境は不可能。よく知られている通り、コロンビアとパナマの国境は一大ゲリラ地帯。合法的に越境する術はない。
通常はエアかヨットで渡ることになる。
この際に、特にエアで飛ぶ場合に問題になるのがパナマ出国のチケット。基本的に片道航空券だけでは入国できない。2010年の何月かでツーリストカード(ビザのようなもの)は廃止されたようだが、片道で入国できないのはそうらしい。
片道だけで入国できた、という人もいないではないが、そこは運次第。基本的に片道では入国できないと考えた方がいい。人によっては着いたその場で出国のエア・チケットを買わされているし・・・。
カルタヘナからパナマ・シティへのメイン・キャリアはコパかアエロ・レプブリカであるが、そもそも現時点ではパナマ行きのチケットは片道では売ってなかったりする。
ちょっと前ならアイレス・エアが最安で、片道$250ほどで飛べていたようであるが・・・調べたら何故かパナマ行きがなかったりして・・・。
エアが安いのなら、往復チケットを買って復路分は捨てちゃうというのもありかもしれないけど、ご存知の通り中南米はエアが高い。復路のチケットを捨てちゃうのは貧乏パッカーにとって忍びない。(←既に5フライトも捨てちゃってるのは置いといて・・・)
ヨットというのは・・・パナマへ渡る5、6人乗りくらいのヨットに便乗させてもらってパナマへ渡る手である。10日に1隻くらいはありそうな感じ。窓口になっている宿が何軒かあり、そこに仲介してもらってヨットのキャプテンと交渉してもらう。
通常、パナマまで5日ほど。途中サン・ブラス諸島で2日ほどのんびりできるというメリットがあるが、聞いてた相場は食事込みで$350~400。今日聞いたところでは一番近いところで2/2発のヨットがあり、料金は$450・・・うぅぅむ、ちょっとありえんなぁ・・・。
ちなみに、海路で越境した場合に出国のチケットの話がどうなっちゃうのかはよく知らない。バスでコスタリカへ行く、とでも言えば済んじゃうのだろうか???
はてさてどうしたものか・・・と思っていたら、第3の方法があるらしい。バスとボートで刻んでパナマへ渡るという手だ。
実際この方法でパナマからカルタヘナに来た人の情報はある。が、逆も可能なのかどうかはわからない。当然パナマへ行った人の情報はカルタヘナにはないわけだ。
・・・この手に賭けよう!
出国チケットの問題はやはりつきまとうのだが、何とかなりそうな気がする。ダメならまたコロンビアに戻ってくりゃいいだけの話だ。
がぜんテンションが上がってきた。
南米はどこも移動が楽で、ドキドキしながら駒を一歩一歩進めるような面白味には欠けていたのだが、久々に面白くなってきた。
旅の醍醐味は移動にある。

宿で情報収集しているときに偶然出会ったタカシ君と一緒に夕飯を食べた。彼もこれからパナマに渡ろうとしている。
旅をしてるといろいろ面白い人と会うもんだ。

2011/1/30 日
刻んでパナマへ渡る・・・おぼろげに身の振り方が定まった。
昼に宿を引っ越した。やはりこちらの宿の方ががぜん居心地がいい。
今日は日曜のためほとんどの店が閉まっている。あれだけツーリストが歩いていた通りも閑散としていて、昨日が嘘みたいになっている。
午後からカルタヘナの城塞をぐるりと一周してきた。
植民地時代の名残りで、カルタヘナのセントロは城塞に囲まれている。スペイン人植民者がカリブ海の海賊から町を守るために築いた城塞で、セントロの町並みはユネスコの世界遺産にも登録されている。
カルタヘナはボゴタなどと違って標高が低いため暑いのであるが、意外にもカラッとしている。海沿いでいかにもジメジメしてそうなのだがさにあらず。カラッとしていて日陰は涼しい。一日中心地いい風が吹いていて意外にも過ごしやすい。カリブ海沿いの町というのはこんな感じなのだろうか?
コロンビアは人がいいのは前にも書いた通り。カルタヘナはコロンビア最大の観光地で多少ツーリスティックな面がないではないが、屋台などもけっこう出ていて庶民的な面もある。
日曜の今日は昨日のような活気はないが、木陰でおっちゃんが新聞を読んでいたり、城塞の陰で昼寝をしていたり、のんびりしていてなかなかいい感じ。
タカシ君は明日エアで飛ぶことに。カルタヘナ-パナマシティ、パナマシティ-サンホセのチケットをネットで購入していた。ちなみにパナマシティまでのエア代は$290ほど、やっぱ高ぇなぁ・・・。
夕飯はまたタカシ君とご一緒した。

30jan2011 カルタヘナのセントロ 30jan2011 かき氷屋のおっちゃん
カルタヘナのセントロ                   かき氷屋のおっちゃん
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment