FC2ブログ

カイロ その2

2010/5/28 金
今日は朝からスッキリと晴れ渡った。バスでギザのピラミッドを見に行く。
ギザ行き357番バスの乗り場というのがイマイチわかりづらい。4人のおっちゃんに聞いてようやく判明したのだが、広場のバス乗り場からちょっと離れた路上にバス停がある。
今日は金曜日。休日のため普段より道路が空いており、30分もかからずにギザのピラミッドに到着した。
ピラミッドの周辺は有料になっていて(もちろんエリアの外から眺めるだけならタダだが)、入場料は学割で一人30EP。
実物を見るのはもちろん初めてだが、不思議と感動はない。写真や映像で何度も見ている所為だろうか?大きさといい形といいまったく思っていた通りなのだ。「あぁ、やっぱりこんな感じかぁ・・・」と勝手に自分の中で納得する。
ピラミッドを見ていると無性に登りたくなってくる。時々登る人もいるのだろう、三大ピラミッドにはどれも「No Climbing」と書かれている。夜明け前の暗いうちにこっそり忍び込んで登る、という話も聞いたことがある。もちろん見つかったら大変なことになるのだろうが・・・。
それにしても朝からすごい人だ。大型バスで押し寄せる各国の団体旅行客でごった返している。
「三大ピラミッドとスフィンクスはかなり離れている」、などとガイドブックには書いてあるが、歩いてすぐだ。
「広いからとても歩いちゃ回れない」、などとエジプト人は皆言うが、三大ピラミッドとスフィンクス、それにパノラマ・ポイントまで行くだけなら歩きで十分だ。
もっともほとんどの人は中までバスやタクシーで来てるから、パノラマポイントまで歩くなんて人は他にいなかったが・・・。日差しは強烈だけど、時々吹く風は(決して不快な熱風ではなく)ひんやりしていて気持ちがいい。十分に許容範囲の暑さで、歩くのもまったく苦にならない。
ピラミッドの近くではラクダ引きがうるさい。金額の問題ではなく、単純に乗らないと言っておろーが・・・。こんなとこでラクダに乗っても面白くもなんともないでしょーに。
カフラー王のピラミッドは頂上部分に化粧岩がそのまま残っている。かつてはクフ王のピラミッドも表面は全てこのような化粧岩で覆われていたらしいが、全部盗まれたらしい・・・。盗むってアンタ・・・そりゃ盗む方もすげーな。解体して持ち運ぶだけでも大変な作業だよ。
クフ王のピラミッドの直下には「太陽の船博物館」ってのが建ってるんだけど、完全に景観を乱している・・・。こんなのピラミッドの直下に建てる必要があるわけ???
それからピラミッドに限らず、エジプトの遺跡はどこでも夜になると「音と光のショー」なるものが催され、そのための照明なんかが遺跡に設置してあったりするのだが、果たしてこんなものも必要なのか甚だ疑問である。ちょっとやりすぎなのでは???いい稼ぎになるんだろうけど・・・。

28may2010 スフィンクス 28may2010 クフ王のピラミッド

28may2010 No Climbing 28may2010 ピラミッドに群がる人

28may2010 ギザから望むカイロ市街 28may2010 パノラマポイントから 三大ピラミッド
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment