FC2ブログ

小川路峠と金森山 二日目

日付: 2018/10/21(日) 晴れ
行程: (テン場)0600 ~ 0700(金森山)0710 ~ 0805(テン場)0920 ~ 1130(十一番観音=自転車デポ地点)1210 ~ 1235(ゲート) ~ 1250(卯月山登山口)1330 ~ 1400(パンク@県83交差点先)1500 ~ 1740(自宅)
走行: 38.5km

朝になっても風が強い。

P1260148_サイズ変更
遠山谷は雲海の下。

テントを張りっぱなしにして空身で金森山を往復する。

P1260149_サイズ変更
こちらは展望地から、朝の伊那谷と中央アルプス。
伊那谷には雲がなかった。

IMGP0818_サイズ変更
朝の散歩。気分爽快。
遠山谷のほうへ目をやれば(写真の左側が遠山谷)、樹間に南アルプス深南部の山々が見える。

P1260154_サイズ変更
行く手に金森山が見えてくる。

小川路峠から金森山まで、薄っすらと道があるようなないような・・・一部に明確に道と思しきものが認められるが、大方の部分で消えている。代わりに鹿道が錯綜しているが(笑)、特にわかりにくいところもないので、方位さえ確認していれば迷うことはないと思う。

P1260163_サイズ変更 P1260158_サイズ変更
金森山山頂。三角点以外なにもない。

P1260161_サイズ変更 P1260159_サイズ変更
山頂から、さらに南へと続く伊那山脈=黒石岳、戸倉山方面・・・尾根はきれいにつながっており問題なく歩けそう。
どこから入るか・・・問題はアプローチ。どこから入るにしても、戸倉山まで自転車だと二泊は必要そう。
次回はぜひとも上村から小川路峠に上がってみたい。

P1260164_サイズ変更
小川路峠へ戻る稜線上。左が伊那谷方面、右が遠山谷方面。
稜線を境に伊那谷側はブナやミズナラの広葉樹林、遠山谷側はカラマツ林とくっきり分かれているのがおもしろい。
ここらは遠山谷のほうで植林が盛んだったらしい。

テントまで戻り、そのまま北側の展望地まで行ってみた。

IMGP0825_サイズ変更
すっかり晴れて風もなくなった。なかなかすばらしい眺め。
南アルプスは薄っすら雪化粧。
・・・それにしても山深い。
上村から大鹿へは山ひだの中を抜けねばならない。つくづくたいへんなところだなと思う。

IMGP0823_サイズ変更
しらびそ高原(1,918m)
拡大するとハイランドしらびそが見えるのだが・・・この写真ではわからないですね。

テントの中でコーヒーを飲んでから撤収。
曽山を目指す。

昨日探索した地点より南(小川路峠側)には分岐の尾根がないことはわかっていたので、ひとまずそこまで古道を下る。
二十九番観音の少し上にあるその地点まで下り、そこから北の稜線上についてもしばらく探索済みだったので、分岐はもう少し下だろうとそのまましばらく古道を下ってしまった・・・これがいけなかった。
いい加減ここらだろうと思い稜線上に上がってみたが、相変らずよくわからない。もう少し下かと古道に戻り、再び稜線上に上がったときには明らかに下りすぎていた。
うぅぅむ・・・労をいとわずきちんと稜線通しに下るべきだった。

が、時すでに遅し。登り返すのも億劫だったし、登り返したところで目的の尾根を見つけられる確証もなかった。
さらについてないことに、この日はなにやら小川路峠を歩くイベントがあるらしく、これから二十人くらい上がってくると行き会った人たちが教えてくれた。
登り返して分岐の尾根を見つけ、曽山まで往復してくることも時間的にはまだ可能であったが、それだと下山のどこかで団体とかち合いそう。
それも気が進まないので、今回はきっぱり諦めることにした。
不本意だが、曽山~小川路峠間は次の機会に回すことにした。アプローチがたいへんなので、できれば今回片付けてしまいたかったのだが・・・次回の宿題になってしまった。
どうにも顕著な尾根ではなさそうなので、次回は曽山から逆方向に詰めてみようと思う。
 
IMGP0830_サイズ変更
諦めて下っていくと、いくつかのグループに分かれて団体が上がってきた。

何人かと言葉を交わすと、小川路峠を整備されているグループの主催するイベントとのこと。毎年十月の第三日曜に行われているらしい。
今年で二十四回目ということなので、ずいぶん長いこと行われているイベントだ。
上久堅と上村の両側から小川路峠に登り、峠で交流するというのがイベントの趣旨らしい。
なんでも上村の人たちが肉とBBQセットをかついで登ってくるらしく、峠でジンギスカンが食べられるのだとか。
(遠山郷には肉のスズキヤなど肉屋(加工業者)がいくつかあり、猪肉や鹿肉など山肉も多く扱っている。遠山ジンギスというのはこのあたりではけっこう有名。)

IMGP0831_サイズ変更
ミズナラのドングリがたくさん落ちていたので、持ち帰って後日庭や隣の藪にばらまいた。

ひょっとしてパンクしてるかも・・・と少々心配だったのだが、デポした自転車のところに戻ってみると、どうにか無事でホッと胸をなでおろした。
パッキングして、スペシャのほうは念のためさらにエアを抜いてゲートまで下る。

P1260188_サイズ変更
行きより荷物も減っているので、気持ちの上でも少々余裕がある。が、念には念を入れてノロノロ下る。
自転車さえ万全ならかなり気持ちのいい道だ。

P1260192_サイズ変更
ゲートまで戻ると、イベントの受付が設置してあった。
デポ地点からゲートまで2.5km。

ゲートのところで千代へと抜けられる林道が分岐している。
この林道を少し行くと、卯月山に登ることができる。
卯月山というのは伊那山脈の前衛峰で、標高1,102m。特に何ということもない里山だが、こんな時でもないとまず登ることもないので、せっかくだからこの機会に登っておくことにした。

P1260194_サイズ変更 P1260198_サイズ変更
ゲートから1kmほど行くと卯月山の登山口。そして山頂までは登山口から僅か5分(笑)。
山頂からは上久堅の集落と、その背後に飯田の街がよく見える。

卯月山を後にして帰路につく。
途中、上久堅でパンクしたのは前回の記事の通り

そこからの30kmはヒヤヒヤだった・・・後輪のエアを極限まで抜いてブヨブヨの状態にし、騙し騙し自宅まで帰ってきた。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment