FC2ブログ

サンタ・エレナ・デ・ウアイレン、再び

2011/1/22 土
サンタ・エレナとボア・ビスタの間には30分の時差がある。時計を30分戻した。
ブラジルへ行っている間に米ドルの両替えレートがずいぶんとよくなったようだ。今のレートは$1=8Bsくらいらしい。
手持ちのボリーバルがまだそこそこあったのでサンタ・エレナでは敢えて両替えしなかった。(後々これが仇となったのだが・・・。)
9:00頃、今日からロライマへ行くジュンコさんとタイキ君を見送った。
次のフライトまでまだ日にちがあるので、自分らはベネズエラ人が誰も彼も絶賛するリゾート地マルガリータ島へ行くことにした。
マルガリータ島はカリブ海に浮かぶ島で、プエルト・ラ・クルスからフェリーで渡ることができる。
サンタ・エレナからプエルト・ラ・クルスまでは昼発の直通バスが一日一本出ているのだが、夜中に着いてしまうので敬遠した。(結果的にはこれも裏目に出た・・・。)
夜行でシウダ・ボリーバルまで行って刻むことに。シウダ・ボリーバル行きのバスは2、3社が運行している。
チケットはフランシスコに頼んだら親切に取ってきてくれた。前回も世話になったが、ホントに親切で頼りになるやつだ。
夕飯を食べてから18:00過ぎにタクシーでバス・ターミナルへ。
このタクシーはちょっと可笑しかった。タクシーなのにトランクに巨大なウーファーが積んであって荷物が入らねぇ・・・。
走り始めてちょっとすると車内で携帯の呼び出し音のような音がした。おっちゃんの携帯だな、と思って何気なく見ていたら、助手席をゴソゴソやって取り出したのは普通の電話・・・何これ、どうなってんの?無線電話?おっちゃんは受話器を取ることなく、電話ごと耳元に持っていって話していた。まぁデカイ携帯電話と言えないこともない・・・。
ターミナルまでタクシー料金は昨日も今日も20Bs。フランシスコがスペシャル・タクシーでも呼んでくれない限り15Bsでは行けないようだ。
バスは1時間近く遅れて20:00頃出発。ターミナル使用料として1Bsかかる。
相変らず途中のパスポート・チェックと荷物チェックが面倒くさい。
荷物チェックは暗くなってしまうとかなりいい加減。誰の荷物をチェックして誰の荷物をチェックしてないのかもあやふやで、バスの周りに立ってる人たちに紛れていればチェックされずに済んでしまうと思う。自分らはバスのトランクからザックを出すのが面倒だったので、手荷物だけ見せたらそれで済んでしまった。その手荷物にしてもロクに見ないし・・・ジャッキー・チェンとか話しかけられてお終い。
それにしてもベネズエラのバスは寒い。もちろんエアコンの効き過ぎで。

22jan2011 ポサーダ・ミッチェルにて
ポサーダ・ミッチェルにて
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment