FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 50日目 播州赤穂へ

2019/2/22 金
晴れのち曇り 朝+1℃
始:8:15 ~ 終:16:00 走行:80km
(倉敷運動公園)0815 ~R429~県162~県21~ 1000(岡山) ~R250~ (東岡山) ~ (上道) ~R2~ 1240(伊部) ~R250~ 1400(日生) ~ 1500(赤穂) ~県32~ 1600(丸山キャンプ場)

朝は昨日の夕方が嘘のように静かだった。
8:15発、R429に戻って東へ走る。

倉敷は小ぢんまりとしており、あっという間に通過。
R429を離れ、そのまままっすぐ県162で岡山へ。
この県162というのが旧R2ではないかと思うのだがどうだろうか?いずれにせよ、今は岡山バイパスがR2ということになっている。

岡山の市街は道路が広く、歩道も整備されているので走りやすい。
旭川に架かる橋の上から北に岡山城が見えるかと思ったが、橋を渡り終える寸前にチラッと見えただけだった。

P1270373_サイズ変更
橋の上からチラッと見える岡山城。平城のためまったく目立たない。

旭川を渡った先で北へ折れ、R250に乗る。
今回のルートで来ると、岡山市街から旭川を渡ると急に下町っぽくなり、様子が激変するのでちょっと驚く。
R250というのは旧R2であるが、古いために道路が狭くガッタガタで、とにかく走りにくい。交通量が多く、大型車も多いためどうしても歩道を走ることになるのだが、これがまた歩道が特にガッタガタで、自転車がバラバラになるわってレベル。とにかく不快だ。

東岡山で吉野屋に寄って昼食にする。
決してそこまで牛丼が好きなわけではないのだが、勝手がわかっていて楽だし、早くて安いということもあって、何か食べるとなると知らず知らず牛丼屋が多くなってしまう。

上道の先でR2(岡山バイパス)と合流。ここから道がR2となる。
多少道路がよくなるものの、依然として不快なR2走行が続く。
そんな修行からようやく逃れられるのは伊部の先。R2を離れ、ここから海沿いのR250で赤穂へ向かう。

まったく知らなかったのだが、日生というのはけっこうな観光地らしく、平日にもかかわらず観光客っぽい人を何人も見かけた。
お好み焼き屋をはじめ飲食店に行列ができていたので驚いた。もしかして旨いのか?
ちなみに、日生からは小豆島行きのフェリーが出ている。

地形的には日生は狭いところで、そこから福浦峠を越えて赤穂まで来ると開ける。
福浦峠が県境だ。

P1270374_サイズ変更
県境の福浦峠

赤穂の入口、県32との交差点にある東屋&トイレで念のため水を汲んでおく。
ここから県32を走る。

現在の赤穂の臨海地区は工業団地となっているが、道が広くきれいで走りやすい。交通量も少ない。
そしてその工業団地から早くもテン場の宝庫。木がたくさん植えられていて、よく整備された林がそこかしこにある。もうどこにでも幕営できそうな感じだ。
不快な山陽道の走行が二日にわたって続いたので、赤穂が別天地のように見えた。

どこでも幕営できそうだけど、赤穂には丸山に無料のキャンプ場があるので、とりあえずそこに向かう。
このキャンプ場、ツーリングマップルには出ているが、いかんせん古い情報なので心配だったのだが、案内板にしっかり出ていたので一安心。
赤穂海浜公園の先から上りとなり、さらに車が減る。途中に見える穏やかな海の景色は、いかにも瀬戸内海といった感じ。
辺りはとても静かで、キャンプ場には人などいないだろうと思えたのだが、着いてみるとすでに何人かがテントを張っていた。時季も時季だしちょっとビックリ。

すばらしいキャンプ場で、ここが無料とは実にありがたい。
太っ腹な兵庫県。

木の生えた斜面にテラスがいくつも切ってあって、そこがテントサイトになっている。
狭いテントサイトにテントを張ってる人はまだほとんどいないので、場所は選びたい放題。じっくり選んで幕営する。

キャンプ場というところは、有料であっても無料であっても、意外に平らでなかったりする。全体に斜めっていたり、下が凸凹だったり・・・。
自分が普段幕営している場所がいかに優秀な場所であるか実感する。

P1270380_サイズ変更 P1270382_サイズ変更
明るいうちから堂々と幕営できるってのは楽だ。
目の前には穏やかな瀬戸内海が広がっている。

ときに、キャンパーと山ヤなり旅人というのは、結果としてキャンプという同じ行為をしているが、実は別なことをしている。
山ヤとか旅人にとってキャンプというのはあくまで手段だが、キャンパーにとってはキャンプという行為自体が目的だ。キャンプのためにわざわざキャンプ場に来ているわけである。
もちろん、車でやって来るキャンパーと自転車で旅をする者とでは装備もぜんぜん違う。彼らは駐車場からガラガラ荷車を引いてテントサイトまでやって来る。

金曜だからだろう、19:00を過ぎてもキャンパーがやって来て、暗闇でテントを設営していた。
キャンプ場で土日のんびりするのだろう。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment