FC2ブログ

ニャチャン その1

2009/11/12 木

移動の一日。
まだ本調子じゃない状態で10時間以上のバスはさすがにきつかった。食べられないのがつらい。

チェックアウトしてシンカフェの前でバスを待っていると、7:15ジャストにバスが到着する。荷物の積み込みもスムーズで予定通り7:30過ぎに出発、これには正直驚いた。これもシンカフェのなせる業か?それほど大きなバスじゃないが何も問題なし。水とお絞りもサービス。


ニャチャン行きのシンカフェバス_サイズ変更
ニャチャン行きのシンカフェバス


バスはハノイまで続く1号線をひたすら北上するが、これは沢木耕太郎の「一号線を北上せよ」の舞台となったルートである。
12:30頃ムイネーに着く。意外なことにムイネーで降りる人が多かった。ムイネーはお洒落な店やホテルが林立したいわゆる高級ビーチリゾートだ。
30分ほど休憩があったのでバスの止まったシンカフェ系のレストランに入る。
オレンジジュースが30,000VND(149円)もするだけあって、トイレがすごくキレイだった。
もともと食欲がないんだけど、そうじゃなくても貧乏パッカーはこんなとこで食べる気はしないだろう。

道はムイネーの手前から海岸線に出る。山も近く、お墓の点在する草原や水田など景色が変化に富んでいて飽きない。
ちなみに、ベトナムのお墓はパステルカラーでとてもかわいらしい。
花崗岩なのかポコポコと岩の露出した山が多く、日本の小川山かミズガキあたりのよう。巨岩もゴロゴロしてるので、やる気になればボルダリングもできそうだ。


バスの車窓から 花崗岩と思しき岩が露出した山_サイズ変更
ニャチャン行きバスの車窓から・・・花崗岩がポコポコ


2回目の給油ポイント_サイズ変更
2回目の給油


完全に暗くなった18:00頃、ニャチャンのシンカフェ前に到着。
シンカフェと提携してるホテルが隣接しているが、何となく高そうに見えたので他を当たろうとザックを背負って歩き出すと、アオザイを着たホテルの女の子に声をかけられた。
念のため一泊いくらか聞くと$10と言う。ビーチリゾートでサイゴンより幾分高いと踏んでたので意外だった。
しかも、ここもWiFiが無料で使えると言う。とりあえず部屋を見せてもらうと、案内されたのは3階の角部屋。今は暗くてよくわからんが、こりゃきっとオーシャンビューの部屋だぞ。しかも部屋が広くて2面が窓、ドアも半分ガラスだからきっと明るい部屋だ。ガラス窓には全て鉄格子も付いてる。エアコン、TV、冷蔵庫、温水シャワー、鏡台にテーブルとイスまでついて、これでホントに$10でいいんすか?
多分これまでで最高の部屋だ。もう一度$10であることを確認して即決!ここで休養して英気を養おう。

今日は一日モンキーバナナしか食べておらず、これではさすがにもたんだろうということで、あまり食欲はないが夕飯を食べに外に出る。
さすがにリゾート地だけあって小洒落た店ばかりだが、ちょっと歩いたところに地元の人しかいないフォーの店を発見!入ってみた。ベトナムに来てまだフォーを食べてなかったが、これならあっさりしていて食べられる。とてもおいしくてあっさり完食。



2009/11/13 金

体調回復!
朝のんびり起きて外を見るとやはり海が見える。道路を挟んですぐビーチだ。


62 TRAN PHU HOTEL 307_サイズ変更
62 TRAN PHU HOTEL 307


62 TRAN PHU HOTEL 中庭から 3Fの一番端が307_サイズ変更
中庭から、3Fの一番端が307


朝食を食べた後は一日ビーチでのんびり。ビーチベッドを借りて茅葺のパラソルの下で涼んだり、読書したり、時々泳いだり。
広いビーチだからか、はたまた時季的なものか、人もまばらで過ごしやすい。
思えば海水浴なんて13年振りくらいだろうか、山ばかり行ってたから。海外のビーチなんてもちろんはじめてである。
思いのほか快適なのでニャチャンの滞在を一日延ばすことにした。


ニャチャンのビーチ1_サイズ変更
ニャチャンのビーチ


ニャチャンのビーチ6_サイズ変更
空いてるし、のんびりするのになかなかグッド!


ニャチャンのビーチ5_サイズ変更


62 TRAN PHU HOTEL入り口_サイズ変更
ビーチから道路を渡るとすぐホテル


関連記事
スポンサーサイト



Comment 2

There are no comments yet.

おぎ  

No title

私もフォー大好きです。
バンクーバーに来て、知った味ですが、こちらは移民が多いので本場ベトナムのフォーが味わえます。。。
あの、スープがなんともいえない。。。

2010/01/17 (Sun) 13:09

マユミ  

No title

ベトナムからの移民が多いなんて知らなかった。本場のフォーが味わえていいね。
こちらは今は毎日カレー。おいしいから飽きないし、熱々のチャパティも美味!
日本だとインド料理高いからねー。バンクーバーにもインド料理あるかな?

2010/01/18 (Mon) 19:35

Leave a comment