FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 9日目 鯨の町と潮岬と焼き飯と

2019/1/12 土
曇り時どき雨 朝+9℃
始:8:30 ~ 終:16:30 走行:46km
(那智勝浦公園)0830 ~R42~ (湯川温泉) ~県240~ 0900(太地) ~ (くじら浜公園) ~ (鯨の博物館)1300 ~県239~R42~ (下里) ~ (田原) ~ (古座) ~ 1440(道の駅くしもと橋杭岩)1540 ~ (串本) ~県41~ 1630(潮岬)

朝は(というかまだ完全に夜中だけど)、4:30頃から海岸沿いを歩いている人が何人かいた。
公園に隣接した体育館やグラウンドでは何か試合があるらしく、朝早くから大勢の人が来ていた。

天気予報によると昼前から雨ということなので、自転車の後ろに積むウレタンマットとザックを予めビニール袋に入れておく。
パッキングを終えて出発しようとしていたら・・・早くも雨が降り出した。うぅぅむ。
ちょっと様子を見たが、とりあえず大丈夫そうなので出発。
ひとまず太地をめざす。

途中にある湯川温泉は公共浴場があってよさそうだった。
ここで湯につかってどこか近くにテン場を探すほうが、那智勝浦にとまるよりずっと快適そうだ。

IMGP1585_サイズ変更
太地に到着。
ここでR42を外れくじら浜公園へ。

P1260443_サイズ変更
くじら浜公園

P1260444_サイズ変更
巨大な捕鯨船(第一京丸)が展示されている。
捕鯨船内部は資料館となっていて、活躍当時の様子が資料としてそのまま保存されている。

その捕鯨船資料館を見ようとしていたら、ちょうど雨が降り始めた。
どうやら今度は本降り。

仕方なく資料館のほうは諦め、くじらの博物館へ移動。
雨がやむまで博物館で過ごすつもり。

うまく雨が避けられる場所に自転車を置くことができた。
すでに開館しているようなのでさっそく中に入ってみる(入場料1,500円)。

いやーーーこの博物館は実におもしろい。
詳しく書かないけど、鯨の種類や生態、体の構造から捕鯨に関することまで、鯨についていろいろ学べる。

IMGP1591_サイズ変更 IMGP1599_サイズ変更
じっくり見ようと思ったら一日がかりのボリューム。
特に子どもに見せるといいのではないかと思った。子どもの頃にこういったものに触れたら、もしかしたらその後の生きかたにも影響するかもしれない。

IMGP1590_サイズ変更 IMGP1597_サイズ変更
同じチケットでイルカショーとクジラショーも見られる。
久しぶりに見たけど、イルカのジャンプ力はいつ見てもすごいね。

IMGP1600_サイズ変更
さらに、同じチケットで水族館まで見られる。
いやーすばらしい。

IMGP1605_サイズ変更 P1260449_サイズ変更
ここまで自由に、ここまで近くでイルカやクジラを見られるところって他にないのではなかろうか。
満喫させてもらいました。

雨が上がり空も明るくなったので、13:00にくじらの博物館をあとにした。
太地のGSでガソリンを買い、潮岬をめざす。
どこかで昼食を食べようと思っていたのだが、店が見当たらず。こんなことならGSのおっちゃんに聞いておけばよかった・・・。

そういえば、太地といえばシーシェパードがいるんじゃないかと思ったが、影も形もなかった(笑)

下里でまたR42に合流。
車は多くはないものの、道が狭くて不快である。

その後もR42沿いに食堂の類はないまま橋杭岩に着いた。
道の駅に自転車を置き、道路を挟んで向かいにあるラーメン屋でようやく食事にありつく。

P1260457_サイズ変更
干潮でわかりにくいけど橋杭岩

和歌山ラーメンと炒飯(チャーハン)を食べたが、この炒飯というのを西日本では焼き飯というらしい。
どこからどこまでがそうなのか知らないが、三重の(といっても鵜殿だからほとんど和歌山県だけど)どさん娘でもそうだった。
厳密には玉子を入れるタイミングの違い等により区別することもあるようだが、一般にはチャーハンを焼き飯と呼んでいるように思う。
呼び名はともかく、どうにも違うんだよなぁ・・・こんな味じゃないんだよなぁ・・・。
求めているのは、ひと昔前ならどこの中華飯店でも食べられたあのチャーハン。店で食べるとどこでもあの味だけど、家では出せないあの味のチャーハン。
二軒続けてふられたので、どうにも腑に落ちない。
近頃は外食なんてそうそうしないのでわからないが、あのいわゆるどこでも食べられたチャーハンというのは、最近じゃなかなか食べられないの???

ラーメン屋に入る前からまた雨がパラパラしはじめる。
道の駅で水を汲み、食べたばかりで満腹だったけど欲望を抑えきれず、さんま寿司も2パック買う。

雨は待ってもやみそうにないので出発。
途中から霧雨になった。

串本でR42を外れて県41に入ると、車がまったくいなくなった。快適。
天気がよければさぞ気持ちいいところだろう、という海沿いの道を走って16:30に潮岬に到着。

潮岬に無料のキャンプ場(というかテントサイト)があるのは知っていた。
が、読み違えたことが二つ・・・1.広大なスペースがある中で、オフシーズンの冬場はテントサイトがとても狭い範囲に規制されていたこと。
別に人がいなければ狭くてもなんでもいいのだけれど、2.三連休の初日ということもあり、潮岬には冬でもキャンプをしに来る人がけっこういたこと。
IMGP1618_サイズ変更

なんだかうるさそうなので、他を当たろうといったんはスルーしたのだが、近くに適当な場所が見つからなかった。
時間も遅いので諦めて、テントサイトに戻って端っこに幕営した。
P1260459_サイズ変更

テントを張っていたら、ちょっと奥のテントで焚き火をしていた方に声をかけられ、缶ビールを二本いただいた。
ゴチになります!

さっそくテントの中でさんま寿司をつまみながらビールをいただく。あーなんと贅沢な。
これで夕飯が足りるかといえば到底足りず、ご飯をいつもの半分だけ炊く。
また雨が降ってきたのでMSRはやめて、久しぶりにカセットガスでご飯を炊いた。

テントサイトは思っていたほどうるさくはなく助かったが、寝るときはアイマスクと耳栓着用。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment