FC2ブログ

ニャチャン その2

2009/11/14 土

5:00に起きてビーチに日の出を見に行く。
ベトナムの人は朝が早く、既に薄暗いビーチは信じられないほどたくさんの地元の人でごった返していた。歩く人、走る人、体操する人、バドミントンをやる人など様々で、老若男女を問わない。
サイゴン川沿いもそうだったけど実に健康的である。そして信じられないくらい早くから仕事に行く。
日の出自体は、ビーチから見ると島の山陰から昇る形になるのでたいしたことなかった。

朝食に出たついでに明日のホイアン行きのバスの席を予約。
朝食の後は例によってビーチで一日のんびり。昼間の暑い時間帯のビーチに地元の人はおらず、観光客がパラパラいる程度。
昨日日に焼けた胸や足がヒリヒリして大変なことになっているので、今日は海にも入らずおとなしく日陰で読書に耽った。

ベッドに横になっていると色々な物売りが現れる。
ジュースやタバコ、フルーツを売る人、でっかい煎餅を売る人、魚介類と炭火を持ち歩いてその場で焼いてくれる人、絵を売る人やマッサージの人、しまいには本屋まで現れた。
ビーチで煎餅は食わんだろうと思うのだが・・・しかもとてつもなくデカイ煎餅だ。昨日今日と売れたとこを見たことがない。何か別のものを売った方がいいのでは・・・。

いつも午後になると風が吹き出すのだが、今日は風が強くて日陰にいると肌寒いくらいだった。
海外に出て欧米人を見て感心するのはよく本を読むことだ。老若男女を問わずビーチでも移動の空き時間でもホントによく読んでいる。
自分らも本は読む方だと思うのだが、最近日本人は本を読まなくなったから、欧米人と読書量を比較するとかなりの差があるような気がする。
繊細な日本人には理解し難いが、海から上がってすぐびしょ濡れの手でいきなり読み出したりするから、どいつもこいつも持ってる本はボロボロだけど・・・。

朝のビーチ2_サイズ変更
朝のビーチ・・・ベトナム人の朝は早い

ビーチで炭火を使って海老や貝を焼くおばちゃん_サイズ変更
ビーチで炭火を使って海老や貝を焼いて売り歩くおばちゃん
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment