FC2ブログ

マドリッド ~ キト

2010/7/25 日
さすが☆☆☆☆ホテル、寝心地は抜群によかった。
朝食のビュッフェも種類が豊富で、今度こそ腹いっぱい食べることができた。
部屋でのんびりして11:30のバスで空港に行くかと思ってたら、部屋の電話で告げられたところによると10:00がチェックアウト。急いでパッキングして部屋を出る。
ロビーでネットをやってから外に出ると黒山の人だかり・・・バスにこんなに乗れるのか?と思ってたら、例によって超大型のバスが2台現れて問題解決。
相変らずLAN航空のカウンターでは一度に全ての便の手続きを行っているためなにかと効率が悪い。一人一人の手続きにやたらと時間がかかるのだが、チェックインの何にそんなに時間がかかるのか首を傾げたくなる。
自分らは昨日チケットを発券してもらっていたので荷物を預けるだけかと思っていたら、どうやら席が変更になるらしい。なんと、ビジネスクラスにグレード・アップ!欠航か何かで席が足りなくなったか?
しかも席は最前列!感激である。さすが正規チケットはこういうときに強い。世界一周航空券は所謂格安航空券ではなく、航空会社が直に発券している正規チケットなのである。
受付の人の話によると、「同じ便名でグアヤキル行きとキト行きがあるからモニターを確認して間違わないように」とのことだったが、そんなことってあるの?と半信半疑でいたら、しばらくしてモニターに搭乗ゲートが掲示された。確かに同時刻、同じ便名だけど行き先と搭乗ゲートが異なっている・・・経験からして、南米の航空会社はちゃらんぽらんなようでいてこういうウルトラCを平然とやってのけるから、と納得。
チェックインの手続きは遅いくせに、搭乗ゲートをアナウンスするのも遅いくせに、最後になって人を急かさせるのもいつも同じ・・・搭乗ゲートは今いるターミナルではなくサテライトのターミナルにあるらしい。表示板には23分と書かれている・・・おいおい、移動にそんなに時間がかかるのかよ!
別の搭乗ゲートを目指している人も皆小走り・・・エスカレーターを上り下りし、列車でサテライト・ターミナルに移動。「そう言えばイミグレを通ってねーぞ」と思ってたら、小走りしている先に現れた。ほぼ小走りのままイミグレを通過、何の確認もなくスタンプを押すだけなのであっという間だ。こんなことでいいのだろうか???23分の内訳のうちイミグレの通過はたった5分と見積もっているようである。
ようやく搭乗ゲートに着いたら実は飛行機が遅れている、というオチも毎度のことである。
自分らのゲート以外にも、周りのゲートのほぼ全てが混乱状態で、どのゲートもカウンターの周りに人だかりができている。
で、どういう経緯かは知らないが、結局グアヤキル行きとキト行きは同じ飛行機になったようである。一度途中の空港に降りてから最終目的地に向かう、というのは南米の路線ではよくある話だ。
1時間半遅れの15:30に無事離陸。機体はB767である。
自慢じゃないが生まれて初めてのビジネスクラス、しかも最前列・・・感激した。シートが完全に水平になるとは知らなかった(マユミの席はシートが壊れていて完全に水平にはならなかったが・・・)。
離陸前にシャンパンは出てくるし、機内食も(元々LANの機内食は評判がいいが)とても旨かった。
「同じ目的地に行くのに何でわざわざ高い金払ってビジネスなんかに乗るんだ?」と今日まで思ってきたが、考えを改めねばならんかもしれん。と言っても、自分で差額を払ってまで乗るかと言われたら乗らないけどねぇ~。
金が唸るほどあるのなら、ビジネスに乗るのは頷ける。目的地に着いたときの疲労感がまるで違う。
マドリッドを発ったのは15:30であるが、地球の自転と逆方向にひたすら飛び続けるので、およそ10時間後にキトに着くまで日は沈まない。
キトに着いたのはヨーロッパ時間の1:30。キトとの時差は7時間なので、キトはまだ前日の18:30である。日本との時差は14時間になった。
赤道直下のため日も短い。キトに着陸したときちょうど日没時でまだ薄ら明るかったが、19:00過ぎに空港の外に出たときは既に真っ暗だった。
赤道直下であるが、キトは標高が2,800mもあるのでけっこう寒い。小さな空港であるが、外には大勢の出迎えの人がいて活気があった。
空港から旧市街へはプリペイド・タクシーで$12。普通の黄色いタクシーなら$8~9で行けると教えてくれたが、「こっちの方が安全、確実」という言葉に流された。
向かった宿はスクレ。タクシーの運ちゃんはとても人の良いおっちゃんで、車をとめた後歩いて宿まで案内してくれた。
そのまま宿代も聞かずにチェックイン(おそらく一人$3)。
久々の所謂安宿、やっぱこれだよ、これ。自分らにはヨーロッパより性に合っている。人といい、街や宿の雰囲気といい、久々に「帰ってきたー」という気になった。もちろんキトに来るのは初めてだけれど、この匂いはインドやアフリカに通ずるものがある。

25jul2010 大西洋に出る ポルトガルの大西洋岸 25jul2010 宿の屋上から 満月
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment