FC2ブログ

アスワン その2

2010/5/23 日
3:30にホテルの前でマイクロバスにピックアップしてもらう。予想以上にたくさんの人が乗っていて危うく補助席になるところだった。バスの中は何故か韓国人だらけ。
他にも大型の観光バスやミニバスなどがうじゃうじゃいる。うぅぅむ、すごいな。今日などまだ少ない方だと思うけど、毎日毎日こんなにたくさんの人がアブ・シンベルに行くわけか・・・。
全てのバスが一箇所に集合し、まとめてゲートを通ってアブ・シンベルに向かう。アブ・シンベルまでは3時間ほど。
アブ・シンベル神殿もイシス神殿も入場料が高いけど、そしてアブ・シンベルはアスワンから往復6時間もかかるけど、見る価値は十分にあると思う。ちなみにエジプトでは学生証が大活躍で、学割ならほぼ全ての遺跡や博物館が半額で見られる。
アブ・シンベルのシンボルでもある神殿入口にあるラムセス2世の巨像は、想像していたより小さくちょっと肩透かしを食ったような気もするが、それでも見応え十分。
無数にあるヒエログリフやレリーフは実に素晴らしい。神殿内のライティングが絶妙で、巨大なレリーフが浮き上がって見えとても神秘的である。特に大列柱室にあるカデッシュの戦いのレリーフと講和条約のレリーフは必見だ。
アブ・シンベル神殿は巨大な花崗岩の岩山をくり貫いて造ってあり、外見は花崗岩の巨大なドームである。傾斜はそれほどないけど、ここでクライミングできたらさぞ楽しいだろうなぁ。
イシス神殿もアブ・シンベル神殿に劣らず見応え十分。やはり巨大なレリーフが出迎えてくれる。アブ・シンベルよりずっと人が少なく、のんびり見て歩くことができる。
完全に期待はずれだったのが、現代の巨大建造物アスワンハイダム。学割も利かないし、見る必要ないかも・・・実際ツアー参加者の半分以上がパスしていた。
アーチ式のダムでもなく、単に岩を積んで水を堰き止めただけの代物だ。幅3,600m、高さ111mあるらしいが、ダムの下流側を覗いても積まれた岩の斜面が続いているだけで高さはまったく体感できない。造られた時代が違うけど、これなら黒部ダムの方が100万倍すごい。
ツアーは最後に古代の石切り場跡を見学することになっていたのだが、ここは自分らも含め全員がパス。皆早朝からの移動と暑さでクタクタ、もうお腹いっぱいといった感じなのである。
宿に送ってもらってツアー終了!やっぱこういう弾丸ツアーはしんどいなぁと思った次第。
ツアー中は時折り吐き気もあったが、体調は復調の兆し。今日は久々に夕飯も美味しく食べられた。
明日は久し振りに列車でルクソールに移動する。

23may2010 アブ・シンベル神殿 23may2010 アブ・シンベル神殿 ラムセス2世の巨像を下から

23may2010 イシス神殿 23may2010 イシス神殿内のレリーフ
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment