FC2ブログ

チェンラーイ その1

2009/12/1 火

フエイサイの宿は大丈夫だろうと踏んでたのだが、やはり朝7:00に電気が使えなくなった・・・。
せっかくシャワー付きの部屋にしたのに、油断していてシャワーを浴び損ねてしまった。気合を入れれば水シャワーでいけないこともないが、ちょっと辛いので頭と足だけシャワーで流した。

隣の店で朝食を食べて9:00過ぎにチェックアウト、と言っても宿代は昨日払ってあって、レセプションには誰もいないのだが・・・。

渡し舟乗り場へは歩いて10分ほどだった。
途中の銀行でKipをバーツに両替え。
パスポートコントロールはタイからラオスに渡ってくるツーリストでごった返しているが、ラオスからタイへ抜ける人はほとんどおらず、出国手続きは瞬時に終了。


チェンコーンへの渡し舟 フエイサイにて_サイズ変更
チェンコーンへの渡し舟


船着場の手前でチケットを買って船に乗り込む。運賃は一人40B(104円)。
渡し舟は頻繁に出ていて、特に待つこともなくトントン拍子で出航し、3分ほどで対岸のチェンコーンに到着。
目の写真を撮られた後パスポートコントロールへ。ここも空いていて瞬時に終了。
ちなみに、陸路で越境すると15日の滞在許可しかもらえない。


チェンコーンへの渡し舟から フエイサイの船着場_サイズ変更
フエイサイの船着場@チェンコーンへの渡し舟から


チェンコーンへの渡し舟から 向こう岸はチェンコーン_サイズ変更
向こう岸はタイのチェンコーン


そのまま吸い込まれるようにバスステーションに行くというソンテウ(トラックの荷台を改造したミニバス)に乗り込む。
またいっぱいにならないと出発しないというオチじゃねぇだろうな?とちょっと疑ったが、パスポートコントロールにいた他の3人が乗ったところでめでたく出発。運賃は一人30B(78円)。

ソンテウで5分くらいの距離なので歩けないこともないだろうが、あまりに小さなバスステーションだったので辿り着くのに苦労したかもしれない。
チェンラーイ行きのローカルバスが10:30に出るという。
何というグッドタイミング!10分も待たずに出発だ、しかも空いてるし。


チェンラーイ行きのローカルバス_サイズ変更
チェンラーイ行きのローカルバス


驚いたことに、バスは10:30ジャストに出発。
今の時季ならエアコンなしで何の問題もない。
運賃はバスの中で支払うシステムになっていて、出発してから助手の女の子が集めに回ってきた。運賃は一人65B(169円)。
途中で乗客が乗り降りしながら進むが、助手と運転手の息がピッタリで、バス停での停車は絶妙!まさにタッチ・アンド・ゴーといった感じ。正確に言うとちゃんと止まってないのだが・・・。


ローカルバスの車内_サイズ変更
助手の女の子と運転手の息がピッタリ


道もきれいだし、とてもスムーズに2時間半でチェンラーイに到着。
チェンラーイのバスステーションは大きく、各方面行きのバスが出ている。

宿はTOURIST INNに決め打ち。バスステーションから近いので、トゥクトゥクの運ちゃんの客引きを振り切って道を聞きながら歩く。
TOURIST INNは日本人の経営するGHで、行ってみたらとてもキレイ。
やっぱ日本人の気配りは素晴らしいわ。
新館の400B(1040円)の部屋と旧館の250B(650円)の部屋を見せてもらったが、250Bの部屋で十分なので250Bの部屋に決定。
ちなみに、シャワーとトイレ共同なら180B(468円)で泊まれる。
広いレセプションではWiFiもフリーで使えるし、言うことなし。ちょっと長居しちゃおうかなぁ~という気にさせる。


TOURIST INN新館_サイズ変更
TOURIST INN新館・・・レセプションはこちらにある


TOURIST INN旧館_サイズ変更
TOURIST INN旧館


TOURIST INN 1_サイズ変更
TOURIST INN 1


12/5~7はタイの連休らしく、オーナーの話だとタイ人の大移動が起こって、メーホーンソーンなどは宿が取れない状態になるらしい。
メーホーンソーンに行ってカレン族の村を見たいと思ってたのだが急遽予定変更。チェンラーイに停滞して北部国境沿いの村を見て歩くことにする。

宿のレセプションで情報ノートなどを見てたら、宿のフアンさんのツアーはなかなか良さそうである。と思ってたら、フアンさんが声を掛けてきた。
大阪に10年住んでたらしく日本語ペラペラ。
ツアー代は、昼食と少数民族の村の入村料込みで一人1,600B(4160円)。ちと高いが(他のツアーよりは安いらしいが)、行きたいとこにいっぺんに行けるってことに気分が盛り上がり、急遽明日行くことに決定!たまにはこういうのもいいか。

夕飯はナイトバザールに食べに行った。
バスステーション横の広場にテーブルがズラリと並べられ、ステージの生演奏や踊りもタダで見られてよかった。もちろん料理は美味しいし。

それにしても、ラオスから来るとタイの街の明るいこと!
物も溢れ、どっちがいいかは別にして、生活するのに便利であるには違いない。
チェンラーイは街の規模もちょうどいいし、宿の周りは夜静か。宿も快適だし、長居にはもってこいの場所である。


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment