FC2ブログ

佐賀まで自転車を取りに行く その10 最終日

【10日目】
2019/4/1 月
雨のち晴れのち雪のち晴れ
始:7:30 ~ 終:15:00 走行:238km
(道の駅水鳥公園)0730 ~さざなみ街道~R8~ (長浜) ~県37~R365~ (関ヶ原) ~R21~ (岐阜) ~ (各務原) ~ (美濃加茂) ~ (土岐) ~R19~ (恵那) ~ (中津川) ~ (妻籠) ~R256~ (清内路トンネル) ~ (阿智) ~R153~ (飯田) ~ (松川) ~ 1500(清流苑) ~ (自宅)

朝になっても雨。
昨晩から断続的に続いていて、ときどき強く降る。

さざなみ街道をしばらく走ってからR8に出る。
長浜で県37に折れ、R365に出て関ヶ原へ。一月前に自転車で走ったのと同じルートを辿る。
R365は自転車で走ると怖い思いをするデスロードだが、当然ながら車で走ればそんなことはまったくわからない。

関ヶ原を越えると、急に晴れた。
青空が眩しい。

伊吹山地の影響だろうか、それほど険しい山が連なっているわけでもないのだが、関ヶ原の付近というのはこんなことがよくある。
それまで晴れていたのに関ヶ原の付近だけ急に雨が降っていたり雪が降っていたり、というのも珍しくない。

関ヶ原を過ぎたら、あとはひたすら中仙道を行く。
自転車で走ると迂回路を探すのに苦労するバイパスも、車で走れば高速道路のようなもの。
何の面白味もないけど移動するのは楽だ。
まさに絵に描いたような車中心の社会ですね、中京圏のここらは。

恵那に向かっているときだったろうか、新元号の発表をラジオで聞いた。
確かNHKのアナウンサーは第一声では「めいわ」と言っていた。命令の命に昭和の和と・・・。
頭の中で「命和」と描いて、すごい違和感を覚えた。「命」という字に何か特別な意味でもあるのか・・・と。
すぐに命令の令に昭和の和で「令和」と訂正されて、なんだそれならと妙に納得してしまった。
実のところ「令」という字にしても、「命令」以外で使うことなどまずない字であるから意味などわからないのだが、「命和」に比べれば「令和」のほうがずっとしっくりくる。

中津川を過ぎ、木曽路に入ると雪になった。
ぼたん雪がドカドカ降り始めたのでちょっと心配したが、無事に清内路トンネルを越えられた。
伊那谷側は明るい。しばらく下ると雪もやんで青空になった。
今日は天気が目まぐるしく変わった。

松川の清流苑に直行して、のんびり湯につかってから帰宅した。
琵琶湖の北端近くから238km・・・ずいぶん近く感じる。

P1270785_サイズ変更
翌朝・・・夜のうちに雪が降ったらしい。

P1270787_サイズ変更 P1270788_サイズ変更
一夜にして冬に逆戻りしたかのよう。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment