FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 8日目 気持ちいいのは大泊まで

2019/1/11 金
晴れ 朝+5℃
始:8:30 ~ 終:17:30 走行:54km
(新鹿海水浴場)0830 ~R311~ (波田須) ~ 0920(大泊) ~R42~ (獅子岩) ~ (七里御浜) ~ 1100(道の駅ウミガメ公園) ~ 1200(鵜殿) ~ (新宮) ~ (宇久井) ~ 1355(道の駅なち) ~ (那智勝浦公園) ~ 1530(丹敷の湯)1700 ~ 1730(那智勝浦公園)

IMGP1558_サイズ変更
朝の新鹿海水浴場

IMGP1553_サイズ変更
イソヒヨドリをよく見かける。自宅付近にはいないので物珍しい。

気持ちのいい朝。
自転車にチェーンルブを塗ってから出発。

新鹿にある、前回ガソリンを買った人懐っこいブルのいたGSは店仕舞いしていた。
僅か二年前のことだけど、時の流れというものを感じる。

新鹿中学校は廃校となっており、隅のほうにこそっとテントを張って一晩過ごすくらいはできそうである。

前回も思ったが、波田須はやはりいいところだ。
今回はR311を走っただけで集落の中は通っていないけど、山の中なのに明るく開けているのがいい感じ。
前方から自転車が来たので挨拶を交わすと、古いロードに乗った外国人(白人)だった。
身なりからして波田須か、どこか近くに住んでいる人だと思う。いいところだと思う感性は日本人も外国人も変わらない。

IMGP1563_サイズ変更
波田須の付近

そしてやはり前回も思ったけど、大吹峠の登り口にある公園はいいテン場である。

お気に入りの気持ちのいいエリアももうすぐ終わり。
大泊でR42に合流する。
気持ちがいいのは大泊まで、である。

P1260431_サイズ変更
湾になっているところが大泊で、湾の先にある小高い山が鬼ヶ城

P1260434_サイズ変更
R42に合流してすぐにある鬼ヶ城トンネルは自転車通行禁止。
結果的には隣にもう一本トンネルがあったのだが、手前からはよく見えない上に不案内なので、一瞬「ん・・・?」となる。

隣にあるそのトンネルは、紛らわしいが自転車と歩行者専用ではない。
IMGP1564_サイズ変更
↑このようになっているので、自転車と歩行者のレーンが分かれているのかと思った。
右と左のどちらを走るか迷ったが、なんとなく歩道の上を走った。
しばらくすると前方から車が来た・・・危ない危ない。もし左のほうを走っていたら車と鉢合わせになるところだった。

P1260436_サイズ変更
トンネルの反対側。
一通なだけで車もオートバイも通行可能。
こちらから入ればそうとわかるが、逆からだと紛らわしい。標識の標示の仕方としてはこれで正しいのだろうけど、逆から入るとやはり紛らわしい。

トンネルを抜けてR42に合流してからは、不快なR42の走行となる。

P1260437_サイズ変更
獅子岩が懐かしい。

七里御浜も歩けば気持ちがいいが、R42から眺めても何の感慨もない。

IMGP1572_サイズ変更
道の駅ウミガメ公園はウミガメがたくさんいて楽しいところだ。
ウミガメ以外にも生きものがいるが、イシガメやクサガメの飼育環境はちょっとかわいそう。

鵜殿のあたりは旧道を走り、懐かしくて前回と同じどさん娘で昼食にした。

IMGP1579_サイズ変更
熊野川を渡ると新宮。

市街地を抜け、那智勝浦道路の分岐を過ぎると車がぐんと減る。
これまた懐かしい道の駅なちに13:55に着いた。
那智のあたりは道路が狭くてひときわ不快である。

那智で温泉に入ろうと、ひとまずテン場を探す。前回と同じように道の駅に幕営するのはまっぴらだ。
那智駅=道の駅のすぐ裏手にある浜が最高のテン場なのだが、残念ながらキャンプ禁止。夏場は人が押し寄せるのだろうから、そうなるのも仕方ないか・・・。
R42から県43に入り、那智勝浦公園に幕営できそうなのでテン場に定めた。
温泉は、道の駅以外にどこかないかと探してみたが見つからないので、道の駅で済ませることに。

Acoopで買出しをしてから道の駅へと戻り、17:00まで一時間半ほど湯につかる。
さすがに前回高野山から歩いてきたときほど唸り度指数は高くなかった。
カメラのバッテリーを充電し、靴下等の小物を洗濯させてもらう。

IMGP1582_サイズ変更
これまた懐かしい丹敷の湯

17:30に公園に戻り、ヘッテンをつけて幕営。
フライを固定する石を探すのに苦労した。

P1260441_サイズ変更
幕営ポイント・・・翌朝写真を撮ろうと思っていたのを忘れ、テントを撤収してしまった。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment