FC2ブログ

毛虫の糞キャッチャー

この前雨が降ったのはいつだったか?
伊那谷の中ではもうしばらく雨が降っておらず、からっからの状態です。
おかげでこれまでのところ草があまり伸びず、蚊もいないのはありがたいことなんですが、同様に庭の木々もあまり元気がありません。
そしてこれはおそらく雨とは関係ないですが、今年は毛虫が大発生・・・。

カメハウスに入れておいたハヤの稚魚が昨秋トノサマガエルに襲撃されて全滅してしまったので、春先のカメハウスにはボウフラがうようよしてました。
これをなんとかしないとマズイということで、5月2日に金魚(小赤)を6匹買ってきました。2~3cmくらいのまだ小さいやつです。
金ちゃんたちは期待通りボウフラを片っ端から食べてくれ、6匹とも元気いっぱいにやってました。
ところが・・・。

5月の中旬頃から毛虫が大量に発生しているのを目にするようになりました。
マイマイガの幼虫ですね、調べてみると。
強力な毒針を持っているわけではなさそうなので、別段気にも留めずいつもの通り放っておきました。せいぜい幼木の葉っぱを食べているのを取り除いたくらい。

あるときふとカメハウスを見ると、水がいやに黒く濁っている。
雨はしばらく降ってないがときどき井戸水を給水しているので、水はそれほど減っていない。
なぜ・・・?

水が黒く濁っていることに気付いてすぐ、そういえば金ちゃんたちの姿が見えないなぁということに気付きました。それが6月に入ってから。
その日から樋に溜まった毛虫の糞を掃除し始めましたが・・・後の祭り。
どうやら金ちゃんは全滅してしまったらしい。おそらく毛虫の糞が大量に入ったことで水の中が酸欠になって。

死骸が一匹も見当たらないのはおそらくカメが食べてしまったから。
もしかしたら死ぬ前に、弱って動けなくなった段階でカメに食べられてしまったかもしれない。

いずれにしても後の祭り。
ボウフラ対策で入れておいた金ちゃんが・・・。

ここですぐに金ちゃんやハヤを新たに投入しても、同じことの繰り返しになってしまうのは火を見るより明らか。
毛虫はまだしばらくいるので、まずは彼らの糞が水の中に入らないようなんとかしないといけない。

そこで!水道用VPパイプと網戸の網を使って毛虫の糞キャッチャーを作り、カメハウスの上に設置しました。


P1280189_サイズ変更
カメハウスの横にあるクルミの木。
この木にも毛虫がたくさんいて、上から毛虫の糞がパラパラと降ってきます。


P1280191_サイズ変更
毛虫の食欲は凄まじく、「コツン、コツン」とガレージの屋根に糞が降り注ぎます。
一部がコロコロ転がって樋に入るのですが、これが一日分。


P1280200_サイズ変更
集めるとこんな感じ。
大きさといい色といい、まるで金魚のエサみたいなんですがさにあらず。
土の上に落ちたものはいい肥料になると思いますが、池の中に大量に入るのは困ります。


P1280196_サイズ変更
糞の主はこの方たち。
そろそろさなぎになる場所でも探しているのか、夕方になると樋の末端に集まってきます。


P1280199_サイズ変更
これだけ集まるとさすがに気持ち悪い。


P1280203_サイズ変更
樋に入った糞はまぁ掃除すればいいだけのことなんですが、池にダイレクトに入ってしまう糞はどうしようもない。
これを防ぐために糞キャッチャーを設置。


P1280204_サイズ変更
設置しているそばから網の上に糞がコロコロ溜まっていく・・・。
これでは金ちゃんが死んでしまうわけだ。


IMGP7453_サイズ変更
そのときカメは・・・ボードの上でストレッチ中。
カメは肺で呼吸してるんで大丈夫みたいです。むしろ金魚を6匹も食べられてラッキーだったかも。
ただ、汚れた水を嫌って飲まなくなると脱水症状に陥ってしまうので、まだしばらく毎日10Lほど井戸水を給水してやります。

これでしばらく様子を見ます。
今週末にようやくまとまった雨が降りそうなので、水質が改善されたらまた金ちゃんか、ハヤが捕れればハヤを放すつもりです。

ときに、糞キャッチャーの作りは簡単で、水道用VPパイプとエルボーでフレームを組み(VP13を使用、網の大きさに合わせてパイプをカット)、これに網戸の網(26メッシュを使用)を釣り糸で縛りつけただけ。


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment