FC2ブログ

メンドーサ その3 南京虫騒動

2010/11/2 火
アコンカグアの南壁を見にプエンテ・デル・インカまで行こうと、ラウルに置手紙をして7:00にバス・ターミナルへ行ってみたものの、バスに乗り遅れた・・・。
7:00頃からバスがある、と昨日インフォメーションで聞いていたのでそれを鵜呑みにして行ってみたのだが、平日のバスは6:00に出ていた。
次のバスは10:30・・・プエンテ・デル・インカまではバスで3時間半ほどかかり、そんな時間に行っても意味がないので明日出直すことにした。
横着しないで昨日しっかりターミナルでバスの時間を確認しておけばよかった・・・メンドーサの滞在がまた一日延びてしまった。
チケットは明日の朝でも買えると言われたが、時間が早くて心配なので今日のうちに買っておいた。運賃は二人で片道53$A。
昨日まで色々考えて、メンドーサの後はバルデス半島へ行くことにした。前回のパタゴニア旅行では行けなかった北部のアルゼンチン側である。
せっかくターミナルまで来たので(と言っても宿から歩いてすぐなのだが・・・)、バルデス半島の根元にあるプエルト・マドリンまでの足についても確認してみた。
とても一本じゃ行けないだろうと思っていたのだが、直行バスを運行している会社が一社だけあった。運賃を確認してみると、セミ・カマなら390$A。24時間くらいかかるので思いのほか高くない・・・手持ちの現金で買えるのでその場でチケットを買うことに。これで明日以降の身の振り方は定まった。
宿に戻るとラウルも起きていた。
「バスに乗り遅れちゃったよ」などと話しながら一緒に朝食を食べる。と、「それはどうしたんだ?」とラウルが自分の首にできたじんましんを見ながら聞いてくる。
「よくわからないんだけど昨日からできてしまってとても痒い」と答えると、「おそらく南京虫だぞ!」と言う。スペイン語では「チンチェ」と言うらしい。
「ここの前はどこから来た?」と聞くので、「プエルト・イグアスとコルドバ」と答える。
「ブエノス・アイレスとか北から来るとたまにあるんだよ。おそらくバスでうつされたんだろう」
エッ!そうなの???てっきりじんましんかと思ってたんだけど・・・。
ホントによくあることのようで、ラウルの家には南京虫専用の殺虫スプレーがあった。人を泊めた後は毎回部屋も念入りにチェックしているらしい。
「さっそく部屋をチェックしよう」ということになった。「アイツら昼間は天井に潜んでるんだよ」
半信半疑のままラウルと一緒に部屋に入ると・・・ホントにいた!!!ラウルが天井に2匹ほど見つけてすぐに捕獲。
実物を見るのは初めてだ。血を吸ってプックリ膨れているためか思っていたより巨大で、体長は3mmほどある。ラウルが潰すと血で真っ赤になった。オレの血だ・・・。
ベッドのマットとシーツ、毛布は即交換。ベッド自体はラウルが念入りにチェックした結果、どうやら無事だった。
「着ているものはすぐに全部洗濯した方がいいぞ。それからバックパックはスプレーするから中身を出して持ってきて」と言うのでそのようにする。
「やっぱりいたぞ!」と言いながらラウルが階段を上がってきた。見るとザックカバーにやはりプックリ膨れた同じやつが1匹付いていた。ラウルがその場で潰すとオレの血で真っ赤。
ザックとザックカバーは中庭でラウルがスプレーしてくれた。天日で一日乾かす。
じんましんだとばかり思い込んでいたのに、まさか南京虫だったとは・・・思ってた喰い痕と違っていたから、よもや南京虫だとは夢にも思わなかった。まさかバスでうつされようとは・・・。
一番警戒していたエチオピアでは無事だったのに、まさかこんなところで喰われようとは・・・。
もしかしてシリアのときのも南京虫だったのか???症状は今回と全く同じだったから・・・。だとするとあの時の原因は宿のベッドだ、おそらくデリゾールあたりの・・・。
それにしても今回といいシリアの時といい、喰われるのは自分だけで同じ部屋で寝てたマユミは全く無傷だから不思議だ。
喰われたことがある人はわかると思うけど、南京虫にやられると一週間ほど死ぬほど痒い。痒くて夜もおちおち寝ていられない。
人の安眠を妨げる憎いヤツ・・・こんなヤツが暗い部屋で人の体にたかって血を吸っていたのかと思うとけっこう気持ち悪い。
宿のすぐ近くには大きな中央病院がある。
「痒くて大変だから病院行って診てもらった方がいいぞ。1時間くらい待つだろうけどタダで診てくれるから」とラウルが言うので、一応行ってみた。
が、受付して1時間半待っても一向に人がはけないため諦めて帰ってきた。他の順番待ちの人たちは皆具合が悪そうで、こんなことで順番待ちをしているのがアホらしく、かつ他の人たちに悪いような気がしてきたからだ。
そんなこんなで、まさに今日は南京虫に振り回されて一日が終わってしまった。
あぁぁそれにしても痒い!

(そばで見ていると非常に気の毒。まさか南京にやられていたなんて。。。南京虫を見たのは初めてで、血を吸ってぷっくりと太っていた。すぐに見分けたラウルはさすがだなぁ、と感心してしまう。夫が気の毒だな、と思いつつ、私じゃなくて良かったとホッとしている。ま、私は私で、乾燥した気候のため体がカサカサして痒いのだけど。これからはバスでも南京虫には要注意。 マユミ)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment