FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 17日目 豚太郎と、快適すぎる佐古ダム

2019/1/20 日
雨のち曇りのち晴れ 朝の気温測定できず
始:12:00 ~ 終:16:10 走行:33km
(小松中央公園)1200 ~R11~ (丹原) ~ (桜三里) ~ 1420(レストパーク桜三里) ~ (則之内) ~県23~ 1610(佐古ダム)

夜中の3:00頃から雨が降り始めたが、6:30にトイレに起きたときはまだフライがほとんど濡れてなかった。
本格的な雨になったのはそのあと。
朝の気温は高く、雨で測定できなかったが10℃近くあったのではないかと思う。
濡れるのが嫌なのでシュラフは片付け、シーツとシュラフカバーにくるまっていたのだが、さすがにそれでは少々寒かった。

9:30頃から朝食の準備など始める。
雨は10:00頃上がったが、風が強い。愛媛県全域に強風注意報が出ている。

昨晩幕営したときはどうなることかと思ったが、蓋を開けてみれば静かで快適なテン場だった。
雨が降り続いていれば、このまま停滞するのも苦ではなかっただろう。

12:00に出発。
川内までR11を走らねばならない。
峠越えもあり、不快なパートだろうと事前に思ってはいたけれど、予想通り不快だった。
道路が狭く車が多い。それでも日曜だったからトラックは少なく、まだマシなほうだったのではないかと思う。

夕飯のおかずを買出ししたかったのだが、途中にスーパーの類はまったくなかった。
代わりにあったのが豚太郎。この看板に引き込まれた↓
IMGP1766_サイズ変更
それぞれラーメンとギョーザをたのみ、そのほかに焼き飯の大盛りを注文したら、二人でそんなに食うのかと隣のテーブルの男二人が目を丸くしていた。
看板に味で勝負と謳っている通り、どれも旨かった。中でも焼き飯はいわゆるあのチャーハンだったので、これだよコレ!と思わずうなってしまった。
安い・早い・旨いと三拍子揃ったオススメの店です。

IMGP1768_サイズ変更 IMGP1771_サイズ変更
峠に向かって不快な走行が続く。
二桁国道だし勾配は緩いのだが、向かい風が強くて辛い。
路側帯は狭く、おまけに場所によって側溝が口を開けているので気が抜けない。ボーッと走っていると危ない。

桜三里のパーキングで水を汲む。
パーキングは妙に湿ったところだった。

河之内トンネルから下りとなる。
一気に下って、松山自動車道の下をくぐり、川内ICの先でようやくR11とサヨナラして県23に入る。
R11からは離れたものの、ルート沿いにテン場は得られそうにない。人家が途切れず、どうやらデッドゾーンだ。

止まって偵察したりしながら走っていると、ふと「佐古ダム」という標示が現れた。
テン場探しの鉄則のいくつめか、これ幸いと吸い寄せられた。
これが10kmも奥なら行かないけど、幸運にもダムまで1.6km。行かない手はない。

P1260614_サイズ変更
佐古ダム・・・近くてよかった。

果たして行ってみたら、すばらしいテン場だった。
IMGP1772_サイズ変更 P1260624_サイズ変更
ダムの上にトイレがあり、そのさらに一段上に広大なスペースがあるのだが、そこまで自転車を上げるのがえらいたいへん。

P1260620_サイズ変更
苦労して上げる甲斐はあって、上にはこんな広いスペースがある。
駐車場になっている通りここはまだ車が入れるのだが、奥に車止めがあり、その奥にさらに広いスペースがある。

P1260618_サイズ変更
ここはいったい何のためのスペースなのだろう。二つのコンクリートの塔はいったい何なのだろう?
車の入ってこられない完璧なスペース・・・うれしすぎて笑いがとまらない。

P1260625_サイズ変更
コンクリートの塔の一つのたもとに幕営させてもらった。
久しぶりに明るいうちに幕営してのんびりできた。

P1260627_サイズ変更
それにしても・・・本当にいったい何なのだろう?何のための塔なのだろう?
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment