FC2ブログ

ベレン ~ マカパ(アマゾン川横断)

2011/1/14 金
ベレンから対岸のマカパまでアマゾン川を横断する。
一口に横断と言っても河口の川幅は160km、マカパとの間には巨大なマラジョー島もあるからこれを迂回せねばならず、横断するのに24時間もかかる。
航路は二通り考えられ、できればマラジョー島を下流から迂回してアマゾンの河口を拝んでみたいものだが、これだと少々大回りになる。おそらくマナウスから下ってきた航路を引き返し、マラジョー島の上流側を迂回することになろう。
11:00に宿をチェックアウト。船乗り場まで先日のスラムの中を歩くのは嫌だったので今回はタクシーを使ったのだが、着いてみたら今回の乗り場は前回のところよりかなり手前で、スラムの中を通るようなことはなかった。タクシー料金は13R。
何故か乗るはずの船がまだ着いてない。確か昨日の12:00には着くと言ってたような気がしたんだけど・・・今日の12:00と取り違えたのかもしれん。
いずれにしても乗り場はここで合っていそうなので、他の大勢の人たちに交じって気長に船を待つ。
12:00過ぎに我らがALMIRANTE DO MAR号が姿を現し、12:30頃着岸。船着場には別の船が係留されていて、その船に横付けする形となった。船越しに乗船するので非常に乗り込みづらい。
今回の船はキャビンにトイレ、シャワーこそ付いてないものの、前回の船より大きくて快適。デッキにイスがたくさんあって居場所に困らない。イスに座ってボーっと景色を眺めていられるのが何よりスバラシイ。
前回みたいに混んではいないものの、ハンモック・スペースは・・・うぅぅむ、やはりキャビンを奮発してよかったと思う。
荷物の積み込みを待って15:00に出港。航路はと言うと、やはり前回下ってきたところを遡る形。
今日は早速昨日買ったパイサンドゥのシャツを着ていたのだが、地元だけにパイサンドゥ好きの人もけっこういて、「パイサンドゥ~」と言いながら親指を「グ~」と上げてくれる。
些細なことだが、こんなことでもまた一段とブラジルの好感度がアップする。

14jan2011 パイサンドゥ仲間のおっちゃんと 14jan2011 ハンモック・スペースはこんな感じ
パイサンドゥ仲間のおっちゃんと            ハンモック・スペースはやはりこんな感じ
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment