FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 24日目 筑後川に出る

2019/1/27 日
曇りのち晴れ 朝0℃
始:9:00 ~ 終:18:00 走行:54km
(平田城址)0900 ~メイプル耶馬サイクリングロード~ 1115(守実温泉)1400 ~R212~ (奥耶馬トンネル) ~ (日田) ~R386~ (星隈公園) ~ (夜明) ~ (夜明ダム) ~ (杷木) ~ 1800(道の駅原鶴手前、筑後川河川敷)

昨晩も時どき雪が降っていた。
かといって気温は低くないわけで、テントもフライも濡れていて不快だ。

朝になると雪はやんでおり、風もない。時どき青空も見えている。
テントもフライもびしょ濡れのまま片付けて出発。

一昨日に続き、山国川に沿ってつけられている自転車道を走る。
メイプル耶馬サイクリングロードという名称の、耶馬溪鉄道廃線跡を利用した自転車道である。中津駅から続いている。
けっこう新しそうに見えるけど、'97年発行のツーリングマップルにはすでに記載があり、20年以上前から存在している。ずいぶん先見の明があったのだなと感心する。

P1260794_サイズ変更
山も薄っすら雪化粧
山国川を遡るにつれ雪が増え、時どき自転車道にも雪が残っていた。

P1260799_サイズ変更 IMGP1875_サイズ変更
もともと鉄道の走っていたところなので、こういうトンネルや鉄橋も元は鉄道用。
ここを古くは蒸気機関車、その後はディーゼル機関車が走っていたわけかぁ・・・と、その姿を想像しながら自転車で走ると楽しい気分になってくる。

10:00を過ぎると青空が見え、太陽が顔を出した。
自転車道の終点に守実温泉がある(耶馬溪線は中津駅と守実温泉駅の間を結んでいた)。
P1260803_サイズ変更
11:30~13:00までのんびり温泉につかった。
入湯料は400円。小さいがサウナもある。
例によって下着と靴下を洗濯し、カメラのバッテリーを充電させてもらった。

温泉から出たら施設内で昼食。
こういう安く早く旨く食べられる温泉施設ってのは本当にすばらしい。
天気がよかったので、温泉に入ってる間テントやフライを広げておけばよかった・・・と施設を出てから後悔した。

温泉からすぐのところにスケート場があり、たくさんの人が楽しそうに滑っていた。
こんなところにスケート場があろうとは夢にも思わなかった。

守実温泉から先はR212を走る。
しばらく行くとR496が分岐する。当初の予定ではそちらへ行くつもりだった。
英彦山へ向かい、英彦山に登ってから秋月へ抜けるつもりでいた。
が、時間がないため英彦山は今回パスすることに。
時間がない以前に、そもそも昨日の雪で野峠が通行止かもしれないけど・・・。

R496の分岐をスルーし、そのままR212で日田へ向かう。
分岐から、奥に英彦山が見えた。
P1260805_サイズ変更

峠まで緩い上りで、峠には奥耶馬トンネル(717m)がある。
トンネルの先から下りとなるが、車が少なく快適。

日田の市街地に入るとさっそくコスモスがあったので買出しのために寄り、その先のGSでガソリンも買った。
GSからすぐのところでR386と交差し、そちらへ入って西に向かう。

今日は日田で切ればいいやと思っていた。
地図を見て星隈公園がよさそうかなとテン場に考えていたのだが、行ってみると星隈公園というのは古墳を利用した場所で、残念ながら急な長い階段を上らないと上の平坦地に出られない。
偵察してみるとよさそうなテン場なのだが、他にルート工作をしてみても、どうがんばっても自転車を上げることができそうにない。荷物を外して数往復するには距離も勾配もありすぎ、翌日の労力も考えるととてもやる気にならない。
せっかくのテン場なのだが諦めることにし、下のトイレで水だけ汲む。

道が筑後川沿いになった。
対岸にも国道(R210)が走っている。
テン場を探しながら走るが、まったくつけ入る隙がない。
左側は筑後川であるがこのあたりには河原というものがまったくなく、右側は鉄道(久大本線)が並走。間を走る国道は狭く、路側帯すらほとんどない。そのわりに車はけっこう走っているという、要するにテン場を探すには最悪の場所だ。

もと夜明温泉の施設だったところの下に廃墟があり、幕営できないこともなかったのだが、なんとなくやめておいた。
その先にある夜明ダムも、こんなところにあるダムじゃとても無理。

IMGP1880_サイズ変更
夕暮れ時の夜明ダム

そのまましばらく走るがこれといった場所がなく、これは最悪道の駅(原鶴)かと思った矢先、川岸にゲートボール場があった。
国道を外れて行ってみると、どうにか付近に幕営できそう。
吹きっさらしの場所だが、道の駅よりはマシだろうとテン場に決めた。
すっかり暗くなってしまった中、ヘッテンをつけて幕営。
P1260807_サイズ変更
翌朝、テントをたたんでしまった後で
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment