FC2ブログ

五島をめざす旅 2019冬 7日目 My favorite place

2019/1/10 木
曇りのち晴れ 朝+8℃
始:8:30 ~ 終:16:50 走行:64km
(高塚山展望台)0830 ~R42~ (船津) ~ 0930(道の駅海山) ~ 1030(尾鷲) ~R311~ (八鬼山トンネル) ~ (九鬼) ~ (早田) ~ (三木里) ~ (古江) ~ (賀田) ~ (甫母) ~(二木島) ~ 1650(新鹿海水浴場)

昨晩は風もなく快適だった。
朝の気温+8℃・・・?曇っていて気温よりずっと寒く感じる。
展望台から下りてR42を行く。

P1260406_サイズ変更
正面の小山の上が高塚山展望台

P1260407_サイズ変更
R42を少し行くと、トイレと東屋のある公園のような場所がある。ここも幕営可能かもしれない。
実はこんな場所があったこと自体は明確に覚えていたのだが、それがどこだったのかおぼろだった。ここにあることがわかっていたら、昨日は迷わずこの場所をめざしていたのかもしれない。
ま、結果的に高塚山展望台で正解だったけど。

船津や相賀のあたりなど、ところどころ歩いた記憶があり、なんだか楽しい気分になってくる。
道の駅海山で小休止して尾鷲へ。

IMGP1537_サイズ変更
前回は尾鷲から馬越峠に登ってここへ下りてきたのだな・・・

尾鷲に10:30に着き、懐かしの"SHUFU NO MISE”(三重のスーパーといえばシュフノミセという印象)で行動食の買い出し。
ついでにすぐ隣にある食堂で少し早い昼食。

IMGP1539_サイズ変更
ビタミン不足なのでこういう食事がありがたい。安くて美味だった

尾鷲の市街を抜けてR311に入ると、車がほとんどいなくなる。
前回は歩いて八鬼山を越えたが、今回は山腹にある八鬼山トンネルを抜ける。

IMGP1542_サイズ変更
正面奥に見えるのが八鬼山

P1260409_サイズ変更 P1260410_サイズ変更
そして八鬼山トンネル

トンネルを抜けて下ったところが九鬼=九鬼水軍発祥の地。静かな入り江でとてもいいところだ。
P1260411_サイズ変更
正面奥が八鬼山。九鬼側から見たところ

九鬼から先は海沿いのアップダウンとトンネルが続く。
前回、自転車旅をしていたナルタ君と出会った三木里の海水浴場で休憩。
ナルタ君と話をしたとき、確か尾鷲からの山越えがきつかったと言ってたけど、ここを走ってきたあとだったのかぁ・・・としみじみ思う。

IMGP1545_サイズ変更 IMGP1546_サイズ変更
写真はともに三木里付近。前回、自分らはここから八鬼山越えへと向かった

尾鷲から大泊まで、R42の通っていない海岸線のエリアはMy favorite place!
明るくひっそりしていてとてもいいところだ。
特に賀田から波田須のあたりにかけては珠玉。

賀田の公衆トイレで水を汲む。
その先にある飛鳥神社の大クスは見事だった。
P1260412_サイズ変更

P1260416_サイズ変更
飛鳥神社付近。いいところだなぁ・・・としみじみ思う。

梶賀から須野にかけて、手持ちのツーリングマップルでは道が途切れているが、今は1,100mと1,300mの長い二本のトンネルで結ばれている。
P1260417_サイズ変更 P1260419_サイズ変更
曽根トンネル(1,100m)と梶賀トンネル(1,300m)

楯ヶ崎の根もとを横切り甫母へと下ると、道が激狭になる。
とてもいいところなのだが、テン場がなかなか得られそうにない。

P1260425_サイズ変更
楯ヶ崎

二木島を迂回し、山を越えると新鹿。
記憶にあった通り、新鹿海水浴場は集落から近すぎて幕営するには微妙な感じ。
すぐ先にテン場に最適な公園があるのだが、残念ながらキャンプ禁止と書かれている。
もういい時間になっていて、これ以上先へ行くのはリスキー。
海水浴場へと戻り、比較的目立たない津波避難タワーのたもとにゲリラ的に幕営した。
ちょっと先にホームレスの方が一人住んでいるようなので大丈夫だろう、と踏んだ。
P1260427_サイズ変更

夜のニュースでは、今日はこの冬一番の寒さと伝えていたので、今朝の+8℃というのはうまく測定できなかったのかもしれない。
日中も寒くて、走っていると手の指先が痛かった。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment