FC2ブログ

大きすぎる鹿

鹿ってこんなに大きくなるのか・・・と、最初に見たとき思ったのがこの鹿(10月4日捕獲)↓

IMGP3331_サイズ変更
推定80kgオーバーの牡鹿、年齢は5歳以上。完全に人が乗れる大きさ。

山の主だったのではないでしょうか。
鹿に限らずですが、大きいものには畏敬の念を抱きます。

大きな鹿というのはどこに一番すごさが現れるかと言うと・・・首まわりです。首の肉がとにかくすごい!
それから頭と足。こんなに大きいのは初めて見ました。
大きな頭と角を支えるために、首にはそれはもう並々ならぬ筋肉がついてます。並みの鹿とは構造が違うのではないかと思えるような肉のつき方です。

IMGP3323_サイズ変更
あまりに大きくて、横たえると室内がほぼいっぱいに。

ロースが一本1.8kgもあり、大きすぎるので二つに分割してパックしました。
取れた肉は全部あわせて37kg!
脂がたっぷりついていたわけですが、それをきれいに削ぎ落とし、赤身だけで37kgもありました。いやーすごい。

ちなみに、一番よく捕れる鹿というのは30~35kgくらいのものです。
下のものは10月14日に捕れたものですが、このくらいあるとまあまあ大きいほうということになる。

IMGP3481_サイズ変更
45kgくらいの牡鹿。このサイズで、取れた肉があわせて21kgほど。

今までに解体した中でもっとも小さかったものとなると、こんなバンビがいました↓

IMGP2502_サイズ変更
腹抜き後の体重が11kg、取れた肉が全部あわせて3.5kg。
あまりに小さくはかなくて、かわいそうに思えてしまいますが、罠にかかってしまったものはしようがない。より心を込めて丁寧に解体しました。

IMGP2504_サイズ変更
皮が柔らかくてきれいなのでもらって帰りました。
とりあえず塩漬けにしたまま、まだ処理できてませんが・・・。

さて、冒頭の大きすぎる鹿ですが、蹄も大きく見事できれいだったので、角と一緒にもらって帰ったのですが・・・ひとまず余分な肉を落とそうと庭に転がしておいたら、何日かしてタヌキかキツネかテンあたりに持ち去られてしまいました(涙)。
もちろんそれらの来襲を想定して、足の上に倒したクルミの木を積み上げておいたのですが、見事に崩されて四つとも持ち去られてしまいました・・・。
蹄の部分は食べないのだろうから、そこだけ返してくれんかな。隣の藪にでも転がってないかしら・・・冬に藪を整備するとき確認してみるとしよう。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment