FC2ブログ

マラカイボ ~ マイカオ ~ カルタヘナ

2011/1/28 金
マラカイボに着くまで一度もパスポートや荷物のチェックはなかった。
12時間ほど冷蔵庫の中に閉じ込められ、8:30にマラカイボに到着。
マラカイボからカルタヘナへは一日一本、早朝に直通バスが出ているが、国境で刻んだ方がかなり安い。ま、バスはもうとっくに出ちゃってるからそもそも選択の余地はないのだけれど・・・。
国境までバスの類はなく、乗り合いタクシーで行くことになる。1台当たり400Bsで、5人集まると出発する。1人当たり80Bsということになる。
幸いすぐに5人集まって出発となった。
さっきまで冷蔵庫の中にいたと思ったら、馬鹿デカイ古いアメ車のタクシーにはエアコンがついてない。今度は暑い・・・ちょうどいい塩梅というのがこの国には存在しない。
国境までちょうど3時間。途中にポリスやミリタリーの検問が10箇所以上あっただろうか。そのうちパスポートをチェックされたのは3、4箇所ほど。
イミグレの手前で65Bsの出国税を払い、それを持ってイミグレに行くと出国スタンプを押してくれる。タクシーだと全ての場所に寄ってくれるので楽だ。
ボリーバルは国境でコロンビア・ペソ(COP)に両替え可能。レートはよくないが、替えられるだけで御の字だ。コロンビア側の方がレートがいいと教えてくれたので、コロンビア側で両替え。レートは1Bs=220COP。
例によってコロンビアの入国手続きは多少時間がかかり、国境を越えてからマイカオのバスターミナルまでさらに1時間ほどかかった。
まだ13:00を過ぎたところ。マイカオからどこまで移動するか特に決めてなかったが、カルタヘナ行きのバスの客引きがすぐバスが出るというので乗ることにした。
運賃は50,000COP。バス代を二人分払うとオケラになるのでターミナルで米ドルを両替え。レートは$1=1,700COP、よくないので$50だけ両替え。
両替えを終えてバスに乗り込むと即出発。また食べ物を買う時間もなく怒涛の移動となった。
コロンビアに入って途端に人がよくなった。やはりコロンビアは居心地がいい。
バスはノンストップで走り続けたが、途中で物売りの人たちが乗り込んでくるのでまったく困らない。バスはボロだがエアコンの効きは程よく快適。
20:00前頃どこかの町に入ったところでバスの挙動がおかしくなった。あっちへ行ったりこっちへ行ってみたりで一向にカルタヘナの方へ進んでいる様子がない。乗客の中には怒っている人たちもいたが、自分たちには何が起こっているのかさっぱり・・・。
21:00になって突然路上でバスが止まり、ブーブー言いながら全員降りている。どうやらバスを乗り換えることになるらしい。運ちゃんが後ろのバスに荷物を積み替え、後ろのバスに全員乗車。
乗っていたバスの運ちゃんはどうやら腹の調子が悪くなってしまったらしい・・・。それで町中をグルグル徘徊して乗り継げるバスを探していたというのが事の顛末のようである。
結局カルタヘナに着いたのは23:30・・・またかよ。通常8時間くらいの道のりに10時間要したことになる。
眠いし疲れたし、セントロに出るのは諦めた。大きなターミナルで、これからバスに乗るのかまだそこそこ人がいる。
人に聞いてターミナルに隣接したホテルへ向かう。
HOTEL CORDIALIDAD PLAZA。広いロビーのある小奇麗なホテルで、Wが50,000COP。思ったほど高くなかったのでとりあえず一泊することに。
エアコン、冷蔵庫付き、WiFiフリー。安宿でない所謂ちゃんとしたホテルでかなり快適。

28jan2011 ベネズエラのタクシーはだいたいこんな感じ
ベネズエラのタクシーはだいたいこんな感じ
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment