FC2ブログ

イグアスの滝

2010/10/28 木
昨日に続き雲ひとつない快晴!気合を入れて7:30過ぎに宿を出る。
プエルト・イグアスからイグアスの滝まではバスで30分ほどかかる。バスはターミナルから頻発していて、運賃は往復15$A。
朝のターミナルは閑散としていて、滝行きのバスに乗る人もそれほどいない。意外と滝に行く人は少ないんだなぁなどと思っていたら、公園に着いてビックリ!なんだこの人はぁぁぁ・・・!
人、人、人、人・・・既に入園ゲートには人がいっぱいで、しかも次から次からやって来る。どうやらツアーバスで来る団体客が圧倒的に多いようである。
滝はともかく人の多さにウンザリだ、イグアスの滝は。
入園料は85$Aで、公園内を走る列車の運賃も含まれている。
まずは「悪魔ののどぶえ」と呼ばれる最大の滝を見に行く。グリーン・トレイルを歩いて列車の駅まで行くと、既に鬼のような行列・・・ホント嫌になるなぁ。
暫し列車でトコトコ移動し、着いた駅から遊歩道をしばらく歩く。この遊歩道は鉄骨でできており、イグアスの滝のアルゼンチン側にはこれでもかというくらい鉄骨の遊歩道が張り巡らされている。いったい総延長はどのくらいになるのやら・・・。
遊歩道から滝の上流の川面を眺めていると、あちこちの石の上で亀が甲羅干しをしている。下流に滝があるとは思えないのどかな光景である。
さらに進むと薄っすらと前方に水煙が見えてきて、やがて「悪魔ののどぶえ」が目の前に現れる。おぉぉ・・・と言いたいところだが、自分らの正直な感想は「こんなものか」という感じ。
如何せん落差がないので緊張感に欠ける。迫力ではジンバブエのビクトリア・フォールズに百歩ほど譲る。だいたい立ち昇る水煙の量からして全然違う。
イグアスの滝というのは大小300ほどの滝の総称で、個々の滝にはそれぞれ別の名が付いている。最大の滝である「悪魔ののどぶえ」にしてこの有様だから、他の滝については推して知るべし。確かにキレイではあるが迫力には欠ける。そもそもキレイとか思ってしまう時点で迫力はないということなのだ。
おぉぉ・・・と言いたいのはむしろ夥しい人の数だ。ここまで人が押し寄せる場所というのもこれまでそうそうなかったのではあるまいか・・・。
遊歩道を戻ったところから帰りはゴムボートに乗って川を下る。のんびり川を下りながら動植物を観察するというツアーなのだが、残念ながら動物はあまり見られなかった。カイマンというワニ2匹(しかも1匹は子ワニ)と数匹の小型のサルだけ。ボートの頭上で木の枝を揺すって威嚇している(つもりの)サルの姿がとても可愛らしかった。
続いて「悪魔ののどぶえ」の下流に連なる滝群を、滝の上と下に張り巡らされた遊歩道から眺めてみる。どこへ行っても人、人、人、だ。
横一線に滝の連なる光景はキレイではあるが、落差がないのでまったくと言っていいほど迫力はない・・・。というわけで、もしこれから世界三大瀑布を見たいと思ってる人がいたら、イグアスの滝⇒ビクトリア・フォールズという順に見ることをオススメする。先にビクトリア・フォールズを見てしまうと、イグアスの滝を見たときの感動が相当薄れてしまうことになるだろうから・・・。
公園内にはアナグマがたくさんいる。けっこう人に馴れていて、人が何かを食べていると鼻をヒクヒクさせながらどこからともなく現れて近くに寄ってきたりする。愛嬌のある顔をしていて仕草も可愛らしい。サルやバブーンと違って人の食べものを強引に奪おうとはしないので、あまり身構える必要はない。もちろん食べものを与えるのは禁止である。
15:00からスピードボートに乗った。人気のアトラクションのためいつも人でいっぱいだ。僅か15分ほどで終わってしまうのだが、これは予想外に面白かった。
予想外に、と言うのは考えていたものと違ったからだ。「悪魔ののどぶえ」の本体にグッと近づいて、あくまで滝を下から間近に眺めるのが目的なのかと思っていたのだが、さにあらず。ボートで滝の下に突っ込んでずぶ濡れになるのを楽しむアトラクションだったのだ。
水しぶきで真っ白のため、「悪魔ののどぶえ」の本体にはそれほど近づけるはずもなく、手前の滝の下にボートは突っ込む。ホントに滝の真下まで突っ込む。水圧で目も開けていられない。
ここまでずぶ濡れになるとは全く予想してなかった。水しぶきでびしょ濡れになるのかなぁくらいに思っていたのだが、まさか滝自体に打たれようとは・・・。パンツから何から水浸しである。
これは単純に面白い!安くはないけど、せっかくここまで来たからには試してみて損はないと思う。
それにしても朝から夕方までホントにものすごい人だ。
濡れた服を日向で乾かしてから帰路に着く。行きと同じバスに乗り17:00頃プエルト・イグアスへ帰ってきた。
宿に荷物を置いてさっそく明日のバス・チケットを取りに行く。昨日もちょこっと探りを入れて愕然としてたんだけど、とにかくバス代が高いんだよなぁ・・・。
プエルト・イグアスからコルドバまで23時間くらいなんだけど、昨日聞いたところだとカマで397$A、約$100!もうちょっと安いはずだと思って聞きまわったが、それほど変わらず・・・。ようやく見つけたセミ・カマのバスが345$Aだった。
うぅぅむ・・・一気にメンドーサまで行っちまうかとも考えたのだが(35時間くらい)、これだとセミ・カマで590$Aもする。590$Aといったら$150近い。距離もそれなりにあるんだけど、感覚的にはスペインあたりのバスより高いのでは・・・という感じだ。
とりあえず一度コルドバで刻むことにした。

28oct2010 悪魔ののどぶえ 28oct2010 悪魔ののどぐち 落口のアップ
イグアスの滝最大の「悪魔ののどぶえ」

28oct2010 滝に群がる人たち 人垣の向こうが悪魔ののどぶえ
滝に群がる人たち・・・人垣の向こうが「悪魔ののどぶえ」

28oct2010 愛らしいアナグマ 28oct2010 人の近くまで餌をねだりにやって来る
愛らしいアナグマ・・・人の近くまで餌をねだりにやって来る

28oct2010 悪魔ののどぐち下流の滝群 28oct2010 悪魔ののどぐち下流の滝
「悪魔ののどぶえ」下流の滝群

28oct2010 滝壺に向かうスピードボート 28oct2010 ツアー終了時は皆びしょ濡れ
滝壺へ向かうスピードボート              ツアー終了後はびしょ濡れ
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment