FC2ブログ

キリマンジャロ登山 Day3

2010/3/29 月

Mt. Kilimanjaro Day 3

今朝も朝焼けがとてもキレイだった。
体調もいい。


P1020602_サイズ変更


P1020604_サイズ変更
ホロンボ・ハットの朝


P1020603_サイズ変更
モルゲンロートに染まるキリマンジャロ


洗面器のお湯で顔を洗い(こんなの必要ないのだけれど、せっかくなので)、7:30から朝食。
メニューは昨日と同じだが、食欲があるので今朝は美味しくいただく。

6日間の計画で山に入っているシンタロー君&リョーコさんの二人とは今日から別行動。
二人は高所順化のためもう一日ホロンボ・ハットに留まる。


P1020606_サイズ変更


ガイドのエリアス、アシスタント・ガイドのジョセフと一緒に8:20に出発。
三日目の今日もホロンボ・ハットから4,700mのキボ・ハットまで高度を一気に1,000m上げる。

ダラダラした登りをポレポレ歩く。
しばらく歩くとラスト・ウォーター・ポイントに差し掛かり、白いベールに包まれていたキボ峰が姿を現す。
おぉぉ・・・よく見かけるキリマンジャロの写真はおそらくこの辺りから撮影したものだろう。
雪をかぶって真っ白である。


P1020608_サイズ変更


P1020609_サイズ変更


P1020611_サイズ変更
ガイドのエリアス(左)、アシスタント・ガイドのジョセフ(右)


さらに進むと背の高い植物は姿を消し、アルパイン・デザートと呼ばれる赤い土と岩の世界になる。
キボ・ハットはキボ峰の登りに差し掛かる手前の山裾にあり、そこまで一本の道が延々と続いている。
要するにキボ・ハットまでは単なるアプローチに過ぎないのだ。


P1020613_サイズ変更


IMGP0928_サイズ変更


P1020614_サイズ変更


P1020615_サイズ変更


アルパイン・デザートにもネズミやカラスがいる。
ネズミはともかくカラスはスゲーなぁ・・・一体何を食べてその巨体を維持しているんだろうか?

13:45にキボ・ハット着。
さすがにこれまでの小屋と違い大部屋になっている。
案内された部屋には12人分のベッドがあったが、結局この日泊まったのは自分ら二人と後から到着した例のアメリカ人のオバちゃんだけだ。


IMGP0930_サイズ変更
キボ・ハット


IMGP0929_サイズ変更
中はこんな感じ


オバちゃんの巨大な防水バッグを見てビックリ。
一体どこに遠征する気なんだ?
もちろん担いできたのはポーターなんだけれど、こういう人のポーターになると大変だろうなぁ。
オバちゃん自身は水もカッパもガイドに預け、歩いているときは手ぶらである。
巨大な防水バッグの中からごく普通の毛布が出てきたときにはさすがに目が点になった。

オバちゃんのガイドがまた実に明るくてヨイショが上手い。

「あら~マイ・フレンド、調子はいかがかしらぁ~」
「実はあなたたちの写真も撮ったのよん、ほら見て見て~」

と、オカマのような口調で自分らにもフレンドリーに話しかけてくれるのだが、こういうガイドにヨイショされてオバちゃんは気分がよくなっちゃうんだろうなぁ・・・。
それにしてもテンション高いな、このガイド。

温かい飲み物とポップコーンで体を温めた後は、夕飯までシュラフに包まってひたすら体を休める。

17:30頃夕飯が運ばれてくる。
本日の夕飯はスープに始まり、野菜たっぷりのミートソース・スパゲッティとフルーツのデザート。
高度に応じてちゃんとメニューも考えてあるようだ。素晴らしい。
とても美味しくて完食してしまった。体調も万全だ。


IMGP0932_サイズ変更
3日目の夕食


食後にコーヒーを飲んでいると、「アスピリンがあったら分けてもらえないだろうか」とオバちゃんのガイドが丁寧に尋ねてきた。
どうやらオバちゃんが頭痛らしい。
オバちゃん曰く、「アスピリンないかしら、忘れてきちゃったのよねぇ」・・・なんだ、その偉そうな態度は!
あいにく自分らはアスピリンを持っていなかったが、おそらく持っていてもお前にはやらんだろう。

夕食後もシュラフに包まってソッコー寝る。
今日もダイアモックスを一錠服用。

23:00頃トイレに行くと、外は無風快晴で星がキレイだった。
ほぼ満月でヘッドランプが不要なほど明るい。


(高所に来て、多少の息切れとちょっとおなかの調子が悪いくらいで、体調は悪くない。今日は4700mまで上がると思うと少し緊張する。ゆっくり歩いているにも関わらず、4100mを超えたあたりから呼吸が苦しくなりペースも遅くなる。キボハットへの最後の登りを何度か止まってようやく登りきる。ああ苦しい。目の前には明日昇る急坂が見える。今ここにいるだけでも苦しいのに、あんな坂が登れるのだろうか。でも食欲はあるので、スパゲティの夕食をおいしくいただいた。食後は横になったが、横になると息苦しい。トイレに行くにも息切れ。それでも2時間ほどはぐっすり眠れた。さあ、いよいよアタック! マユミ)


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment