FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 47日目 海山城にて

2019/2/19 火
雨 朝+6℃
停滞

天守の中にいるので何時ころから雨が降っていたのかわからないが、6:00にはすでに降っていた。
北風が吹いていて寒い・・・。

ラジオの天気予報で気温が上がると告げていたので南風かと思い、迷いに迷った挙句に一番北寄りの場所に幕営したのだが・・・よりによって一番風の当たる場所だった(涙)。
反対側に張ったほうが快適だったかも。
が、今さら移動するのも面倒だし、幸い雨が吹き込んでくるわけでもないのでそのまま停滞することにした。

昨晩、22:00に外の明かりが消えて真っ暗になった。
天守の中の明かりはその30分くらい前に消えていた。

10:00ころ起きてコーヒーを飲み、パンを食べる。
11:00ころ、昨日天守の前で会った老夫婦(すぐ下に住んでいる)の旦那さんのほうが、わざわざネーブル他(計6個)を持ってきてくれた。
ご自分で作られたものだとのことだ。ありがたい。
毎度ながら愛媛の、四国のおもてなし精神には恐れ入る。ちょっと日本離れしていて、まるでイランやウクライナにでもいるかのようだ。

テントの外に出てしばらくお喋りする。
しまなみ海道のことについていろいろ情報をくれた。
実はこちらは何も知らなくて、目の前に見える来島海峡大橋にどこでどうやって乗ればいいのかすらわからなかった。ありがたや。
・・・とりあえず来島海峡大橋のたもとまで行けば橋に乗れるらしい。自転車の通行料は200円とのことだ。

おっちゃんと別れたあと、地図を見て今後のルートを検討。
雨は15:00前に上がった。

ラジオのニュースで、四国で春一番が吹いて気温が上がったと告げていたが・・・本当か?どこの四国の話だろうか?
ここは日中北寄りの風ですごく寒かったけど・・・。

夕方以降になってようやく南風が吹き始めた。
17:00過ぎに明かりが灯った。

ときに、今いる海山城(城塞型の展望台)であるが、来島氏がここに置いた遠見番所に基づいてはいるが、構造・規模とも実際のものとは異なっている。
(実際のところは、当時の遺構が失われてしまってよくわかっていない。)
”当時の面影を偲んで建設したものである”と説明板に書かれているとおり、空想の天守である。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment