FC2ブログ

イースター島 ~ サンティアゴ

2010/11/28 日
またしても朝はどんよりと曇っていて時々雨も降っていたが、9:30過ぎには晴れた。ホント、イースターの天気は気まぐれだ。
日の出たところで早速、テントやフライ、シュラフといったものを乾かす。日差しが強く風もあるので、ものの1時間も干しておくとカラカラに乾いてしまう。
自転車を返し、パッキングしてガリガリ君に別れを告げる。おぼっちゃま君や他の犬とは仲良くやっているので、このままこの家でおこぼれにあずかれるといいのだけれど・・・。
隣の太ったおばちゃんだけは要注意だぞ、ガリガリ君。何度か追い払われているからわかっていると思うけど・・・。
このおばちゃん、悪い人じゃないんだけど豪快な人で、いつもガリガリ君を見つけると女子プロの悪役レスラーのように「ハァーッ!ハァーッ!」と奇声を上げてガリガリ君を追い払っていたからちょっと心配だ。
達者でな、ガリガリ君!
持ってきた食料は全部キレイに食べ尽くしたので、ザックはいつも通り18kgくらいに戻った。久々にそいつを背負って空港へ。
空港までは歩いて15分くらいなんだけれど、歩いて空港へ行くなんてのは初めて。ちょっと変な気分だな。
空港に着くと既にチェックインが始まっていたので、さっそく順番待ちの列に並ぶ。カウンターが一つしか開いておらず、自分らが止めちゃうと大迷惑だな・・・などと二人で話しつつ。
案の定、自分らの番でそれまで順調だったチェックインの流れが止まってしまった・・・すぐにもう一人が隣で対応し始めたのでひとまずホッとする。
今回のカウンターの女性はサンティアゴのバカ女とは違い、「予約がない」などと失礼なことは言わない。うだうだ言わずに頑張ってくれた。
が、とりあえず時間がかかるらしく、「そっちで待ってて」と後回しになる。
無事に島から帰れるだろうか・・・ちょっとドキドキしながら待っていると、先ほどの女性が発券したチケットを持ってきてくれた。
おぉぉ・・・これで無事にサンティアゴへ帰れる。また席がバラバラだけど、この際乗れさえすれば御の字だ。
いつもは必ず窓側の席をリクエストしている自分らだが、前回のフライトからはこんな調子で、「窓側の席で・・・」などとリクエストしている余裕はまったくない。
30分強遅れて到着した飛行機がそのままサンティアゴへ折り返す。機体は行きと同じくB767。
風の影響であろう、帰りは行きよりも30分早く4時間半でサンティアゴに到着。
時計を2時間進めると、サンティアゴに着いたのは21:00過ぎ。
この日は最初から空港泊と決めていたので、空港内のカフェで高い夜食を食べてから寝床を探す。
サンティアゴの空港は小さく、ビバークするにはあまり快適でなかった。
タイミング悪くちょうど工事中で、明け方まで工事の音が「カンッ、カンッ、カンッ」と響き渡り、うるさくてほとんど眠れなかった。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment