FC2ブログ

クスコ ~ プーノ

2010/9/27 月
プーノ行きのバスは朝と夕方なら頻繁に出ているらしいので、バス・ターミナルまで行って適当なバスに乗ることにした。
7:30前に宿を出てバス・ターミナルまで歩く。
昼間の通常シートのバスはかなり安い。プーノまで15sである。8:30発で時間のちょうどよかったパワー社のバスにしたが、空いてるし足元スペースも広くて快適だった。
8:30過ぎにバスは出発。途中で人を乗り降りさせながらプーノへ向かう。
クスコは雲が多くスッキリ晴れる日がほとんどなかったが、プーノへ向かうにつれてスッキリ晴れ渡ってきた。雲ひとつない真っ青な空・・・実に気分がよい。
クスコやマチュピチュの写真ではキレイな青空のものを見たことがないが、反面、ティティカカ湖の写真はどれもこれも抜けるような青空である。やはりティティカカ湖はいつもこんな天気なのだろうか・・・クスコからそれほど離れているわけでもないのに不思議だ。
バス自体は快適なのだが、バスが止まるたびに乗り込んでくる実演販売もどきの人たちがうるさい。車内に立ってデカイ声で何やら演説しながら石鹸や歯磨き粉を売る、ペルーに限らずローカルバスに乗るとよく現れるあの手合いだ。
通常気になることはなく、今日も3、4人目くらいまでは特に気にならなかったのだが、最後の兄ちゃんがいかんかった・・・甲高いキンキンした馬鹿デカイ声で延々と演説を続けるもんだから耳障りでしょうがない。途中から耳栓をしていたのだが、耳栓越しにもかなり響いてくる恐ろしい声の持ち主だった・・・。
およそ7時間、16:00前にプーノに到着。プーノもバス・ターミナルに着いた。
宿の客引き、というか斡旋業者のようなおっちゃんがいたが、宿はMANCO CAPAC INNに決めていたので、場所だけ聞いてタクシーに乗る。タクシーは市内は一律3.5sらしい。
宿はシン・バーニョのWが30s。シン・バーニョの部屋は最上階にあり、階下のコン・バーニョの部屋より日当たりがよくて明るいというちょっと変わった宿だ。空いてるし、静かで快適。
しばらくして外に出ると、アルマス広場やピノ広場の周りがなにやら賑やか。カラフルな民族衣装を着た若い子が吹奏楽に合わせて踊りながら通りを行進している。今日は何か特別な日なのか???広場の周りは車両通行止めで車が大渋滞、町中には人が溢れている。体調がイマイチ優れないのでこの人ごみはかなわん・・・。
プーノは標高が3,900m近い。18:00になるととっぷりと日も暮れ、風もあってけっこう寒い。
観光客相手の高そうな店ばかりで、ローカルは食堂はなかなか見当たらない。何故か町中にはネット屋とコピー屋、それと家具屋が目立つ。

(プーノ。以前から心惹かれる場所だった。標高3800m超にあるティティカカ湖畔の町、その湖の浮島に住む人々など、あれこれ想像するとワクワクしてしまう。以前飼っていたアヒルにも「プーノ」という名前を付けていた。いつか行きたいとずっと思っていたプーノに遂にやってきた!バスの中から見えた湖に感動。明後日はティティカカ湖の島へ行く。とても楽しみ。 マユミ)

27sep2010 町中のパレード ピノ広場にて
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment