FC2ブログ

イグメニッツァ ~ バーリ

2010/7/3 土
フェリーでイグメニッツァからイタリアのバーリへ渡る。ギリシア出国時もイタリア入国時もパスポートのチェックすらなく、本当に一国内を移動しているかのようだ。通貨も同じユーロだしまったく楽チン。その反面ちょっと寂しい気もする。今自分がどこの国にいるのかわからなくなりそうだ。
ギリシアはバスも鉄道も時間に正確であったが、さすがにフェリーはそういうわけにはいかなかった・・・。
昨日チケットを買ったとき7:30までに港に来いと言われたので行ってみたが、ようやくフェリーが姿を現したのは10:00過ぎ。自分らの乗るフェリーだけでなく他のフェリーも軒並み遅れた。
で、フェリーから車を降ろすのにそれから1時間半・・・フェリーはイグメニッツァとバーリの間を往復している船なんだけど、バーリで積んだトレーラーが出てくるわ、出てくるわ・・・ようやく乗船できたのは11:30過ぎだった。
それからさらにバーリへ渡るトレーラーや自家用車を積み込んで12:30にようやく出航と相成った。4時間半の遅れ・・・一体何時にバーリに着くことやら。
ギリシアからイタリアへは渡る車も人も少なく船内の駐車スペースはガラガラ、到着したときは3階のデッキまでトレーラーがすし詰めだったが、今は2階も3階も空っぽである。車なしで人だけで渡ろうとしているのは自分ら二人と一人のイタリア人青年の計3人だけだった。
エーゲ海の島々に向かうフェリーは鬼混みであると船内TVのニュースでやっていたが、ここはまったく無縁のようである。
イオニア海からアドリア海に入ることになるわけだけど、どちらも水がとてもキレイ。澄んだディープ・ブルーの海が延々と広がる。それほど海に縁があるわけじゃないけど、こんなに青い海を見るのは初めてのような気がする。
出航が遅れた所為でW杯を二試合とも船内のTVで見ることができた。今回のW杯は、時差のない場所にいることもあって二次リーグ以降はほとんど全試合観戦してたりするのだけれど、ヨーロッパの人たちは見てないねぇ・・・アフリカや中東ではあんなに盛り上がってたのに、トルコ以降はTVを見てる人すらあまりいない。
このフェリーの乗客はほとんど全員イタリア人なんだけど、ドイツ戦の時なんか最初よくわからんドラマを見てたから・・・「W杯を見せてくれ」と頼んだら、ようやく「おぉおぉ、そんなのもやってたなぁ」という具合にチャンネルを替えてくれた。他の乗客もTVにW杯が写ると、ようやく「そう言えばそうだよ」みたいな感じで見始めたくらいだ。
で、試合の方はドイツがやってくれました。4-0でアルゼンチンに快勝!ドイツを応援する身としては嬉しい限りだ。開幕直前にバラックが故障で出場できなくなったときはどうなることかと思ったけど、けっこうイケテルかもしれない。
ちょうど南アフリカを訪問中だったのか、メルケル首相もスタジアムに来ていてしきりにTVに写っていた。そう言えば昔、確かドイツが優勝した'90年だったか、時のコール首相がW杯を観戦していてサミットに遅刻してきた時があったっけ・・・。
ちょうど21:30頃に日が沈む。水平線に沈む夕日というのを久しぶりに見た気がする。
フェリーが遅れたおかげで次のスペイン戦まで余裕で最後まで見ることができてしまった・・・。
船がバーリの港に入って接岸したのは日が改まった0:30だった。既に心は港でビバークすることに決まっていた。イグメニッツァのターミナル・ビルが一晩中開いていたので軽く考えていたのだが、甘かった・・・。
バーリに着いたときは同じ船でイグメニッツァに渡る大勢の人たちが待合室にいて賑やかで、当然ターミナル・ビルも開いていたのだが、その人たちが乗船のため出て行ってしまうと急に閑散としてしまった・・・何か嫌な予感。案の定、寝床を物色していると、「建物閉めるから」という禁断の一声が・・・えぇぇ、閉まっちゃうの???
仕方なく外に出て、事前にチェックしておいた大きな屋根の下にベンチの並ぶスポットに移動。他に人はいない。その向こうには乗船手続きをする大勢の人たちと係官がいる。その人たちを尻目にベンチの一つに陣取って様子を伺う。こうなると完全に不審者だ。この場所も一晩中いられる保障はない・・・あぁぁここがインドならこんなスペースには床一面に人が寝ているところなのに・・・。
一匹の野良犬がいて、どうやらここは彼のテリトリーのようで遠巻きにワンワン吠えられながらうとうとしていると、いつの間にかフェリーはいなくなっていた。搭乗ゲートにまだ係官の姿は見えるが、どうやら追い出されることはなさそうだ。ようやく安心して寝に入る。けっこう冷えて、途中でザックからシュラフ・カバーを出して包まった。
もう完全に不審者だ。あぁぁどうしてターミナル・ビルを開けといてくれないの~。まさかイタリア入国初日がこんな形になるとは・・・。

3jul2010 イグメニッツァ港にいた犬 3jul2010 ようやくイグメニッツァ港に入港してきたバーリ行きのフェリー

3jul2010 青い海 3jul2010 アドリア海の夕日
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment