FC2ブログ

アディスアベバ その1

2010/4/27 火
思いもせず怒涛の移動日となった。
昨日色々な人に聞いたら、どうやら北行きの長距離バスは4:30か5:00頃に出るらしいので今日も3:30起き。パッキングして宿の人を叩き起こし4:00過ぎに宿を出る。
バス・パークのゲートは既に開いていた。夕方には1台もなかったのに、たくさんのバスが並んでいる。アディスアベバやアワサに直行するバスはないらしく、途中のディラ行きのバスを見つけて乗り込む。ディラまで一人47B、荷物代として一人10B取られた。エチオピアのバスは足元がとにかく狭くて窮屈だ。
5:30にバスが動き出すが、ゲートのところで足止め。一度ゲートから出たと思ったらもう一度バックしたり、何をやっているのかまったく不明。6:00頃ようやく出発となった。
天気が悪く途中雨が降ったりやんだり。道は悪くないが山道でアップダウンが多く直線部分も少ないので時間がかかる。どうも涼しいと思ったら、標高2,500mくらいのところを走っていたり・・・。エチオピアは雨が多いのだろうか、鬱蒼としていて緑が濃い。
10:30近くにディラに到着。今日は特に行き先を定めておらず、行けるところまで行くつもり。バス・パークに着くとたくさんのバスがいて、北方向はアワサ行きとシャシャマネ行きがあった。シャシャマネの方が北なので、そのままシャシャマネ行きのバスに乗り換える。シャシャマネまで一人25B。(降りるとき荷物代として二人で10B払った。)
バスはすぐ満席となり、11:00に出発。やはり山がちな道を行く。今回のバスはちょっとだけ(ホントにちょっとだけ)足元が広く、何とか足が組めたので幾分楽だった。途中の村にはパイナップルを売る子供たちがたくさんいた。小振りだがおいしそうで、しかも安いのだが、荷物になるので買えなかった。
14:00過ぎにシャシャマネに着く。今日はここまでかと思ってたのだが、外に出たらアディスアベバ行きのバスがあったのでそのまま乗り継ぐことに。半ばヤケクソ。アディスアベバまで一人57B、荷物代として二人で10B。客集めに少々時間がかかりそうだったのでバス・パークで追加の食料を調達。
15:00過ぎに満席となって出発。このバスは足元が異様に狭い上にシートが微妙に高過ぎて座っているのがとても辛かった。シャシャマネから先、道路は広くて直線部分も多く距離を稼げる。アディスアベバまでは240kmちょっとで、意外と早く着くかもと思っていたのだが、アディスアベバに近づくに従い車も増えて結局到着したのは20:00過ぎ。
首都のアディスアベバはさすがに大都会!すっかり暗くなってしまい、ここはどこ?という感じ。到着したバスのトランクから勝手に人のザックを降ろして金を請求してくる輩がいたが、「どうして払う必要がある?」と反論していると今度は「何だ金がないのか。だったらこれを持って行け」と金をくれようとする。うぅぅむ、不思議な人たちだ、エチオピア人は。根っから親切な人たちであることは間違いない。
道行く人に安宿のあるピアッサの場所を聞くと、もう少し行った乗り合いタクシー乗り場からタクシーで行けるというのでそうすることに。ハイエースの乗り合いタクシーでピアッサまで二人で4B。タクシーを降りて人に聞きながらどうにか目指すタイトゥー・ホテルに辿り着いた。タイトゥー・ホテルは1898年にメネリクⅡ世の妻タイトゥー皇后が建てたエチオピア初の西欧風ホテルという由緒正しきホテルで、たいそうな門構えのためちょっとビビッた。本館の入口は回転ドアなのだが、レセプションは本館を抜けたちょっとはずれたところにあり、本館とは別にシャワー、トイレ共同の安い部屋があった。それでも一泊108B!

27apr2010 シャシャマネ行きのバス

2010/4/28 水
アジスアベバは標高が2,400~2,500mもあり、暑くなくて過ごしやすい。今日は完全なレスト・デイ。たまった日記を書いて宿でのんびり過ごした。タイトゥー・ホテルは静かでなかなか居心地がよい。

余談20 美人大国エチオピア!
エチオピアはアフリカ随一の美人大国と言われるが間違いない。どこに行っても美男美女が溢れている。どうして周りの国とこうも顔立ちが違うのかホントに不思議だ。
インド人と共通するのだが、まずスタイルがいい。細身で顔が小さく手足が長い。目がクリッとしていて鼻筋の通ったスッキリした顔立ちの人が多く、8頭身以上の人などごまんといるから、モデル事務所の人はエチオピアでスカウトするのもありだと思う。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment