FC2ブログ

塩原渓谷歩道

ここ何年か、11月の勤労感謝の日前後に実家のある大田原へ帰省するのが定番となっている。
そのとき近場の山に登ったり、どこか歩きに行くのも定番となっていて、今年は塩原渓谷歩道と日留賀岳に行ってきました。

まずは塩原渓谷歩道の記録。
11月21日に、お袋をつれてマユミと三人で行ってきました。

IMGP1107_サイズ変更 P1260216_サイズ変更
回顧(みかえり)の吊橋からスタート。駐車場があってトイレもあります。
ここまで実家から車で30分ほど。

P1260218_サイズ変更
回顧の滝。
紅葉はほぼ終わって葉っぱは散っていたが、これらがすべて紅葉していたらさぞやきれいであろうと想像できる(笑)。
もう何十年も見てませんが、塩原の紅葉はすごくきれいです。もみじが多く、黄葉ではなく紅葉が多いのが特徴。
お袋は11月7日ころ友人の車で紅葉を見に来て、日塩もみじラインを流したらしいが、その頃が塩原の紅葉の見ごろだったのかも。

IMGP1123_サイズ変更
落葉樹に交じってモミの巨木の茂っている場所もある。
このモミの巨木もなかなかすごくて、我が村で御柱にされるモミよりはるかに太い。

P1260221_サイズ変更
留春(りゅうしゅん)の滝の下流部では、現在トンネルの先に橋を建造している。
その工事のために一つ上の写真のようなモミの巨木が何本か伐られていた。

P1260222_サイズ変更 P1260224_サイズ変更
留春の滝・・・テーブルとベンチがあって休憩スポットになっている。

IMGP1137_サイズ変更 IMGP1140_サイズ変更
大網温泉の先あたりでばったり会ったカモシカ。きれいな毛並みをしていた。
ニホンジカと違って単独行動、人と会っても駆けて逃げることはなく、木の陰に身を隠してこちらをじーーーっと観察している。

IMGP1145_サイズ変更
箒川ダム

IMGP1150_サイズ変更 P1260232_サイズ変更
(左)コナラの巨木と、(右)布滝

P1260239_サイズ変更
布滝より上流は流れが穏やかになる。

P1260242_サイズ変更 IMGP1152_サイズ変更
(左)不動の湯の先に無料の足湯があった。贅沢にもかけながしです。せっかくなので浸かっていくことに。
(右)は不動の湯。シーズン中なら200円で入れる混浴露天風呂ですが、川原や遊歩道からあまりに丸見えなんで少々落ち着かないかな。

P1260244_サイズ変更 P1260247_サイズ変更
(左)福渡温泉に到着。背後の山の木がすべて紅葉していたのかと思うと、さぞやきれいであったろう。
(右)福渡温泉の対岸にある岩の湯。ここも開いてるときなら200円で入れる混浴露天風呂ですが、やはりあまりに丸見えで少々落ち着かないかな。

福渡温泉から川岸の遊歩道をしばらく歩いて橋を渡り、もうひと登りするとゴールのビジターセンター。
帰りの足のバスについて教えてくれた職員の方がえらく親切な方だった。

「塩原温泉はすっかり廃れちゃったぞ」と親父やお袋から聞いていたけど、思ったほどではなかったような。
確かに昔に比べれば活気がなくなったのかもしれないけど、新しい施設もできてるし観光客もけっこう来ている。今日日この状況なら十分健闘しているといってよいのではなかろうか。

ビジターセンターからすぐのところに七ツ岩吊橋があり、吊り橋を渡ったところにバス停がある。
帰りは車をとめた回顧橋までバスで戻ることが可能。運賃は360円。
ちなみにバス停の前にも無料の足湯があって、時間がある場合は足湯に浸かって時間を潰すことも可能。

歩いて戻る場合は、車道歩きはオススメできない。R400(会津東街道)は狭いワインディングロードで路側帯もなく、おまけに交通量も多いから、こんなところを歩いていたら車にひかれかねない。

本日の歩行時間は、足湯に浸かっていた時間も込みで6時間というところです(回顧橋からビジターセンターまで)。

余談ですが・・・大田原へは車で帰るのですが、いつも迷うのがタイヤ。
夏タイヤで行っちゃうか、スタッドレスに履き替えていくか・・・。
ここ何年かは夏タイヤがツルツルだったこともあり、このタイミングでスタッドレスに履き替えてました。
が、今年はあまりに暖かい。もったいなくてとてもまだスタッドレスという気分にはならない。おまけに夏タイヤはこの春に新調したばかりなんで何の不安もない。
・・・というわけで、今年は夏タイヤのまま帰りました。日光白根山のロープウェイ山頂駅もR120の丸沼高原入口も、事前にライブカメラを見た限り雪は皆無。

行き帰りのルートは基本的にいつも同じで、下道オンリーの最短ルートをとる。その場合、和田峠、鳥居峠、金精峠と大きな峠を三つ越えますが、この時期なら和田峠と鳥居峠はまず問題なし。問題なのは金精峠、それも峠の群馬側。
日光にはまず雪はないが、群馬側の丸沼高原入口より上(冬期は閉鎖される)にはだいたい雪がある。
今年も行きこそ雪は皆無でしたが、帰りは金精峠から丸沼高原入口まで路上にけっこう雪があり、ちょっとビビりました。
実家を出る前にライブカメラで確認して大丈夫と思ったんですがね・・・この時期油断は禁物です。雪のなくなるところまで四駆にして二速でノロノロ下ってきましたよ。

ちなみに金精峠ですが(トンネルがある)、その前後で景色がガラッと変わるのが興味深い。
明るく開けた日光側と、狭くて暗い片品側という構図です。天気も日光側は晴れているが、片品側はどんより曇っていることが多い。
毎度群馬側は気が滅入ってくるような感じがあります・・・。

自宅から実家まで距離にして340kmくらい。車で8~9時間ほどかかる。
もう少し暖かい時季に、いつかこのルートを自転車で走ってみたいと思ってます。
自転車だと三日か四日かかりますね。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment