FC2ブログ

パラマリボ ~ ニュー・ニッケリー ~ ジョージタウン・・・

2011/1/18 火
時間通り4:30にピックアップのハイエースが現れた。
途中で人を拾ったり、朝食休憩を取ったりしながら激走する。後ろのウーファーからドンドン響いてくる重低音の振動でまったく眠れん・・・。
8:30にニュー・ニッケリーに到着。フェリーのチケットを買ってから出国のスタンプをもらう。
フェリー乗り場には免税店もあったりする。
待合所で待っていると、単独の日本人旅行者が二人現れた。おぉぉ・・・まさかこんなところで日本人に会おうとは・・・。ブラジルでは一人も会わなかったから実に久しぶりだ。
カイエンヌで見かけたアルゼンチン人パッカーの一団もいたのだが、スリナムの入国スタンプをもらってなかったらしく、イミグレで突っぱねられてパラマリボへ引き返していった・・・まぁそりゃそうだろ。やっぱりアホだ、コイツ等。
フェリーはてっきり11:00発かと思っていたら、10:00発だった。どうやら日に一便だったのは過去のことのようで、今は日に何本か出ているらしい。
30分ほどで対岸のスプリングランドに到着。入国スタンプをもらって、余ったスリナム・ドルをガイアナ・ドル(Gd、$1=203Gdくらい)に両替えし、ハイエースに乗り込む。ちなみに、ハイエースはここで乗り換えとなる。
席に空きがあったので、ここから日本人のうちの一人ジュンコさんが同乗。
こんなところで会うだけに、とても強烈な人だった。もう20年近く海外に出ている人で、経験が半端ない。普通そんな経験しないだろ?っていう数々の武勇伝は聞いていてとても面白かった。久々に面白い人と出会った。世の中にはスゴイ人がいるもんだ。
ろくに外の景色も見ないまま、ジュンコさんのマシンガン・トークを聞いていたら、3時間ちょっとでジョージタウンに到着。
そのまま夜行バスに乗るつもりなので、バスの発着するホテル・トロピカーナで降ろしてもらった。
早速バスのことを聞いてみると、無事乗れる。その場でチケットを購入。支払いは米ドルでも可で、運賃は10,000Gdもしくは$50。
ちなみに両替えは、ジョージタウンの町中よりスプリングランドの船着場の方がレートがよい(町中:$1=201Gd、船着場:$1=207Gd)。
ガイアナとスリナムの間には1時間の時差があり、時計を1時間戻す。
トロピカーナの1階はカフェ&バーのようになっていて、しばらく寛いでいると別のバスで来たもう一人の日本人タイキ君がやって来た。やはり今晩のバスで移動するとのことで、暫し4人でおしゃべり。
タイキ君も経験豊富でユニーク。やはりこんなとこで会う日本人は普通じゃない。
二人とも言葉が上手で羨ましい、と言うか刺激を受ける。海外生活の長いジュンコさんはもとより、ワーホリ経験のあるタイキ君も英語が堪能、のみならずスペイン語も話せるのだから恐れ入る。
暫らくしてから4人で町中を散策。散策と言ったってこれと言って特に見るところはないのだけれど・・・。
ガイアナは旧イギリス領で、英連邦加盟国。公用語は英語、車はもちろん左側通行だ。アフリカ系の黒人が多いが、仏領ギアナほどガタイは大きくない。
中国語の看板もけっこう見かけ、中国人はギアナ3国にもしっかり根付いている。インド系の人も多いはずだが、歩いた範囲ではあまり見かけなかったような気がする。
ジョージタウンは治安が悪いという話を耳にするが、少なくとも昼間の明るいうちであればそんな雰囲気はない。
町の中心部にある白壁の教会は、木造の教会としては世界一大きいのだとか。
市場は明るく活気がある。スリナムより断然暑く、屋台で売ってるかき氷が美味しい。
マカパ以降怒涛の移動で弱ったのか、暑さで水分を採り過ぎたのか、ここへ来て久々にお腹がピーピー。これから長時間バスに乗るというのに・・・。
夕方、トロピカーナに戻って4人でひたすらおしゃべり。経験豊富な人たちだけにネタが尽きない、尽きない・・・。
19:00頃バスのチェックインをしたものの20:00を過ぎても一向にバスは現れず、結局22:00にようやく出発と相成った。

18jan2011 フェリーで国境の川を渡ってガイアナへ 18jan2011 木造教会としては世界一大きいらしい
フェリーで国境の川を渡ってガイアナへ       ジョージタウンの教会・・・木造としては世界一大きいらしい
関連記事
スポンサーサイト



Comment 2

There are no comments yet.

ヒデ  

No title

はじめまして。
俺も山好きなのでワラス懐かしいな~。とか思って見させてもらってました。

ところで質問があります。

ジュンコさんって、
原色系の格好してて、
ちっさくて、
英語ペラペラで、
いつも笑ってて、
話はけっこう下品で、
すげえ喋る人ですか?

どうも俺が知ってるジュンコさんな気がして。
あの人、今頃カリブ海沿岸部にいるはずだし。

2011/02/03 (Thu) 22:47

なかっぴー  

No title

ヒデさん、はじめまして。
ご質問のジュンコさんですが、間違いなく同一人物であると思います。
的確な表現!まさにそんな感じです。

2011/02/07 (Mon) 03:38

Leave a comment