FC2ブログ

リスボア、再び

2010/7/22 木
今日のリスボンは既に秋の様相だ。昼間の日差しは相変らず強いが、風が冷たく実に爽快。思うにこの辺りは季節の移ろいが早く、最も暑いのは6月から7月にかけての頃なのかもしれない。
今いる宿は安宿だが一等地にある。部屋の窓から、宿の前にある広場を見下ろすと実に気分がいい。広場に出されたテーブルとイスに座ってじいちゃん、ばあちゃんたちが談笑している。リスボンのこんなほのぼのとした光景が好きだ。
今日はリスボンの街で一日のんびりした。
ツーリスト向けの割高なレスタウランテが建ち並ぶ中、ようやく一軒だけ地元のおっちゃんたちで賑わう食堂を発見!昼時に久々の外食をしてみたら、肉も魚も大変美味だった。ポルトガルは豚肉もよく食べるようである。やっぱ豚肉は旨い!ムスリム圏では豚を食べないから、豚肉にありつけたのは実にケニアのナイロビ以来だ。
木漏れ日のキレイな並木道のベンチに座っているだけですごくリラックスできる。物思いに耽るのもよし、道行く人や車をただボーっと眺めているのもよし。一日中座っていても飽きることはない。
リスボン、いやポルトガルはほのぼのとしていて実に過ごしやすく、ちょっと去り難い気分にさせてくれる。今回ヨーロッパはほんのちょっとしか回れなかったけど、一番のお気に入りだ。次回、またのんびりと回ってみたいものである。
ヨーロッパでは長期旅行者にまったく出会わず、どこかで手に入るだろうと思っていた南米のガイドブックも結局手に入らなかった。マドリッドで誰か交換してくれないかなぁ・・・。

22jul2010 宿の窓から 22jul2010 久々の外食

22jul2010 木漏れ日の気持ちいい並木道
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment