FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 10日目 潮岬灯台とシーサイドライン

2019/1/13 日
快晴 朝+5℃
始:9:00 ~ 終:16:40 走行:59km
(潮岬)0900 ~県41~ (潮岬燈台、潮御崎神社)1000 ~R42~ (和深) ~ (すさみ) ~ (日置) ~ 1515(道の駅志原海岸) ~ 1640(椿温泉手前1km)

まだ暗いうちから釣り客の車が次々とやって来た。
いつも通り6:30に起き、トイレに行ってから日の出を見る。

P1260460_サイズ変更
日の出前のテン場。
手前の車は釣り客のもの。

P1260463_サイズ変更
30分ほどすると日が昇った。

テント内の荷物をまとめてから付近を散歩。

P1260467_サイズ変更
本州最南端の碑がある。
そういえば、あまり考えたことなかったけど、本州の最東端と最西端もそのものズバリには行ったことないな・・・ともにごく近くまでは行っているのに。

P1260471_サイズ変更
望楼の芝生と名付けられた広大なスペース。奥は観光タワー

日に当てて乾かしてからテントを撤収。
自転車に荷物を積んでいると、昨日ビールをいただいた方に再び会った。大阪からという方で、今回は友人数名とのんびりキャンプをしに来たということだった。
ほぼ同年代の旅好きということで、話をしていて楽しかった。
IMGP1622_サイズ変更

P1260474_サイズ変更
キャンプ場付近に住んでいる犬。大阪の方はボスと呼んでいた。
とてもおとなしいやつで、警戒心が強くなかなか人に心を許してくれない。

9:00に出発。
まずは潮岬灯台へ。
P1260475_サイズ変更

P1260477_サイズ変更 P1260488_サイズ変更
潮岬灯台も数少ない登れる灯台の一つ。
入場料200円で、灯台の中はちょっとした展示室になっている。

P1260484_サイズ変更
灯台からの眺め1・・・岩礁を縫うように走って釣り客にエサか何かを渡しまわっている船。操船技術がすごかった。

P1260482_サイズ変更
灯台からの眺め2・・・近くの森の中に神社の屋根が見える。とても気になってこのあと行ってみた。

P1260489_サイズ変更
灯台から見えた潮御崎神社へは歩いてすぐ。なかなか立派な神社だった。

10:00からようやく本格的に走り始める。

P1260495_サイズ変更
串本へと下る途中、地図によると馬坂の眺望とされているあたりから橋杭岩がよく見える。

R42に出てすぐの海岸で休憩していると、近所のおっちゃんがやって来て、トンビに魚のあらをやっていた。
すぐにこれでもかというくらいトンビが集まってきて、その飛び交う姿が壮観だった。次々急降下して獲物をとらえ、そのままタッチ・アンド・ゴーで急上昇する飛行技術はまさに芸術的。見ていて飽きない。

本日のルートはというと・・・串本でR42に出てからはひたすらR42を辿る。ほかにルートはない。
オートバイを対象に作られているツーリングマップルでは、シーサイドラインを堪能とか、すばらしい快走ワインディングロードなどと書かれているが、自転車で走ってみるとそんなことより車が多くて不快である。確かにシーサイドラインには違いないけど・・・。
休日でトラックやダンプが走っていないのがせめてもの救いだ。

すさみの江住に、手持ちの地図にはない新しい道の駅ができていて(道の駅すさみ)、その先にある道の駅イノブータンランド・すさみと間違えて寄った(マユミに指摘されて初めて間違いだとわかった)。
道の駅は鬼混みで、駐車場には臨時の誘導員が二人もいた。
いつものようにトイレ近くに自転車を立てかけていると、女性の誘導員が「自転車はあちらにスタンドがありますので・・・」と教えてくれた。親切のつもりで言ってくれたのだろうけど、こんな荷物の自転車を掛けたら自転車が壊れるかスタンドが折れます・・・。

あまりの混みように嫌気がさし、もともと寄るつもりのところとも違っていたので、トイレにだけ寄ってすぐに退散。イノブータンランドで昼食を食べるべく先を急ぐ。
すぐ近くに紀勢自動車道(無料)のインターがあり、インターから先は車が減った。

イノブータンランドのほうに着いてみると・・・インターの近くに新しい道の駅ができたためだと思うが、こちらは半ば営業をやめた状態だった。
ここで昼食を食べるつもりだったのでがっかり。
しかも、イノブタが食べられるものと勝手に思い込んでいたけど、もともとここでイノブタが食べられたわけではなかったっぽい。いったい何を見て食べられると思っていたのだろう?

どこか食事のできるところはないものか、探しながら走る。
車が減ったおかげで走りやすい。
IMGP1643_サイズ変更

すさみの手前にあった喫茶店ふうの店に入る。今どきのカフェといった感じではなく、ひと昔前のいわゆる喫茶店といったふうで、なんだか懐かしい香りがする。最近あまり見かけなくなったけど、海沿いのこのルートにあるのはそんな店ばかりでほっこりする。
感じのいいおっちゃんが一人でやっている店だったが、唐揚げもアジフライも美味だった。

道の駅志原海岸で水を汲み、その先にあったドラッグストアで行動食の買い出し。
準備が整ったところでテン場を探しながら走るが、いつもながらいい場所がなかなか見当たらない。偵察のために自転車をとめ、時間だけを無駄に費やすといった感じだ。

P1260498_サイズ変更
椿温泉にある次の道の駅の1kmほど手前、ルートから少々はずれたところに広場があったのでその奥に幕営。
久しぶりに何にも気をつかう必要のない静かなテン場で、実に快適。
今日から大相撲の初場所が始まった。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment