FC2ブログ

ボア・ビスタ ~ パカライマ ~ サンタ・エレナ・デ・ウアイレン

2011/1/21 金
一晩明けると、以前来た時と同じ活気ある町に戻っていた。店もほとんど開いてるし、車の通行量からして昨日までとまったく違う。
そうだよなぁやっぱこうだったよなぁとちょっとホッとした。通り沿いの店先で最後にタピオカも食べられた。
12:00のバスに乗るべく10:00過ぎに宿を出る。宿のおばちゃんに聞くと、ターミナルまでロタソンというので行けるらしい。路線バスも走っているのだが、運賃はどちらも変わらないという話(ロタソンが2.5Rでバスが2.4R)。
ロタソンというのは、要するに行く方角の決まっている乗り合いタクシーのことだ。宿の前の通りに出てみると、なるほど同じ白い車だが屋根にロタソンと表示されているのとタクシーと表示されているのがある。
通りでターミナル方面行きのロタソンを捕まえようとしていると、宿の女の子が出てきてくれて一台のロタソンを捕まえてくれた。ありがとう!
ブラジルは最後の最後までホントにいい国だった。自分らの場合北部のアマゾン・エリアしか行ってないから、もしかしたらそこ限定の話かもしれないけど、ブラジル滞在中にちょっとでも嫌な思いをしたことは一度もない。
自分にとって(居心地の)いい国とは、まずは人がいいこと。その国の印象の大半は「人」で決まると思う。人がフレンドリーで親切な国は間違いなく居心地がいい。気質も暗いよりは陽気な方がいい。
そして食べものが美味しいこと。庶民的な食堂や屋台で気軽に食べられることが重要だ。
街並みがキレイとか、見所がどうとかいったことは基本的に国の良し悪しとは関係ない。ハッキリ言って二の次だ。
そういった意味でブラジルは自分にとって文句なしでいい国であった。ちょっと去り難い気分にもなる。ブラジル大絶賛!
12:00発のバスで国境の町パカライマへ。久々に大きくてキレイなバスで、ホントにこのバスでいいのか一瞬不安になった。運賃は12R。
順調に3時間半ほどでパカライマに到着。
前回ここの国境を越えたのは日曜だったためガラガラで寂しいくらいだったのだが、今日は人がたくさんいて賑やか。
歩いて国境を越える。
ブラジル側の国境を越えた先の緩衝地帯にはガソリン・スタンドがあり、ブラジル・ナンバーの車が長蛇の列になっていた。近くに住む人たちがガソリンを入れに来るらしい。ベネズエラの方が圧倒的にガソリンが安いだろうから納得。
ベネズエラのイミグレを出たところで乗り合いタクシーを拾った。サンタ・エレナのバス・ターミナルまで二人で40Bs(ボリーバル)もしくは10R。
サンタ・エレナの町外れには町中にないような大きなスーパーが建ち並んでいる。ここも前回来たときは閉まっていて、何のために?と思っていたのだが、謎が解けた。ブラジル側から物価の安いベネズエラへ買い物に来るらしい。ブラジル・ナンバーの車がたくさん止まっていて賑やかだ。
明日のバスの時間を調べようとわざわざターミナルまで行ったのに、バス会社の窓口は全部閉まってた・・・。
タクシーでホテル・ミッチェルへ直行。
ここでタイキ君、ジュンコさんと再会。二人とも明日ロライマへ行くとのことだ。話をしているとまたロライマへ行きたくなる。
自分らが行ったときから一月ちょっとしか経っていないが、明らかに季節が変わった感じ。あれだけモコモコわいていた入道雲が一つもない。湿気もなくカラッとしている。すっかり乾季に突入したようである。
タイキ君、ジュンコさんと一緒に夕飯を食べ、ミッチェルでビールを飲みながら楽しくお喋り。
ホントに面白い人たちで、この人たちに会えただけでもギアナ3国へ行った価値があるってもんだ。

21jan2011 ブラジル-ベネズエラ国境 21jan2011 緩衝地帯のガソリン・スタンドには長蛇の列
ブラジル-ベネズエラ国境               ガソリン・スタンドにはブラジルの車の長蛇の列
関連記事
  • ボア・ビスタ
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment