FC2ブログ

佐賀まで自転車を取りに行く その8 山陰道

【8日目】
2019/3/30 土
曇り時どき雨
始:7:00 ~ 終:19:00 走行:406km
(道の駅長門峡)0700 ~R9~ (津和野) ~ (日原) ~ (益田) ~ (三隅) ~ (浜田) ~ (大田) ~県287~ (出雲) ~R431~ (出雲大社) ~ (宍道湖) ~ (松江) ~ (美保関) ~ (境水道大橋) ~ (境港) ~ (米子) ~R9~ (赤碕) ~ (大栄) ~ (青谷) ~ (鳥取) ~ (大谷) ~R178~ (浜坂) ~ 19:00(道の駅あまるべ)

ひたすら山陰道を行く。
天気は予報ほど悪くはなかったが、時どき雨に降られた。

のんびり北上して、野坂峠を越えると津和野。
日原で津和野川が高津川と合流し、高津川沿いに下っていくと益田で日本海に出る。

山陰道は海岸線に沿って続く。
浜田、石見の砂浜、江の川、温泉津・・・ところどころ景色に見覚えがある。

大田で国道を離れ、並走する海沿いの細い道を鳥井の方へ走っていると、パトカーがついてくる。
国道を外れたときから気付いていたがそのまま無視して走っていた。そうする以外ないし。
しばらくすると後ろから止められた。

またか。また職務質問か!

「ブレーキランプが切れてます」というのが表向きの理由だったが(もちろん注意だけで見逃してくれましたが)、職務質問が主目的であることは明らか。
最近は家出の人などが多いらしく、他県ナンバーの車が下手なところをうろうろしてたりするとすぐに止められる。
ナンバーや免許証の照会だけで済むことではあるけれど、なんとも面倒なことになっている。
車中泊ブームのようなものも手伝ってか、確かに家財道具一式を積み込んだような車も以前に比べて見かけるようになったし、無理もないことだろうか・・・。

それはそうと今度はブレーキランプか。
ポジションランプにヘッドランプときて、ブレーキランプ。バルブ関係がいっぺんにきた。
次はウインカーか?

「すぐにGSなんかで交換してください」と言われたけど、帰ってからのんびり交換することにしよう。

出雲でいったん山陰道を離れ、出雲大社の前をかすめて宍道湖の北岸を走る。
松江から美保関へ抜け、境水道大橋を渡って境港へ。
懐かしの境港。以前幕営した場所も変わってなかった。

P1270716_サイズ変更
出雲大社の前にて、この日撮った唯一の写真(しかも車内から)

弓ヶ浜に沿って走り、米子の先で再び山陰道に出る。
名和のあたりに来ると右手に大山が見える。

由良の手前あたりからバイパスが整備されていて、道が高速道路のようになる。
退屈なので旧道のほうを走りたいが、自然にバイパスのほうへ導かれるので旧道を辿るのはなかなか難しい。

千代川を渡る頃には日が暮れた。
30年ぶりに鳥取砂丘を拝もうと思っていたのに、ここでもバイパスに吸い込まれて何の感慨もないまま通過してしまう(バイパスからは山の向こうでまったく見えない)。
駟馳山峠も今ではトンネルができていて、それとわからず通り過ぎてしまった。

大谷ICでようやくバイパスを下りてR178に出る。
R178のほうも道がだいぶ変わっていて、かつての海岸沿いのワインディングロードも長いトンネルであっという間にワープしてしまう。
暗くなってしまったのでもう何がなんだかわからない状態だ。
浜坂のスーパーで買い出しをして、ついでに軽く食べてこの日も夕食を終える。

浜坂からは、今では山陰近畿自動車道というのが延びていて、R178を走っているといつの間にか現在は無料のこの道路に導かれてしまう。
それでは寝場所が見つからないので、暗闇の中、迷いながら苦労して旧道の但馬漁火ラインのほうを走る。

そしてようやく着いた余部鉄橋。
暗くてよくわからないが、現在はコンクリート橋の下に道の駅がある。
見学は翌朝するとして、適当なところに車をとめてこの日は寝た。

P1270719_サイズ変更
翌朝撮影
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment