FC2ブログ

スペシャとジャイアントのブレーキシュー交換

前回の続きで、今回は実際の作業。

このタイプのブレーキシューの交換はすこぶる簡単だ。
ブレーキワイヤを開放して、六角レンチでブレーキシューを交換するだけ。
アームには、2個のスペーサー(凹形状)と2個のコーンワッシャー(凸形状)、1枚の平ワッシャーを介してナットで固定する。
スペーサーの凹形状とコーンワッシャーの凸形状を組み合わせることでうまい具合に固定できるようになっているので、これらを向かい合わせに使うよう向きに注意。
2個のスペーサーは厚みが違うが、通常は厚いほうをブレーキシューとアームの間に入れればよい。

P1240616_サイズ変更
固定する際は、このようにブレーキシューをリムに押し付けてナットを締めればうまく固定できる。

P1240614_サイズ変更 P1240615_サイズ変更
レバーの遊びはワイヤの張り加減で調整する。
いじれる場所は二箇所あり、大きく動かすときはアームにワイヤを固定する際の引き代を変え、微調整はレバー側のアジャスターで行うのだが、オススメは次のやりかた。
レバー側のアジャスターを目いっぱい締めこんでおき(ワイヤが緩む=レバーの遊びが大きくなる方向)、この状態でアーム側のワイヤの引き代を調整してレバーの遊びを調整する。
乗っているうちにレバーの遊びを小さくする方向に調整することになってくるが、こうしておけばアジャスターの調整代に余裕があるので、後々アジャスターだけで簡単にレバーの遊びを調整できる。

もし、リムに対してセンターが出ていなければ(リムと左右のブレーキシュー間のスペースに差があれば)、左右のアームにある調整ボルトで調整する。
P1240617_サイズ変更
ブレーキシューを固定するナットの下にあるプラスのネジが調整ボルト。
左右ともボルトを締め込むとシューがリムから離れ、緩めるとシューがリムに近づく。
左右のアームをそれぞれ調整して、左右のブレーキシューのセンターにリムが来るように調整する。

ときに、今回ブレーキシューを組み付ける際に、ジャイアントのリアブレーキだけ2個のスペーサーのうちの薄いほうをブレーキシューとアームの間にもってこないとうまくいかなかった(厚いほうだとリムとシューの間にスペースがとれず、シューとリムが接触してしまう)。
というか、忘れていたけど前回交換したときそのようにしてあった。試しに今回逆に入れてみたけどやはりダメで、元のとおりに戻した。
アームがそういう仕様なのだと思う。

P1240570_サイズ変更
ジャイアントのリアブレーキ(ブレーキシュー交換前の写真)
たぶんシマノだと思うが、ペイントが消えてしまってわからない。ほぼ最初期の頃のVブレーキではないかと思う。

余談ですが・・・
P1240612_サイズ変更
このタイプの、いわゆるカンチブレーキのブレーキシューの組み付けはとても難しい(写真はドーズのフロントブレーキ)。
六角レンチ一本で組み付けることができず、後ろのナットをメガネかスパナで締めないといけないので、固定する際にどうしてもブレーキシューが合わせた位置から動いてしまう。

今日日このタイプは種類が少なく入手もしにくいので、いずれドーズのブレーキはキャノンデールと同じように、Vと同じブレーキシューを使うテクトロのカンチブレーキに交換しようと思っている。
いや、シクロクロスが今ごろブームになりつつあるから(?)、ひょっとしたらまた流れが変わるかも・・・。
ま、だとしても今どきディスクブレーキだろうから、カンチのブームってことはないか。まったく止まらないしね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

There are no comments yet.

さくら  

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2017/12/29 (Fri) 18:07

nakappie  

Re: No title

さくらさん、はじめまして。
リンクの件、了解しました。宜しくお願いいたします。

2017/12/30 (Sat) 18:01

Leave a comment