FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 42日目 ミルクロード

2019/2/14 木
曇り 朝+3℃
始:8:30 ~ 終:17:30 走行:58km
(江津湖公園)0830 ~R57~県336~ (大津) ~R57~ミルクロード(県339、12、45)~ (大観峰) ~ 1730(大観峰先5kmほど)

朝は夕方ほどウォーキングやランニングの人がおらず助かった。

R57に戻り、大津方面へと走る。
熊本のこんな中心部に幕営していたというのが信じられない・・・。

ずっと片側二車線路で、ひたすら歩道走り。
なんとも不毛な区間だ。
途中、すき家に寄って牛丼を食べた。

今日のミッションはなにはともあれまずは買い物ということだが、ここまでR57沿いに自分の必要とする店なし。
熊本ICを過ぎてしばらく行くと、R57と並走する県336が分岐する。たまらずそちらへ避難すると、すぐに我らがコスモスがあった(笑)。
もちろん吸い寄せられ、行動食のレーズンロール類(リョーユーパン)をしこたま買い込んだ。

大津で再びR57に合流。
すぐにスーパー(HI ヒロセ)があったので、夕飯のおかずにフィッシュかつもどきを買う。

ときに、実は昨日、雲仙の登山中にデジカメのストラップが切れてしまった。
ないと不便、というか落としそうで怖いので昨日から探していたのだが、昨日寄った百均のセリアには置いてなかった。
今日日コンデジを使っている人など絶滅危惧種なのだろう。
ケータイのストラップでもいいんだけど・・・ってそれこそ絶滅危惧種だし、ましてやストラップをつけている人など皆無だろう。
思うに、今日日ストラップというものにはほぼ需要がなくなった、ということらしい。探してみてはじめて気付いた。
HI ヒロセというのはスーパーとホムセンが合体した巨大店舗なのでここでも探してみたが、やはりそれらしきものは置いてなかった。
(ちなみにここに入ると、HI ヒロセ~HI ヒロセ~・・・というテーマソングが耳について離れなくなる(笑)。)

GSでガソリンを買ってから近くのダイソーをのぞいてみると、ようやくストラップがあった!
何用のものなのか少々短いが、ないよりマシだ。
ひとまずこれにて買い物のミッション終了。

道の駅大津のあるところからミルクロード(県339、清正公道)に入る。
道はここから本格的な上りになる。

阿蘇周辺には依然として震災の爪あとが残っており、復興の最中にある。
大分方面へ横断する幹線のR57も道の駅大津の先8kmほどのところで通行止となっており、阿蘇方面に向かう車はすべてミルクロードへと迂回させられていた。
P1270207_サイズ変更

そのため普段静かなはずのミルクロードがすごい交通量に・・・。
失礼ながら、しばらくはそんな不快な中を走る。
途中にある清正公道公園にて、まだ13:00だったが、先が怪しいので早めに水を汲んでおく。後でわかるがこれは正解だった。

P1270208_サイズ変更
R57の迂回は県23まで。写真は県23と交差するすぐ手前。
多くの車がここでR57へと下るので、その先はいつもの静かなミルクロードに戻る。
上りもいよいよきつくなる。

P1270212_サイズ変更
阿蘇山にはまだけっこう雪が残っていた。

ルート上の最高点は1,000m強で、ここにも雪が残っていた。
最高点に着いたのが15:20。小休止して腹ごしらえをし、再出発したのが15:40くらい。ぼちぼちテン場を探さねばならない時間だ。
寒いので早いところ標高を下げたいのだが、ミルクロードは標高を下げず、軽いアップダウンを繰り返しながらいつまでたっても1,000m付近をうろちょろしている。

P1270220_サイズ変更
こんな時季にミルクロードに来たのは初めてだが、一面枯れ草の眺めは壮観だ・・・。

P1270223_サイズ変更
こちらは1,000mの台地の上にいて、国道(R57)や鉄道(豊肥本線)の走る広大な平野を挟んで、向こうに阿蘇の山塊が隆起している。
いつ見ても不思議な地形だ。とても日本とは思えない。

P1270214_サイズ変更
標高1,000mの牧草地で枯れ草を食む牛たち。後ろに見えるのは久住の山塊。
牛というのは見かけによらず、寒さにも高所にもめっぽう強い。
冬のヨーロッパで、馬たちが毛布を着せられて寒そうにしている中、牛たちは平然と枯れ草を食んでいたし、アンデスの5,000m超の高所でも普通に草を食んでいた。
牛ってスゲーな・・・とそのときも感心した。

P1270227_サイズ変更
一見どこでもテントが張れそうだが、牧草地はもちろん原野も立入禁止なので、テン場がありそうで見当たらない。

ミルクロードは、かぶと岩展望所の先で県12となり、さらに山国方面へR212を分けると県45になる。
標高はまだまだほとんど下がらない(涙)。

大観峯の近くを通ったので、時間がない中迷ったが(17:00)、テン場の期待を込めて寄ってみた。
が、物理的には張れそうなのだが、人が多くてどうにもダメである(涙)。
早々に退散する。

P1270230_サイズ変更
大観峯からの眺め。
阿蘇が釈迦の寝姿に見えるらしいが・・・自分にはよくわからない。

半信半疑のまま大観峯から5kmほど走ると、唐突に阿蘇クロスカントリーコースというのが現われ、その入口付近に幕営させてもらった。
標高900mほど。
P1270236_サイズ変更 P1270232_サイズ変更

朝濡れていたフライは一部凍っており、設営している間に完全に凍った。
寒い・・・。
早く低いところへ下りたい。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment