FC2ブログ

ジェリコアコアラ ~ カモシン ~ パラナイバ

2011/1/11 火
5:30に起きて近くのビーチに出てみた。馬が草を食んでいたり、牛が砂丘の上にいたり、なかなかいい感じ。
今日は朝のうちこそ雲が多かったが、その後晴れた。絶好の移動日和。
7:00にピックアップの予定であったが、トヨタのピックアップ・トラックが迎えに現れたのは結局8:00・・・おいていかれたのかと思ってドキドキしながら待ってた。遅れたお陰で宿の朝食はちゃんと食べられたのだけれど。
屋根に荷物を積み、マユミはキャビンの後席、自分は荷台の席に乗り込んでいざ出発。
すぐに海岸線に出て、白い砂浜の波打ち際を激走する。
カモシンまで1時間半・・・この1時間半は白眉である。ロンプラでブラジルのベスト・ジャーニーに選定されるのも納得の素晴らしさ。これに乗るためだけにでも来る価値は十二分にある。ぜひとも来た方がいい。
ここをバイクで走ったら、確実にトリップすること請け合い。自転車で、と本当は言いたいところであるが、自転車で走るのはキツイだけになりそう。おそらくバイクがベストだと思う。
サンド・バギーで疾走するのもかなり気持ちよさそうだ。カモシンやジェリコあたりではサンド・バギーが住んでる人たちの日常の足になっていて、ルート上でもけっこうすれ違う。
砂丘の脇を走り、時折り波打ち際の水の中を走り、筏で海を渡り・・・実に爽快だ!今日は天気もいいので最高!昨日みたいに雨じゃなくてホントよかった・・・。
きっと、レンソイスも晴れてたらもっとキレイだったに違いない・・・。
途中2箇所、筏で車ごと海を渡る。最初の筏は、3人がかりで木の棒を海底に突いて操船していた。
走っているのは砂地だから、もちろんかなり揺れる。カモシンまであと30分ほどのところで、キャビンに乗っていた一人の女の子が車に酔って吐いてしまった。
9:30にカモシンに到着。運ちゃんがミニバス乗り場まで送ってくれた。
パラナイバまではミニバスで25R。何故かピックアップの運ちゃんに運賃を払う。
ジェリコのエージェントでパラナイバまで通しのチケットも買えるが、これだと40Rも取られる。昨日この間を移動していて相場を知っていたから買わなかったけど・・・ジェリコで通しのチケットは買わない方がいいです。
ちなみに、ジェリコ~カモシン間のピックアップもエージェントを通さず運ちゃんに直接頼めば30Rみたいです。
一緒に移動してきた人たちの中にドイツ人が一人いた。いつもながら言語能力の高さに感心する。
ドイツ人は3、4ヶ国語を普通に話すのだ。今回の彼も英語はもちろん、スペイン語も話せる。ポルトガル語は話せなかったが、スペイン語を駆使して器用に会話していた。
「ドイツ人はたくさんの言語を話せるね」と聞いてみると、「ヨーロッパは言葉が近いからすぐに話せるようになるんだよ」とサラリ。
いやいやヨーロッパったって(自分の思い過ごしじゃなければ)イギリス人やフランス人はそんなに喋れないわけだから・・・。
「(ドイツでは)2ヶ国語がミニマムだね」と言っていた。
そう言えばエンジェルフォールで会ったドイツ人も、「3、4ヶ国語話せないとドイツではいい職に就けないんだ」と言っていた。
文法的に見ても、おそらくドイツ語を話す彼らにとって英語なんてすごく簡単な言語なんだろうなぁ・・・。脱帽です。
カモシンでは昨日パラナイバのターミナルで通訳してくれた夫婦にも再会した。今日のバスでカモシンに来て、これから自分らの乗ってきたピックアップに乗ってジェリコへ行くらしい。
てっきりブラジル人かと思っていたら、彼らはイタリア人の旅行者だった。
イタリア人に会ったときの第一声は決まっている・・・「マルコ・パンターニが好きなんだ!」
昨日より天気はよかったけど、相変らずカモシン~パラナイバの移動は退屈だった。
例によって乗客全員を希望のところまで送っていくので余計に時間がかかり、3時間近くかかってパラナイバのターミナルに到着。
あわよくばそのままベレンまで移動しようと目論んでいたが、本日のバスは終了。明日のチケットを取って今日はパラナイバに一泊することに。
ベレン行きの直通バスを運行しているのは1社のみ。今回は残念ながら学割が効かず、運賃は162R。窓口のおばちゃんはとても親切な人だった。
先日と同じポサーダ・リトラウにチェックイン。念のため他も当たってみたけど、結局ここが最安だった。

11jan2011 早朝のジェリコ 11jan2011 白砂の海岸線を激走
早朝のジェリコ 草を食む馬たち           白砂の海岸線を激走する

11jan2011 荷台から後ろを見る 11jan2011 最初の筏は木の棒で操船
荷台から後ろを見る                   最初の筏は木の棒で操船

11jan2011 海に浮くジャンガダ 11jan2011 中洲の対岸に到着
海に浮くジャンガダ                    無事対岸に到着

11jan2011 また白砂の浜を行く 11jan2011 ブラジルのベスト・ジャーニーbyロンプラ
また白砂の浜を行く・・・                 ブラジルのベスト・ジャーニーbyロンプラ!

11jan2011 2回目の渡し場に到着 11jan2011 対岸はカモシンの町
二度目の渡し場に到着                 対岸はカモシンの町
関連記事
スポンサーサイト



Comment 5

There are no comments yet.

てら  

No title

こんばんは、はじめまして。ブログを拝見させていただきました。
ジェリコアコアラからバヘリーニャスまで行こうと思っているのですが、結局どういうルートで行かれたのでしょうか?
もし、よければ教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

2011/03/17 (Thu) 10:00

なかっぴー  

No title

はじめまして。

ジェリコからバヘリーニャスですが、

・ジェリコ~カモシン:乗り合い4WD
 (確か日に朝一の一本だけだったと思います。サンドバギーもあるけど高い。)
・カモシン~パラナイバ:ミニバス
・パラナイバ~トゥトイア:バス
・トゥトイア~バヘリーニャス:乗り合い4WD

という感じで行けます。

いいですよ~このルート。
おそらく一日でも行けますが、バヘリーニャスに着くのがかなり遅くなると思います。
パラナイバで刻むのがよろしいかと。
時間があれば、詳しくはブログの「ブラジル」のところに書いてあるので参照していただければ幸いです。

2011/03/17 (Thu) 13:38

てら  

No title

早々のお返事ありがとうございます!
パラナイバでは1泊しようと考えております。
明日、出発予定なので大変助かりました!

2011/03/18 (Fri) 05:09

てら  

No title

こんにちは。情報ありがとうございました。
同じルートで行きまして、結局、トトゥイヤで宿泊しました。
個人的にはペロウリーニョ・ネヴェスからバヘリーニャスの道中がとてもよかったです。レンソイスは晴れていてとても綺麗ではあったのですが、なかっぴーさんが見られた魚が見られなかったのが残念でした。

2011/03/27 (Sun) 03:07

なかっぴー  

No title

こんにちは。
晴れた日のレンソイスが羨ましい!
とてもキレイだったでしょうね。
いつか見てみたいもんです。

2011/03/27 (Sun) 06:40

Leave a comment