FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 39日目 雲仙へのアプローチ

2019/2/11 月
曇り時どき晴れ 朝+6℃
始:9:30 ~ 終:14:30 走行:28km
(千々石海水浴場)0930 ~県201~ (富津) ~R57~ (小浜温泉) ~ 1430(白雲池野営場)

断続的に夜通し降っていた雨は6:00過ぎに上がった。
たいした雨量ではなかったためフライもびしょ濡れにはなっていないが、軽く乾かすつもりで遅めのスタート。

P1270120_サイズ変更
千々石の海岸線

そのまま海岸線を走って県201に出る(県201という標示はどこにもないけど)。
県201も旧鉄道跡である。昭和二年に開通し昭和十三年に廃止された旧小浜鉄道の跡地が道路になっている。耶馬溪鉄道の廃線跡が自転車道になっていたのと同じだ。

P1270122_サイズ変更 P1270124_サイズ変更

こういうトンネルなんかも元は鉄道用なわけで、ここをかつて汽車が走っていたのかと思うとなんだか感慨深いような、楽しいような気分になってくる。
国道は山の向こうのつまらないところを走っているので、走るなら断然こちらがオススメ。

P1270127_サイズ変更 P1270125_サイズ変更
富津の集落を振り返る。
見えている富津小学校はやはり今年の三月いっぱいで閉校となるらしい。

自分がガキの頃は今とは逆に子どもが増えていた時代で、小学校がポコポコ新設されていた。
埼玉県の川口市で自分が通った小学校は一年生として入学したのは自分らが一期生で、その上の学年の子たちは近くのマンモス校から移ってきた。
入学当時はまだ校舎もなくてプレハブだった。一年以上経ってから校舎ができて引っ越した記憶があるから、プレハブで卒業式をした子たちもいたということか?よく覚えてないけど。

道は小浜で自然にR57に合流する。
空はどんより曇っていて寒い。
小浜のAcoopで「ひろす蒲鉾」というのを夕飯のおかずに買った。

小浜温泉の噴煙がすごい。
公衆浴場もあり、安く入れそうでとても惹かれたが、明日雲仙温泉に入るつもりなのでここは我慢。

小浜温泉を過ぎると雲仙への上りに入る。
延々と上る・・・。
交通量はさほどでもない。昨日あれほど道路が混んでいたのはてっきり雲仙のせいかと思っていたが、どうやら雲仙とは無関係だったらしい。

700m超まで上ると雲仙温泉。
その入口にある白雲池の野営場を偵察すると、冬期閉鎖中で水が出なかった。
幕営はできそうなのだが、テントサイトのほうではなにやら木を伐ったりなどしているのでテントを張りにくい。
駐車場からすぐのところにある広場に幕営することにして、ひとまずそのまま自転車で温泉街へ水を汲みに行く。
水は幸い温泉街のトイレで汲むことができた。

温泉街より上にも幕営できそうな場所がいくつかありそうなのだが、さすがに寒くてこれ以上上に行ってテントを張る気にはならない。
白雲池の広場に戻って早々にテントを張った。

P1270132_サイズ変更 P1270133_サイズ変更

明日は雲仙岳に登る。
温泉街の上にある池の原園地まで、もしくはさらに上にある仁田峠まで自転車でアプローチしようかどうか迷ったが、いろいろ面倒なので、明日は自転車を置いてここから歩くことにする。
夜になって空がすっきり晴れ、星がきれいだった。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment