FC2ブログ

自転車で馬原山

「ばばらやま」と読む。
松川町最奥の峠地区にある標高1,044mの里山で、小渋湖のすぐ南に位置している。
自転車で、と書きましたが、1,000m近くのところまで車で入れてしまうので、もし車でアプローチしたとなれば、僅か10分歩けば山頂です(笑)。

日付: 2018/8/26(日) 快晴!
行程: (自宅)0830 ~ 部奈 ~ 峠 ~ 0950(観陽丘) ~ 1015(馬原山展望公園)1030 ~ 1040(馬原山頂) ~ 峠 ~ 部奈 ~ 1210(自宅)
走行: 26km

自宅を出て部奈経由で峠へ。
数ヶ月ぶりに来たので知らなかったが、松川大鹿線(県22)は現在上部が全面通行止となっており、大鹿へは抜けられない。
P1250650_サイズ変更
10/9まで通行止らしいので、利用する方は要注意。
通行止標示のすぐ上で県道を逸れるので、今回のルートは問題なし。

P1250651_サイズ変更 P1250652_サイズ変更
県道を逸れてこちらの道に入る。

ひとまず「観陽丘」というのを目指します。
この先二箇所ほど曲がるところがありますが、「観陽丘」と標示されているので矢印に従う。

県道の分岐から30分ほど上れば観陽丘に到着。
途中人に会うことはほとんどないでしょう。

P1250654_サイズ変更 P1250655_サイズ変更
ベンチとテーブルがあり、水道もあります。道をさらに少し行けばトイレもあります。
こんなポイントに幕営するシチュエーションはまずないでしょうが、いいテン場です(笑)。

P1250657_サイズ変更
観陽丘からの眺め。伊那谷と中央アルプスが遠望できます。
夕暮れ時は確かにきれいでしょうね(信州サンセットポイント100選であるらしい)。

それにしても・・・峠集落はいいところだ。
今となっては住む人も減り、空き家も目につきますが。
P1250673_サイズ変更
世の喧騒から完全に離れ、時がとまっているかのように感じる。

観陽丘からさらにしばらく上ったところに分岐がある。
P1250662_サイズ変更 P1250663_サイズ変更
ちょっとわかりにくいですが、よく見るとモルタルで固められた法面に「馬原山展望公園入口」と標示されている。

分岐を入るとすぐ獣避けのゲートがあり、
P1250671_サイズ変更

ゲートの先をしばらく下ると公園がある。
P1250665_サイズ変更
ここもいいテン場です(笑)。
水道は止められており、トイレも今となっては使えませんけど。

展望公園とありますが、特に展望はありません。
できた当時はここから飯田方面が望めたのかもしれませんね。
昭和四十年頃、小渋ダムと遊歩道でつないで公園をつくったらしいですが、そっちの道は今は廃道となってます。今回は行きませんでしたが、そのうち付近を踏査してみたいと思います。

公園から10分歩くと山頂。いい道がついてます。
P1250667_サイズ変更
山頂は赤松林となっており、展望はなし。樹間に僅かに小渋湖が望める程度。
赤松の樹齢から察するに、公園ができた当初は展望がよかったんでしょうね。

P1250669_サイズ変更
東の樹間に大鹿の黒河牧場?が望めた。
牧場の上部は馬原山頂より1,000m以上高い。

P1250680_サイズ変更
峠集落から望む塩見。
雪がないとなんだかよくわからないですね。

身近なところにもまだまだ知らない場所がたくさんあって、興味が尽きない。

帰りは来た道を戻った。
この日も気温が上がり、下るに従って暑くなってきたけど、帰りは自宅までほとんどこがずに帰れるのがこのあたりのいいところ。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment