FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 38日目 長崎は晴れていた

2019/2/10 日
曇りのち晴れ 朝+5℃
始:7:00 ~ 終:17:15 走行:43km
(六方海水浴場)0700 ~県162~ 0715(福江港)0800 ~ フェリー ~ 0900(奈良尾港) ~ 1145(長崎港)1220 ~R34~ (大曲) ~ (矢上) ~R251~ (戸石) ~ (飯盛) ~ (有喜) ~ (唐比) ~ 1715(千々石海水浴場)

真っ暗な5:30に起き出してパッキング、テント撤収。
7:00に六方をあとにする。一路福江のフェリーターミナルへ。

フェリーターミナルまでは一山越えるとすぐ、僅か4kmの距離だった。
すぐにチケットを買い、おにぎりとパンを買い込んでフェリーに乗り込む。

二晩過ごした六方海水浴場からは、沖を行くフェリーがよく見えた。
逆にフェリーから海水浴場のトイレ(テントを張っていた場所)が確認できるんじゃないかと期待したのだが、よくわからなかった。

フェリー万葉はやはり座席がなく床席のみで、乗船中は寝てるしかない。
中通島の奈良尾に寄港し、長崎まで4時間近くかかる。その時間を有効に使って、カメラとヘッテンのバッテリーを充電させてもらった。

P1270112_サイズ変更 P1270115_サイズ変更

11:45長崎港着。
長崎は晴れていた。
荷物を整え、一息ついてから出発する。

長崎から、ひとまず雲仙をめざす。
当初の計画では野母崎に寄ってから雲仙へ向かうつもりでいたが、そんな余裕はなくなってしまった。

長崎は久しぶりだ。
けっこう大きな町で、しかも立体的なので道が少々わかりにくい。
R34は山の上を走っていて、そこに出るまでがたいへんだった。出てしまえば一本道なのだが、一方で出てしまうとスーパーや飲食店の類は一切なくなってしまう。

長いトンネルを抜け、下った先にある大曲のあたりでふと横を見ると、ちょっと隠れてスーパーがあった。
これ幸いと買い出しをする。夕飯のおかずにいわしバーグとフィッシュかつもどき、それから行動食にパンやグラノーラ、チョコレートなどをしこたま買い込む。
焼肉おにぎりとやらをその場で食べて充電完了!あとは走るだけ。
といっても今日と明日で雲仙までアプローチできればよいので、今日それほどガンガン走る必要はなく、テン場があれば早めに幕営するつもりだった。

15:00頃、飯盛の直売所で店の人に頼んで水を汲ませてもらう。
結局、大曲で寄ったところ以外、ルート上にスーパーはなかったので寄っておいて本当によかったし、水も他に汲めそうなところはなかったので、直売所で汲ませてもらえて本当に助かった。

三連休のせいもあるかと思うが、車の多さに閉口する。
道路が狭いのに車が多いものだからとにかくまいってしまう。道路を渡ろうにも車が途切れないのでなかなか渡れないというありさま。
おまけに、テン場が非常に得にくいエリアだ。
まわりは造成された畑と人家ばかりでつけ入る隙がない。
久しぶりにまいった・・・。

有喜の先まで来て、たまらずにいったんR251からはずれてみる。
たちばなの丘?という今まさに造っている最中の公園があり、のぞいてみるとテントは張れそうだったのだが、おっちゃんが二人いて話をしてみると、明日は祝日だというのに工事に来るらしい。
なん・・・ですと・・・。それじゃ幕営するわけにはいかない。
どこか他にテントを張れそうな場所はないものか、おっちゃんらに訊いてみる。
橘まで行けば公園も海水浴場もある、というので再びR251に戻って先へ進む。

ちなみに、橘まで行けば公園や海水浴場があるというのは地図を見てわかっていた。
おっちゃんらが教えてくれた情報は実のところ自分にとって嬉しいものではなく、逆にそこまで行かないとテン場はない=この近くにはテン場はないということを意味していた。
橘まではすぐだと、おっちゃんらは車の距離感で教えてくれたが、自転車にしてみればまだまだけっこう距離がある。
またR251を走りながら探さなきゃならんのか・・・という絶望感の漂う情報だった。

状況が急に好転するはずもなく、行けども行けどもテン場などありゃしない。
完全なるデッドゾーンだ。
ほとほと困り果てていたところで千々石海水浴場に着いた。特にそういう標示はなかったが、テン場によさそうに見えたところへ入っていったらたまたまそうだった。
つまりは橘まで行けばあると教えてくれた海水浴場がここだ。

・・・ようやくテン場があった。
一通り偵察してみて、奥の松の木の下に幕営した。
P1270116_サイズ変更

20:00頃、雨がパラッと降る。
その後も断続的に雨。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment