FC2ブログ

バンビエン その1

2009/11/22 日

朝食後にチェックアウトして、レセプションでバスを待つ。
30分遅れで迎えが来たが、バスに行ってみるとすでにいっぱい。順番にゲストハウスを回っているようで、運悪く最後の方だったらしい。席はバラバラになってしまったがとりあえず乗れたので、まあよしとしよう。
満席で乗れなかった人も数名いた・・・その後どうしたことか。

一応VIP BUSと書いてあるが、足元スペースが狭くてとても窮屈だった。3時間ほどなのでしばしの辛抱。


バンビエン行きのバス1_サイズ変更
バンビエン行きのバス


10:00に出発して、13:30頃バンビエンに到着。
バスを降りて歩き出した途端にビックリ、「ここはどこか欧米の観光地か?」というくらい欧米人しか歩いてない。
小奇麗な店が並ぶいわゆる観光地って感じ。

しばらく歩くと日本語で声を掛けられた。上手い日本語を話す人だなと思ってたら、近くのChanthala G.H.で働いてる日本人だった・・・どう見てもラオスの人にしか見えないぞ!
フエでいいと聞いていたPhoubane G.H.に行ってみるつもりだったが、宿代も高くなさそうだし、これも何かの縁ということでとりあえず部屋を見てみることにした。

Wの部屋が、古いChanthala Ⅰの方だと40,000Kip(412円)、新しいⅡの方だと60,000Kip(618円)。
Ⅰの方を先に見たが、1Fだし部屋が暗いのでとりあえずパス。最近ちょっと贅沢志向になってるような気もするが・・・。
上層階の部屋がないか聞いてみると、Ⅱの方ならあるというので見てみる。ちなみに、Ⅱの方はオープンして1週間ということでとてもキレイ。部屋は広いのだがちょっと暗い。
「他のG.H.も見てみるよ」と言って去ろうとすると、「view roomもあるけど見る?」と呼び止められ、見てみると3Fの角部屋で、2面が窓のためとても明るい。おまけにテラスまで付いていて、ここでビールを飲んだら最高そうだ。
いくらかと聞くと70,000Kip(721円)、「エアコン使わないけど」と聞いたら、エアコンを使うと80,000Kip(824円)になるらしい。
予約が入ってたらしいが、14:00になっても来ないから貸してくれるという。そいつらが来たら別の部屋をあてがうってことにして。
贅沢志向をちょっと反省しつつ、のんびりするのにこの部屋は捨てがたく、決定!


Chanthala GH_サイズ変更
Chanthala GH Ⅰ


Chanthala GH Ⅱ_サイズ変更
オープンして一週間のChanthala GH Ⅱ


chanthala GH 301_サイズ変更
Chanthala GH Ⅱ 301・・・3Fの角部屋で、2面が窓のためとても明るく、おまけにテラスまで付いている


chanthala GH 301のテラスから_サイズ変更
部屋のテラスからの眺め


とりあえず二泊分払って荷物を置いて外に出る。
バンビエンは沈没者も多いようだが、最初は自分らにはそれほどのところに思えなかった。
勘違いした一部の欧米人がうるさくて不快だし、観光地観光地した街も好きになれない。何より風景が普通過ぎる・・・妙義山のような山が近く、自然が豊かと言えばそうなんだろうけど、私らにはあまりにも見慣れた風景に映るのだ。
ソン川をゴムチューブやカヌーで下るのがバンビエン名物なのだが、川幅は50mくらいで水深も浅いし、他人がやってるのを見てもイマイチ気分が盛り上がってこない。


ソン川1_サイズ変更
ソン川


考えてみると、日本にはあんなにきれいな自然があり、しかも四季折々の表情まで見られるのだから、日本人の自然に対する感覚というのはかなり洗練されているのではなかろうか。山登りなどやってると特にそうなのかもしれないが、ちょっとやそっとのものを見ても琴線に触れなくなっている。

それにしても、バンビエンの建設ラッシュはすごい。次から次にG.H.やホテルを建てているけど、もしかしてトップシーズンにはそんなに人が押し寄せてくるの?

街の中に腕を吊ったり包帯を巻いた欧米人が何人もいるから、不思議に思ってKAZUさんに聞いたら、酒飲んでバイクに乗って事故ってるだけらしい。
他人の国に来て勘違いして大騒ぎしやがって!



2009/11/23 月

のんびり起き出して、ちょっと北にある市場に行ってみる。
G.H.の林立するエリアから2km弱も行くと観光客もまばらになり、なかなかいい感じになる。


市場の前の道 ラオスはトラクターが大活躍_サイズ変更
市場の前の道にて・・・ラオスではトラクターが大活躍


市場はそれほど人で賑わうというわけでもなく、時間の流れがのんびりしていてくつろげる。
中にある食堂で食べたご飯や麺もとてもおいしかった。ちなみにここのご飯はもち米で、おこわのような感じでおいしかった。
おばちゃん特製の、とてもおいしいビニール袋入りのアイスコーヒーが2,000Kip(21円)。
G.H.付近で飲むと5,000~10,000Kip(52~103円)だけど、それでもビエンチャンあたりと比べると安い。


市場の中の食堂から_サイズ変更
市場の中の食堂にて


バンビエンは観光地観光地してるG.H.近辺でも物価はそれほど高くない。
長期滞在にはけっこう向いてるようで、私らの下の部屋の日本人は一月半も滞在してるらしい・・・まだ姿を見たことないけど。

ラオスは人も日本人に似ているが、風景も日本にそっくり。
ヤシの木とバナナの木が視界に入らなければ、日本のどこかの山村の風景と言われてもわからない。
ちなみに、今日は市場に山本KIDがいた・・・。

市場から川に下りていくと、対岸にはけっこうな岩壁がいくつもそそり立っている。
かなりのスケールだけど、当然どれも未登だろう。
G.H.付近には初心者向けのクライミングスクールを扱ってる店もあるし、これだけ観光地化してくるとそのうち登るやつが出てくるかもしれない。
ちょっと岩が脆そうだけど腕に覚えのある人はぜひ!


チューブ下りの休憩スポット1_サイズ変更
市場から川に下りる


対岸の岩壁 なかなかのスケール_サイズ変更
対岸の岩壁はなかなかのスケール


午後はG.H.付近でまった~り。
宿のテラスから見た夕焼けがすばらしかった。
市場あたりの川はなかなかきれいだったので、明日は同じ宿の一人と一緒にチューブ下りをやることにした。


アイスコーヒーとココナッツシェイク_サイズ変更
GH近くの行きつけの店で飲むアイスコーヒーとココナッツシェイク


近くのお寺_サイズ変更
近くのお寺


宿のテラスから バンビエンの夕焼け1_サイズ変更
宿のテラスから、バンビエンの夕焼け・・・国旗に示す通り、ラオスの夕日はどこでも美しい


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment